IKIMONO OF THE YEAR

2021年12月31日 (金)

IKIMONO 2021

Sc_8779_00003
ズグロカモメ


Sc_8977_00004
シロチドリ


Sc_9022_00005
ジョウビタキ


Sc_9709
アオシギ


Sc_9696_00006
ルリビタキ


P2120478
ツグミ


P2220713
ユキワリイチゲ


Sc_9840_00007
セツブンソウ


P2261024
セトウチサンショウウオ


Sc_0321
マキバタヒバリ


Sc_0662
コチョウゲンボウ


P3201276
アマナ


Sc_0913
シキチョウ


Sc_1241
シベリアジュリン


Sc_1234
オジロトウネン


Sc_1232
タヒバリ


Sc_1230
亜種不明ハクセキレイ (Motacilla alba dukhunensis ?)


Sc_1229
クサシギ


Sc_1225
ヒクイナ


P3302657
スミレ


P4093025
シハイスミレ


Sc_1278_00001
ツクシスミレ


P4160257
ヤリタナゴ


P4160287
シロヒレタビラ


Dsc_1324_00008
ムベ


P5070441
アブラボテ


P5090802
オヤニラミ


Dsc_1496
オオヨシキリ


Dsc_1498
トウカイコモウセンゴケ


P5301699
ヒメヒカゲ


Dsc_1503
ウラナミジャノメ


Dsc_1456_00005
ハラビロトンボ


Dsc_1497
イシモチソウ


Dsc_1732
ミドリシジミ


Dsc_1734
フタスジサナエ


Dsc_1987
ホンサナエ


Dsc_1981
キマダラルリツバメ


P6183085
イチモンジタナゴ


Dsc_2036_00004
ゴイシシジミ


Dsc_2109_00005
ウラギンヒョウモン


P6203454
クロサナエ


Dsc_2170_00006
モリアオガエル


Dsc_2471_00001
アオバズク


Dsc_2602_00002
モノサシトンボ


Dsc_3211
オジロサナエ


Dsc_3376
ヤブヤンマ


P8290905
ルリモンハナバチ


P9111528
シルビアシジミ


P9111512
オオキトンボ


P9111574
カネヒラ


Dsc_3483
ハチクマ


Dsc_3519_00004
オナガサナエ


Dsc_3824
コノシメトンボ


Dsc_3785_00006
リスアカネ、ナニワトンボ


Dsc_3839_00008
ウメバチソウ


Pa030165
アケボノソウ


Dsc_3978_00002
ハイイロガン


Dsc_4464_00005
ムラサキセンブリ


Dsc_4716_00007
イヌセンブリ


Dsc_5298
ソリハシセイタカシギ


Dsc_5985
ハシビロガモ×オカヨシガモ


今年もお世話になりました。ほとんど更新することができませんでしたが、生きています。

このブログも絶やすわけにはいかないので可能なうちはこの記事も続けます。正直こんなことしている余裕はないのですが。来年はわからん・・


見ての通りフィールドには出てて、地元中心に散歩やドライブついでに生き物撮り続けてます。鳥はなんとか国内ライファ―1つ増えましたし、魚や花も初めて見る種類をいくつか。

誰が何と言おうと、頻度が落ちたとしても生き物は追いかけ続けたい。自分が自分であり続けるために。





2020年12月14日 (月)

IKIMONO 2020

P2140662
Hynobius setouchi, Kansai, JAPAN.




P3021257
Apochima juglansiaria, Kansai, JAPAN.




P3061014
Maikona jezoensis jezoensis, Kansai, JAPAN.




P3111679

Anemone keiskeana, Kansai, JAPAN.




P3211040
Nyssiodes lefuarius, Kansai, JAPAN.




P4033570
Luehdorfia japonica, Kansai, JAPAN.




P4043083
Hepatica nobilis var. japonica f. magna, Hokuriku, JAPAN.




Dsc_1475_00005
Pulsatilla cernua, Kansai, JAPAN.




P4160657
Rana tagoi, Kansai, JAPAN.




P4160955
Hynobius kimurae, Kansai, JAPAN.




P5230602_20201214104701
Tanakia limbata, Chugoku, JAPAN.




P5230893
Acheilognathus tabira tabira, Chugoku, JAPAN.




Dsc_1962_00010
Pseudolysimachion schmidtianum subsp. senanense f. daisenense, Chugoku, JAPAN.




Dsc_2150_00012
Oreorchis patens, Chugoku, JAPAN.




P5281548
Cremastra unguiculata, Chugoku, JAPAN.




Dsc_2549_00018
Coenonympha oedippus arothius, Kansai, JAPAN.




