コスタリカ / Costa Rica '17

2020年8月30日 (日)

NEOTROPICA #11

Dsc_9871
シロヘラコウモリ (Honduran White Bat / Ectophylla alba)



ここはコスタリカ・カリブ海側低地熱帯雨林。

特に国立公園や保護区でもなさそうだが、道路脇から森へ入っていく。案内役は現地に住むナチュラリスト。

森の生き物すべてが友達というふうに、次から次へと隣人に挨拶していく。自然を敬愛する、気取らない姿勢は見習うべきものがある。


短時間だったが、案内してもらったなかで印象的だったのは、かの有名なシロヘラコウモリ。私が本種を知ったのは高校生物の図録だったか、はたまたもっと幼い頃の図鑑か何かだったか。


ヘリコニアの葉をきれいに折って、集団でねぐらをとる。左上に写っている噛み跡が外からでも比較的目立つので、探しやすいかもしれない。別の場所では昔使われていたと思しき、空のねぐらもあった。とはいいつつも、IUCNのレッドリストでNTなので、多くはないです。私もこのとき以外は見ていません。分布は中米のみで、英名の由来であるホンデュラスのほかにニカラグア、コスタリカ、パナマの低標高~中標高に生息しているようです。


白いもふもふとした姿が非常に印象的ですが、露出している皮膚の色がえらく黄色いですよね。LEDライトを弱く当てているので、その影響はあるかもしれないですが、普通に黄色いです。なんだか不思議だなあとずっと思っていたのですが、英語版のウィキに面白いことが書いていました。



このシロヘラコウモリは果実食で、特にイチジクを食べるようです。フルーツバットといえば、オオコウモリに代表されるような大型種が多いのはイメージとしてわかると思いますが、それもそのはず世界一小さな果実食のコウモリの一つとのことでした。


そのイチジクに含まれるカロテノイドのルテインが皮膚を黄色くしている原因らしいです。遊離型のルテインを体内でエステル型のルテインに変化させて皮膚に沈着しているとのことですが、人間はこのような生合成ができない。

生合成の仕組みが判れば、ルテインを多く含む黄斑の病気である、加齢黄斑変性症の治療のヒントになるのではないか。そういったことも近年言われているようですよ。あまりエビデンスがなさそうなので、ヒットするのは健康食品のサイトばかりですが…。


夜行性のようで、昼間は眠そうでした。すこしお邪魔してそそくさと退散。興奮させてはいけないので、感動の声もひっそりと。マクロレンズの玉ボケが、少し暗くなりかけた熱帯雨林の木漏れ日を思い出せる写真となりました。



他にもコスタリカの愉快なコウモリをどうぞ
↓↓

NEOTROPICA #2


2020年7月23日 (木)

NEOTROPICA #10

Dsc_8805_20200723231301
ジャノメドリ (Sunbittern / Eurypyga helias major)



ここは、コスタリカ・カリブ海側の中標高地。通称、Caribbean foothills。


いろいろと見たい鳥はいたのですが、Sunの付く本種も見たかった。もう一種のほうは、はい、見られませんでした。このシリーズで頻繁に登場するカリブ海側低地熱帯雨林の川で狙っておりました。前回のグリーンバシリスクの川です。



本種が生息していたのは、いわゆる谷川。両側が比較的切り立っている雰囲気で、片方に林道が通っている。広島県の帝釈峡の南米バージョン。


道端にはネイティブなオジギソウが群生し、時折モルフォチョウが舞い、オポッサムの屍体に群がるヒメコンドルの小群。



そんな場所で狙ったのがこのジャノメドリでございます。同所的にズグロトラフサギやアメリカササゴイも見られ、なかなかいい環境。


水辺に目を凝らすと、音もなく忍者のように獲物を探すジャノメドリに出会えました。サイズ感としてはササゴイぐらいですが、スリムで足が長いのでかなりヤバいです。

あのカグーに近縁な鳥なのですが、分布域は中米~南米と広く、3亜種います。






Dsc_8826


飛ぶと、たしかにカグーみが増す!!

その昔、ゴンドワナ大陸だったころにカグーとは共通の祖先だったとかなんとか。見た目も生態も遺伝的も似ているらしいですよ。


この翼を見ていて想うのは、英名にも含まれるように太陽です。見える、見えるぞ太陽神が・・!



