イギリス / UK '13

2018年2月14日 (水)

春が待ち遠しい

Dsc_7000

アオガラ / Blue Tit




まだまだ寒いですね。

いろんな意味で春が待ち遠しい。暗い冬なんぞまっぴらごめんだ。

巷ではセツブンソウとかの便りも聞かれたり、確実に春の足音を感じます。早く春来い~。




春といえば、印象的だったのが、5年前のこの時期に訪れたイギリス。


5日間ほどの滞在期間中、毎朝ケンジントンガーデンズを歩いて鳥を探していました。

鳥との距離の近さ、在来・外来の区別の曖昧さなどいろいろ感じましたが、一番良かったのはロンドンの朝もやのなかいっせいに囀りだす野鳥たち。



ヨーロッパコマドリ、クロウタドリ、ヤドリギツグミ、ウタツグミ、アオガラ、シジュウカラ、ズアオアトリ、ゴシキヒワ、アオカワラヒワ、ヨーロッパカヤクグリ、モリバト・・・




日本とは比べ物にならないほど、鳥のさえずりというのが音楽的かつ身近で、まさに空気と一緒に包まれるようだった。



当時チフチャフを狙って広い園内のブッシュを見て回ったが、結局見つからなかった。たいていはこのアオガラが紛らわしい動きをしてた。でも、なかなかきれいな鳥で魅力的だと思う。コンパクトな体形ですばしっこい鳥は大抵いい鳥。




Dsc_6974

ヨーロッパコマドリ / European Robin



この鳥は植え込みのある庭があれば必ずと言っていいほどいて、コマドリよりもずいぶん控えめな声で囀っていた。


ピーターラビットの絵ではスコップの柄に止まってますが、ほんとにあんな感じ。


日本でいうジョウビタキの♀のようなニッチかもしれない。





なんだか久しぶりにヨーロッパとか落ち着いた雰囲気の場所も行ってみたいかもしれない。熱帯のように刺激的な国もいいが、しっとりとしたところもいいものである。




ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2018 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    FZ30 (~2009.8), FZ50 (2009.9.~2011.5.), S5100, D7000 (2011.6.~), D500 (2016.6.~)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm (2011.6.~), NIKON Micro Nikkor 55mm (2011.12.~), SIGMA 17-70mm (2015.7.~), NIKON 200-500mm (2017.6.~)
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