P6062086
Ypthima multistriata niphonica, Kansai, JAPAN.




P6062866
Japonica saepestriata saepestriata, Kansai, JAPAN.




Dsc_2813_00001
Neozephyrus japonicus, Kansai, JAPAN.




P6144228
Rhodeus ocellatus ocellatus, Chugoku, JAPAN.




Dsc_3158
Favonius jezoensis, Kansai, JAPAN.




Dsc_3162
Davidius moiwanus taruii, Kansai, JAPAN.




P6214696
Epipactis thunbergii, Kansai, JAPAN.




P6214914
Nannophya pygmaea, Kansai, JAPAN.




Dsc_3776
Lychnis kiusiana, Chugoku, JAPAN.




Dsc_3526_00005
Geranium yoshinoi, Chugoku, JAPAN.




Dsc_3772
Parnassia foliosa var. nummularia, Chugoku, JAPAN.




Dsc_3648_00009
Lysimachia vulgaris var. davurica, Chugoku, JAPAN.




Dsc_3681_00010
Lythrum salicaria, Chugoku, JAPAN.




Dsc_3770_20201214112501
Nymphaea tetragona, Chugoku, JAPAN.




Dsc_3991
Pelopidas jansonis, Kansai, JAPAN.




Dsc_4530
Sympetrum gracile, Kansai, JAPAN.




Dsc_5108
Sympetrum baccha matutinum, Kansai, JAPAN.




P9051309
Acheilognathus rhombeus, Kansai, JAPAN.




Pa250817
Swertia japonica, Kansai, JAPAN.




Pb031709
Swertia pseudochinensis, Kansai, JAPAN.




Pb082027
Sympetrum croceolum, Kansai, JAPAN.




Pb142347
Candidia sieboldi, Kansai, JAPAN.



本年も大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。



すこし早いですが、もう今年も残り3週間なんで振り返りました。


前回からまた間が空いてしまいましたが、無事生きております。予告通り、鳥以外の生き物で。ここ5,6年は鳥以外の生き物を見に行っている日のほうが多いにも関わらず、ほとんど記事にすることなく眠ったままの写真が多くて。一部、雑誌等で日の目を見たものもありますが。


そんなわけでいい機会ですので、今年から鳥を含めた生き物すべてで記事を作ることにしました。今年は鳥オンリー+鳥以外の生き物の二本立てで。鳥オンリーは今年までとします。鳥オンリーはまた後日。

2009年から12年間・・・。よく鳥を見たものです。この12年だけでも国内で200種弱増えているはずですし、海外合わせると1500種くらいは見ているのかなと思います。楽しい青春時代でしたね。。まあ鳥見始めたのはもっと昔からですけど、阿呆みたいに爆発したのはほんとにこの10年くらいです。それより前は下積み時代でしたので。

諸事情により来年以降どれくらいフィールドに出られるかは未知数で、鳥見に至ってはかなり厳しめなので、年末がしょぼくならないように今年から準備準備。来年以降はあまり期待しないでいただけますと幸いでございます。人生いろんなステージがありますからね。まあそういうことです。海外も閉店していることですし、近場で探索するスタイルを継続です。


という前置きでこのシリーズはスタートです。

2020年は子供が生まれて、COVID-19の影響もあり、またオリンパスのカメラを購入したのもあり、今までに加えて水辺の生き物を探す機会が増えました。そんなわけでサンショウウオや淡水魚など自力でいくつか発見できたものもありました。存在自体はずっと前から知っていても、案内してもらわない限りなかなか出会えない憧れの生き物って多いですよね。まだまだそんな生き物は多いのですが、今年は気になっていた種類を多く見つけることができ、実り多い一年でした。見ていただければわかるように、少し遠出したときもありましたが、基本的にはマイフィールド近辺での観察です。

来年の目標は生き物関係では春夏あたりに少しありますが、健康第一に過ごして生き残ることです。


それではまた次回。




2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

著作権 / お問い合わせ

  • Copyrightⓒ2009-2022 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    FZ30 (2008.12-2009.8), FZ50 (2009.9-2011.5), S5100, D7000 (2011.6-2020.1), D500 (2016.6-), E-M1 MarkⅡ(2020.1-)
  • 【レンズ】
    APO 50‐500mm (2011.6-2020.1), Micro-Nikkor 55mm (2011.12-), Micro-Nikkor 60mm (2014.4-2017.3), TAMRON 90mm MACRO (2018.11-), SIGMA 17-70mm (2015.7-), NIKKOR 200-500mm (2017.6-), M.ZUIKO 12-40mm PRO (2020.1-), M.ZUIKO 40-150mm PRO (2020.1-)