・・・・・・・・




3年前の今頃、新婚旅行で見たこの魅惑的な鳥のことを思い出してみました。なかなか最近は鳥を見に行くことができないですが、こういった興奮は鳥見でしか味わうことができない自分も確かに存在しています。

いろんな生き物が好きで、最近は時間の使い方も等しくなってきていますが、やはり鳥見というのは楽しいです。何が楽しいかと言われたら、やはり思い出というか余韻に浸れるという感じですかね。他者とも共有しやすいですし。


ここ数年よくあるこの時期の不調をご多分に漏れず今年も経験しているのですが、ぼちぼち元気出して行こうと思います。しばらく休んで、また頑張ってみます。やられてばかりではいけないのでね。



2020年7月19日 (日)

NEOTROPICA #9

Dsc_1064
グリーンバシリスク (Green Basilisk / Basiliscus plumifrons)


コスタリカ・カリブ海低地熱帯雨林。


時間帯もあって、さほど生き物の気配は濃くはなかったが、快適な船の上で水辺の生き物を探す。

そんななか、岸辺に佇む強烈な見た目のトカゲを発見。


だれもが一度は映像で目にしたことのある、水面を走るトカゲ、バシリスク。


バシリスクの仲間はコスタリカで何種かいて、割と地味な見た目が多い中、このグリーンバシリスクはこんな感じで派手な黄緑。この♂個体はいかにもな感じで、そのスピノサウルス的な見た目がそそられるわけですが、♀は比較的おとなしめ。


驚かしたら走るのかもしれないですが、結局微動だにしないままさようなら。水面を走る姿を見るためには、とある場所に行くほうが確率は高いみたいなので、他の場所ではこんな感じなのかなと。見られただけでもラッキーでした。

イグアナを見る機会は多いですが、グリーンバシリスクはやはり多少の運は必要かなと思いました。滞在中この時だけで、一期一会の出会いとなりました。


今年はスピノサウルスの復元図が水中生活に適応した形のものが発表されてニュースになりましたね。スピノサウルスもこんなに派手な色だったら、すごい迫力あるだろうなあ、と思いました。。




2020年7月 5日 (日)

NEOTROPICA #8

Dsc_8243
クリガシラオオツリスドリ (Chestnut-headed Oropendola / Psarocolius wagleri)



ここはコスタリカ・カリブ海側の中標高地。

鳥屋の間では"Caribbean Foothills"と呼ばれている地域。地図上ではトゥリアルバに入る。コーヒーも美味しい比較的過ごしやすい場所。


雨季に訪れたので、結構湿度を感じたが、乾季だともう少し乾燥しているのかもしれない。とはいえ、その湿度さえも快適に感じるほど楽しかった。

そんな場所にたしか2泊したが、初日の夕方に早速周辺を歩く。



歩きはじめてまもなく、クリガシラオオツリスドリに出会った。

オオツリスドリは何箇所かで見かけたが、本種はここだけでしか観察できなかった。ツリスドリの仲間はその名の通り吊り巣をかけてコロニーになる。奇抜な容姿、奇抜な巣。オオツリスドリは鳴き声も壊れた機械みたいな変わった音を出す。

https://www.youtube.com/watch?v=xoTNR6hO5ow

特に低地熱帯雨林では毎日のようにオオツリスドリのこのお辞儀する際の変わった鳴き声を聞いた。ディスプレイなのだが、なかなか面白い。モンテツーマ・オロペンドラ。一応このエリアにもいました。でもたいてい遠距離だった。



クリガシラオオツリスドリのほうはそこまで特徴的な鳴き声はなかったような気がする。顔も派手さはないが、私はこちらのほうが好み。一期一会だったので、余計に思い入れも深い。



・・・・・・・


ところで最近暑い日が続きますが、鳥見に行きたいなあ。。と思うことがしばしば。アオバズクも見ていないサボり具合なのですが、願わくは海鳥を見たい。まあ、家庭の事情、世間的な事情もあって、行くことはないのですが。

あんまり鳥を見なくても生きていける体質にここ5年ほどでなってはいるのですが、そうは言ってもやはりね。たまには見たいのです。


思えば昔、大学生の頃なんかは6月といえば印旛沼や銚子周辺、はたまた大苫航路のイメージでした。珍しいアジサシやレンカクの時期でもありますね。

それが就職してからはゼフィルスに変わり、湿地の花・虫に変わり、そして今年は日淡に変わっている。

場所的・時間的な制約のなかでいかに楽しく自然探索をするのか、というのが私のライフワークみたいなものなのですが、現在のような状態でも違う場所に目を向けると今まで「灯台下暗し」だったことがいかに多いか。


