本島・奄美’09夏/Yanbaru,Amami

2009年9月19日 (土)

奄美大島 2009/9/1,2

奄美も最終回です。まずは9/1。


今までルリカケスを撮ってないことに気づき、この日は朝からルリカケス狙い。


Miki いました、ルリカケス。

しかし、写真を撮りにくい。本州でカケスを撮るのが難しいのと同じ。それよりは数も多いし、出てきてくれますが。

枝被りですが、雰囲気は(^-^;



Jimen なんだかねぇ。

まあいいや、撮れたから。



ルリカケスとお別れすると、オオアカゲラに出会いました。Ooaka
♀かな?って思いましたが、幼鳥はどんな感じなんですかね。その辺よくわからないので、保留しておきます(゚ー゚;


Amamishijuu やっとアマミシジュウカラが撮れました。


若干というかけっこう亜種シジュウカラと感じが違います。






この日もダラダラしていたらあっという間に夕方に。





Higurashi ヒグラシが盛んに鳴きはじめると夕方って感じです。


奄美のヒグラシは本土のものと同じ亜種らしいですが、鳴き声は全然違います。


なんというか、もっと響いてる感じなんですよね。




ということで、最後の夜に(=゜ω゜)ノ



Amahana アマミハナサキガエル。


この後、車から出てじっくり撮ろうとしたら逃げられた( ´;ω;`)ブワッ



Amanoko アマミノコギリクワガタ♂の小歯型(おそらく)。


符節が欠けてますね(;´▽`A``





Usagiやった、アマミノクロウサギ!


やっと写真に収めることができました。


毎晩出てくれるのですが、なかなか撮るのは難しいです。


このときは寝ぼけていてライトを当てることなく、勘で「この辺だろう」って感じでシャッターを押したのですが、たまたま入ってました。そのかわりどこにもピントは合ってませんが・・・。

ライトを当てると嫌がって逃げるから撮りにくいのかも。




この日の夜は疲れていてずっと寝ていたので写真はこんなもんです。







で、9/2の朝です´ω`)ノ


昨日の時点でオオトラツグミをまだ見ていなくてかなり焦ってました。そこで、オオトラを真剣に探すことに。一応鳥屋だし。


6時半ぐらいから探すも全然出てきやしない。しょうがないからクロマダラソテツシジミでも。

Shijimi こうやっていろんなものに目移りしてるからダメなんだろなと思いながらも撮っちゃう。






そろそろあきらめかけた7時40分、林道を出ようとしたその時。




いきなり道の片側からちょっと大きめの鳥が飛んできた!

翼下面の翼帯が暗い林道の中で閃いたとき、ヤンバルクイナを見た時とおなじような衝撃をおぼえました!今でもその光景は脳裏に焼き付いてます。


おお、Zoothera  キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



道の反対側の枝に留まるも暗い、暗い。なんとか写ってたのがこれ。
Ootora

なんとかわかります( ・∀・)


トラツグミだろって言われたらどうしようもないですが、夏に奄美で撮ったのならオオトラでいいでしょ。







オオトラは見れたし、天気は悪いしで、お風呂に行くことに。




今晩は雨だから両爬も出るだろうし、明日(最終日)の朝はもう少しマシなオオトラの写真を撮ろうかなと考えていると衝撃の事実が発覚Σ( ゜Д゜)ハッ!


明日の飛行機の席ないじゃんつД`)     (スカイメイトで移動してるのです)


急遽今日帰ることに・・・。



ほんとに最後の最後にオオトラツグミ見れた( ´・ω・`)


奄美の神様ありがとう。また来ます。

奄美大島 2009/8/31

目覚めるとクロマダラソテツシジミがいた。というかシジミはこればかりでした(;ω;)


Sotetsu 朝日を浴びてこれから活動って感じです。







この日は本拠地を離れて、龍郷町あたりを攻めようということに。




最初に着いたのは水田地帯。

Seitaka セイタカシギがいました。


もはや珍鳥ではなくなりましたが、見かけるとうれしいですね。



Kusa クサシギも。



結局クサシギ、イソシギ、タカブシギ、セイタカシギ、ハリオシギ?、ムナグロ、バンぐらいしかいなかったので移動することに。









昼下がりの森の中・・・。

カサカサと音をたてて徘徊するのはリュウキュウアオヘビ。
Aohebi
数は多くて、アオダイショウやシマヘビといった感じ。

お腹の黄色が鮮やかで、顔がかわいらしい蛇です。



Shima こちらはストライプ模様が目立つ個体。


幼蛇の頃には模様が鮮明で、成長するにつれ消えていくとのことですが、ここのは比較的大きなサイズでもストライプが残っている個体が多かったです。




アオヘビ様とにらめっこしていると、大きなキツツキが横に。


Ooakagera オーストンオオアカゲラ♂。


オオアカゲラはナミエ~しか見たことがありませんでしたが、ここのは雰囲気違いますね!