幼いお子さんがいらっしゃるご家庭で鳥見に行き続ける方もいるのかもしれませんが、私はそこまでツワモノではないようです。虫も狙って見ようと思うとなかなか大変ですが、鳥ほどではない。私は昔からいろいろと興味はあったので、少しずつ図鑑の中だけの憧れを現実に叶えていっている最中なのですが、ある意味それで良かったなと実感してます。鳥だけしか興味がなかったら、たぶん立ち行かなくなってたと思います。

まあそんなわけで、ダンナ・親としての最低限の役割と自分勝手さの間でなんとかワクワクするようなことを見つけ続けようと努力してる、という話でした。

にしても、いい鳥を見たいですね。なんだかんだ言っても鳥屋なんです、私は。


・・・・・・・

2020年5月27日 (水)

NEOTROPICA #7

Dsc_1042
アメリカヘビウ (Anhinga / Anhinga anhinga)


ここはコスタリカ・カリブ海側の低地熱帯雨林を流れる川。

ハナナガサシオコウモリを見た川。鳥で一番目立つのはこのアメリカヘビウ。アンヒンガ。


よくこうやって日光浴したり、川の中を泳いで獲物を獲っていました。環境が整っていれば個体数は比較的多いのかもしれません。

この個体は♀あるいは若鳥です。♂成鳥は翼以外は全体的に黒っぽくなります。♂成鳥は見られませんでした。


ヘビウ属は世界で4種。アジアヘビウ、オーストラリアヘビウ、アフリカヘビウ、そしてこのアメリカヘビウ。アフリカヘビウ以外は見たことありますが、どの種もなかなかおもしろいです。あまり逃げないのも観察している側からすると嬉しいです。

水面から首を出して泳ぐ様子はほんとうにヘビみたいで、不思議な感じです。アフリカヘビウはわかりませんが、だいたいはリバークルーズから見られることが多い鳥かなと思います。初めて見たヘビウはボルネオのアジアヘビウでした。


ワニもいるし、ヘビウもいるし、熱帯雨林の川はどきどきしちゃいますね、まったく。



2020年5月24日 (日)

NEOTROPICA #6

Dsc_1437
Cloudy Snail-Eater / Sibon nebulatus


ここはコスタリカ・カリブ海側の低地熱帯雨林。

夜です。アマガエルモドキ(通称ガラスガエル)を見れたらいいですね、ということでライト片手に歩いてみます。


なんやかんやで色々いますが、雨が降っていないせいか、目的のカエルはおりません。それはまたいつかということに。


ヘビも2種類確認しました。そのうちの1種がこのヘビ。名前の通りカタツムリやナメクジを食べます。樹上性、夜行性。頭部の形状はやはりどことなくイワサキセダカヘビを彷彿とさせますが、別属です。収斂進化というやつでしょうか。


これだから熱帯というやつは・・・。と言いざるをえないのですが、コスタリカの両爬のポケット図鑑に載っているだけでもSnail-eaterの英名がついている種が10種ほどもいます。色彩も様々。本種は中米~南米にかけて分布するようで比較的普通種とのこと。普通種だろうが、希少種だろうが、初めての人間にはどちらも同じですけども。


非常に複雑かつコントラストの効いた体色、樹上生活に適応していることを思わせるしなやかな動き、素晴らしいヘビでした。


ちなみにこの夜探では鳥はいませんでした。虫と両爬。今思えばもっとそのあたりを見たかったなあと思いますが、昼間ずっと歩きっぱなしだからまあ仕方ない。体がいくつあっても足りませぬ。



2020年5月19日 (火)

NEOTROPICA #5

Dsc_2209
Rainbow Ameiva / Holcosus undulatus



ここはコスタリカの太平洋側の低地。熱帯乾燥林と熱帯雨林が混在するエリア。


訪れたのは雨季のため、高温多湿。乾燥林だったとしてもよくわからない。カリブ海側に比べて、植生は若干だが疎な感じはした。

鳥に関して言えば、カリブ海側よりも見やすい条件のときが多い。見られる種類は異なる。似た種類でも実は別種、ということがよくある。欲張ると一回の旅行で、どっちも行くことになると思うが、カリブ海と太平洋、どちらも甲乙つけがたい。種数はカリブ海側のほうが多いかもしれないが、日程に余裕があればどちらも行ってみてください。

爬虫類は多かった。川沿いのレストランには普通にイグアナの仲間がくつろいでいる。



こちらのトカゲは頭胴長13cm。トータルで30cmは超えるので、なかなか大きなトカゲ。キシノウエトカゲくらいなイメージでしょうか。キシノウエトカゲよりかはだいぶいかつく、恐竜風。エレガントな感じですけども。


森の中で鳥を探し、お昼も近くなり、帰ろうかなというところでトレイルの前方に鎮座しておりました。普通にイグアナの幼体だと思っていました。この直後に駐車場を爆走するイグアナを見たもんですから。イグアナだったら、幼体のうちから顔つきが全く違うので、もう間違えません。

そのへんに普通にイグアナやバシリスクの仲間がそれぞれ数種いて、幼体も結構見られる条件だと、意外にも混乱してしまうのです。スキンクやアノールも大量にいますので・・。


ちなみに本種はテユー科(Teiidae)に入る。大体の種は吻が尖っていて、がっちり体型。一言でいうと見ごたえあります。

そういえば結構爪が長かったですが、なかなか素早い動きだったので邪魔にならないのかなと余計なことを考えていました。。



2020年5月16日 (土)

NEOTROPICA #4

Dsc_6798
マラカイトハリトカゲ (Emerald Swift / Sceloporus malachiticus)



ここはタラマンカ山脈、2200m付近。

岩場?と言われると、実はそうでもない。というか、鳥屋の常宿の庭。そう言うとなんだか残念感が拭えませんが、まあそういうこともありますわ。ここでは2泊したのです。確実にケツァールを見るために。

ただ、天気があまりよろしくなかった。

着いた晩は土砂降り、翌日は晴れた。早朝はケツァールにあて、終わったら朝食を食べました。そのあとは晴れてて、ヒメコンドルなどが飛んでていい気持ちでした。結果から言うと、晴れ間はほんの数時間で、そこから翌日チェックアウトまで曇っていた。雨季なので雨は仕方ないのです。


そんな貴重な晴れ間に見られたのが、本種。大きさは15cm前後だが、イグアナみたいな体型なのでボリュームを感じる。

微妙な警戒心を感じたため、見ての通りの写真しか撮れなかったのですが、特徴はよくわかると思います。ペットとして知られておりますが、飼い方は一工夫いるようで、そりゃそうだろうなと生息地を見てきてよくわかりました。

雲霧林に生きていたので、適度な湿気は必要と思いますが、低地のように終日高温多湿というわけではない。カラッと晴れ上がる日もある。そういうときにこの写真のようにバスキングしている。たぶんこの気候に適応すべく鱗の機能も進化している。標高が高い場所というのは、世界のどこでも共通だが、一日のうちでの天候の変化、気温の日較差も大きく、厳しい環境。首都近郊の中央盆地にも生息しているとのことですが、そこでも標高1000m超。




Dsc_6811

こちらはおそらく♀です。


別名Green Spiny Lizardのとおり、トゲトゲ。それは♀でも一緒。

同じ場所で雌雄両方見られたのは幸運でした。この2個体しか見ていないので、生息密度はわかりませんでしたが、探せば結構いそうでした。


それにしてもトカゲは素敵です。似た種類が多すぎて、同定も大変ですが、ぼちぼちと。



2020年5月14日 (木)

NEOTROPICA #3

Dsc_7191
クロキモモシトド (Yellow-thighed Finch / Pselliophorus tibialis)


ここはコスタリカの屋根とも言うべき、タラマンカ山脈。パナマから続く山脈で、固有種が多い世界的にも貴重な場所です。

一番有名な生き物は、そうケツァールことカザリキヌバネドリでしょう。シンボル的存在。

ケツァールは東南アジアのキヌバネドリを想像するとなかなか見るのに難儀しそうではありますが、結構観察のチャンスは多いです。基本的に年中。それはまたおいおい。



ケツァール観察の場所は標高2000m前後の熱帯雲霧林です。高山病にもなりにくく、過ごしやすい気候のため鳥見には最適です。種数を稼ぐには朝夕に林縁を歩いてバードウェーブをつぶさに見ること。


このクロキモモシトドもバードウェーブに時折混じる種です。比較的おとなし目の色合いですが、なんといっても黄色い腿。地面に降りていると違和感ありますが、こうやって枝に止まっているとなかなかカモフラージュできているなと感じます。

雲霧林では地衣類や蘚苔類が多いので、ご覧の通り見事にそれとマッチしているのです。生息する標高は1700m~森林限界とのことで、非繁殖期は1200mまで下るらしいです。この写真を撮影したのはだいたい2200m前後なのでまあいい感じですね。

それはそうと、植物が気になってしまうんですよね。情報量が多い写真だなと。素敵なシダもある・・・。





Dsc_8009
オオアシシトド (Large-footed Finch / Pezopetes capitalis)