しかも、数が多いです。たまたま数が多い所に来ただけかもしれませんが。


人を恐れないし。じっくり観察できます(・∀・)






今日も暑いなかお昼寝とかしているうちに夕方に・・・。買出し済ませると、夜ヽ(´▽`)/




Douro リュウコノが落ちてた。


路上に出ている虫とか食べてるみたいですね。もしかしてサソリモドキとか食ってるのかな?


轢かれないでね(o・ω・)ノ))



Habu ついにおハブ様が!


いやぁ、迫力ありますね。絶対私より地位が上です。


私はもう少し生きて鳥を見ていたいので、あまり近寄らずに撮らせていただきました。


本島で出会えなかったので、うれしかったです。




Nobi いつもの枝にいつもの子が今日も留まっていました。


伸び伸び。きれいな羽ですね。




Chikai ひゃー、近い。


リュウコノを見てるだけで私は幸せになれるのです。



Yoko アマヤマも今日は近い。図鑑写真が撮れました。






本州では山地で夜に鳥を探そうとしてもなかなか見つかりませんが、南西諸島は普通にいるので素晴らしいですね。東南アジアならもっと種類が多くて楽しいのでしょうけど。




そしてやっと見れました。Ishikawae

イシカワガエル。


本島ではじっくり見ることができませんでしたが、今回はじっくりと。きれいな瞳ですね。








今日は運が良かった( ´・ω・`)


でもオオトラツグミまだ見てない( ´_ゝ`)


奄美大島 2009/8/30

この日は近場を攻めようということで、湯湾岳周辺で活動。

電線には朝日を浴びたズアカアオバトが。

Aobato 近いけど、電線のせいできれいな下尾筒が(´;ω;`)






その後、良さげなトンボポイントを見つけたので、鳥屋一時休業。


Rurimon アマミルリモントンボ。渓流みたいな所にいました。リュウキュウハグロトンボにいじめられてて、かわいそうだから撮ってあげた。

水色がきれいですね。





Koshibuto 池にはコシブトトンボも。憧れのトンボは意外と小ぶりでした。

しかしまぁ、色が出てないですね。へたくそ写真。



Aobitai アオビタイトンボ。

最初シオカラトンボかな?って思いましたがアオビタイ。なかなか面白い配色です。




Taiwan タイワンウチワヤンマ。

最近本州でも普通に見られるようなので珍しくなさそうですが、私は初めて見ました。


ウチワヤンマよりも小さいです。



この他にもハネビロトンボ、リュウキュウベニイトトンボ、オキナワチョウトンボ、ベニトンボ、オオシオカラトンボなどもいました。オオギンヤンマっぽいのもいましたが、私にはよくわからず(;´д`)トホホ…






この後は買い出しに行ったり、だらけているうちに夜になってしまった。しかし、南西諸島は昼過ぎると暑くてダメですね。




ってことで夜(◎´∀`)ノ


Amayama 今日もアマミヤマシギ。何度撮っても飽きない、かわいい鳥。裸出部がきれいだ・・・。



Ryuukono リュウキュウコノハズクも近い。でもすごい形相で怒られちゃいましたι(´Д`υ)アセアセ


ごめんなさい、もう撮りません。







昼間行ったトンボポイント周辺をナイトハイクしてみることに。



Kiobiashibutokuchiba 樹液のにおいがプンプンする所にはキオビアシブトクチバ。


適当に撮りすぎですね。証拠写真。




Himeama ヒメアマガエルもいました。じむぐりじむぐり。


もうちょっと真剣に撮れば良かったと思いますが、ここは蚊がとんでもなかったんですよ。

献血する気さらさら無す(´,_ゝ`)



Abura リュウキュウアブラゼミ(たぶん)が羽化してました。



Otton オットンガエルもいらっしゃった。


この後、ミサイルと化して誰かの股間に直撃しました。


跳躍力が強い強い。




Satsuma サツマゴキブリ。

ゴキブリ屋さんには人気があるそうです。

動きとろいし、形が面白いのでゴキブリであることを忘れがちですが、ひっくり返すととんでもない顔してた(ノ∀`)



Tokage バーバートカゲ(たぶん)。オオシマトカゲかもね。識別点知りません(^-^;


なんかアマミサソリモドキが乱入してます。



Yurui 絶対ビックリしてないだろ( ̄ω ̄;)


なんだこのゆるキャラ(笑)


アマミヤマシギ的キーウィの出現にびっくりしてるのか、川の中に突っ立ってるおっさんにびっくりしてるのかどちらですかね?



奄美に行ったらこの看板見つけてみてください。

2009年9月17日 (木)

奄美大島 2009/8/29

8月29日の朝に那覇を発ち、昼過ぎに奄美に到着!