さて、少し標高をあげて2650m前後までやってまいりました。

ここは鳥も種類が変わって、かつ少し密度が低い気がします。ここでしか見られなかった鳥もなんだかんだで5種くらいはいました。とくにヒノドハチドリ(過去記事へリンク飛びます)が非常に観察しやすい場所になります。



このオオアシシトドはこれまた地味な鳥ですが、なんというか重量感のある鳥でした。生息する標高は2150m-3350mとのことで、クロキモモシトドよりかは高い場所にいます。1属1種を構成する変わった鳥です。

クロキモモシトドもオオアシシトドもいるところには普通にいる種類です。シトドというので広義の新世界のシトドには入りますが、属レベルで見るとキガシラシトドやミヤマシトドとは異なります。ホオジロというよりはより大柄のマシコ類を彷彿とさせます。


まあ、それは置いといて、植物気になりませんか?

結論から言うとおそらくGunnera talamancanaGunnera insignis ではないかと思います。どちらかというと前者。


Gunnera はオニブキといわれるグループで、見た目からGiant Rhubarbと言われます。ルバーブというのは馴染みが無いと思いますが、どうせそのうちズッキーニみたいに日本でも健康志向の影響でもっと出回ることでしょう。ジャムによくされます。

ルバーブは西洋では一般的なのでこんな通称で呼ばれていますが、オニブキ自体は中南米原産の特に関係のない植物。簡単にいえば凶悪なラワンブキみたいな見た目で、種類も多いようです。



割と固有種が多そうでして、コスタリカでは軽く見た限り上記2種。前者のほうが高標高に生息、より小型、葉の切れ込みが深いなどの特徴がありますが、この写真はあくまでも鳥を撮っていたときのものなので、推測の域を出ません。


こんなことをつらつらと調べていると、低地の森だけではなく、高山帯でもなんだか太古からの生物の進化を感じるのです。



2020年5月12日 (火)

NEOTROPICA #2

Dsc_1085


ここはコスタリカ・カリブ海側の低地。昼下がりの暑い時間帯、涼を求めて熱帯雨林を流れる川を船でゆく。


時折、鳥も見ますが、目当ての種類は乾季のほうが良いのか、気配すらせず。それでもなかなか楽しめましたが。

船頭が一番寄せてくれるのはアメリカワニ。ワニくんはというと基本的に岸辺で寝ていてあまり面白くありませんでしたが、またそのうち記事にします。



時間も真っ昼間だったので全般的にそこまで期待はしていなかったのだが、急に木を指差して何かがいると教えてくれる。


しばらく全く見当がつかなかったが、わかるとあらびっくり。水面に突き出した幹に小さな生き物が止まっています。



Dsc_1110
ハナナガサシオコウモリ (Proboscis Bat / Rhynchonycteris naso)



コウモリのコロニーでした。直訳するとテングコウモリになってしまいますが、日本では標準和名テングコウモリがいるので、この種類の和名は形態そのままのものになってます。


体長6cmと小さめ。日本には分布しないサシオコウモリ科に入るみたいですが、1属1種。尾端が針みたいになっているだけでも特徴的ですが、鼻が長く、さらに淡色の模様まである。特徴的すぎるコウモリなのでした。前腕の鷹斑模様もおしゃれです。



縦一列に並んでいる群れがいっせいに動くと、蛇が動いているように見えて外敵が驚く、とどこかで聞きましたが、真相は不明。



コスタリカはあのチスイコウモリやウオクイコウモリの仲間もいます。大抵の種類は中南米にかけて広く分布しますが、コスタリカは手軽に観察できるチャンスがあるのがいいと思います。哺乳類の楽園でもあるのです。

コウモリといえば、もう1種すごいやつを観察できました。そのうちご紹介させていただきます。




より以前の記事一覧

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

著作権 / お問い合わせ

  • Copyrightⓒ2009-2021 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    FZ30 (2008.12-2009.8), FZ50 (2009.9-2011.5), S5100, D7000 (2011.6-2020.1), D500 (2016.6-), E-M1 MarkⅡ(2020.1-)
  • 【レンズ】
    APO 50‐500mm (2011.6-2020.1), Micro-Nikkor 55mm (2011.12-), Micro-Nikkor 60mm (2014.4-2017.3), TAMRON 90mm MACRO (2018.11-), SIGMA 17-70mm (2015.7-), NIKKOR 200-500mm (2017.6-), M.ZUIKO 12-40mm PRO (2020.1-), M.ZUIKO 40-150mm PRO (2020.1-)