とりあえず島の南西側を目指して車を走らす。途中でワイルドライフセンターに寄ったりしているうちに夜に。奄美は森が多くて、生き物も濃そうな感じ( ^ω^ )




P1340850 アマミサソリモドキがいた。

奄美にしかいないと思ってたら、九州にもいるんですね。

捕まえようとするとお尻から酢酸を噴射するので、くさいくさい(;;;´Д`)



P1340870 憧れのアマミヤマシギ!

数は多いってわかっていても、見れるとやっぱりうれしい。




P1340908 オットンガエル。

いぼいぼ。防御姿勢とっちゃっててよろしくない(・A・)


結構数は多いみたいです。


P1340916 亜種リュウキュウアカショウビン。


こうやって寝てる(?)のを間近で見るの夢だったんですよねぇ。


ここは密度が濃いみたい。



P1340931 亜種(リュウキュウ)ズアカアオバト。


夫婦(たぶん)で仲良く寝てました。なんかハトって平和な感じで癒されます。



P1340947 またまたアマミヤマシギ。


アマヤマは飛んでいく後ろ姿がなんかの妖精みたいでかわいいんだな、これが(*´ェ`*)


一生懸命羽ばたいて、重たそうに飛んでゆくのです。



P1340957 奄美産アカマタ。


色飛んでる(;´Д⊂


本島のアカマタに比べると色が濃いので少し鮮やかに見えます。



P1340969 亜種リュウキュウアオバズクもいました。

ボケボケですがなんとかわかります(゚ー゚;


亜種アオバズクとの違いは見出せませんでした・・・。




結局オオトラツグミは見つからず(;´д`)トホホ…




記録


1.リュウキュウキジバト 2.カラスバト 3.ズアカアオバト 4.リュウキュウコノハズク 5.ツバメ 6.リュウキュウツバメ 7.リュウキュウサンショウクイ 8.アマミヒヨドリ 9.リュウキュウアカショウビン 10.イソヒヨドリ 11.アマミヤマシギ 12.アマミシジュウカラ 13.リュウキュウメジロ 14.ルリカケス 15.リュウキュウハシブトガラス


リュウキュウイノシシ、アマミノクロウサギ、アマミトゲネズミ・・・

2009年9月10日 (木)

沖縄本島 2009/8/28

てことで、28日です。本島最後の日。早すぎる(;д;)


この日は朝からヤンバルクイナ狙い。


ポイントまでの林道脇ではじめに1個体!足が鮮赤色なのしか見えなかった・・・。


その後ポイント周辺で何度も姿を見るが撮影はできなかった。一度シャッター半押しまでいったんだけどなぁ(´・ω・`)


感動しすぎたって言い訳しておこ。同行者が撮った写真見てるだけでも満足です( ´_ゝ`)


結局9回姿を見れましたが、ダブルカウントしてるかも。




ヤンバルクイナに別れを告げた後は、ノグチゲラに会いに行く!ってことで林道へ。





P1340458 リュウキュウハグロトンボ。飛んでるのを撮ろうとしたけどやっぱり私には無理でした・・・


でも、ほんとにきれいです。



P1340466 亜種ホントウアカヒゲ♂成鳥。



いっぱいいるって噂に聞いてたけど本当だった。しかし、いい鳥ですね。きれいだし、かわいいし、いっぱいいるし。暗くて写真は撮りにくいですが。




P1340494 リュウキュウルリモントンボとカ。ヒトスジシマカなのかね?


カは無論私に誘引されて勝手に入ったやつです。何気にカの飛びモノは初めて撮ったような気がする(・ω・)


トンボはというと、尾部の先っちょが黄色できれいですね。




P1340506 10時くらいになるとドラミングが聞こえていきて、「キョッ、キョッ」という地鳴きが!


ノグチゲラにも無事会えました(*´Д`*)


にしても写真が酷過ぎる・・・。またいつかリベンジします。






やんばるの山の中で見れる鳥はひとまず見れたので、いったん下界に。


P1340576 ハイビスカスとツマベニチョウ。


もっと撮影技術を磨かねばと再認識しました(;;;´Д`)ゝ


南国の雰囲気はあるけど。



P1340593 リュウキュウヨシゴイ♂。田んぼにいた。近いけど、ピン甘・・・。


♀は見ませんでした。あ、そういえば♀って見た事ありません(゚ー゚;



P1340718 ハリオシギも5羽ぐらいいた。たぶんハリオと思いますが・・・。間違ってたら教えてください。

こいつは尾羽全開はしてくれませんでしたが、外側尾羽が白っぽくて、細いのは確認できました。


南西諸島はハリオ&チュウジが悩ましいってのは有名な話ですが、今回行ってみてよくわかりました。



暑さがパねえ!っていう寝言が車内から聞こえたので、再び山へ。




P1340721 リュウキュウアオヘビは多い。


でも逃げられた(;´Д⊂





そんなこんなで夜に(。・ω・)ノ゙




P1340760 アカマタ。無毒。


一部からバカマタって言われてるけど・・・。


まぁ、数は多いし、掴もうとすると臭いし、噛んできますが、私は両爬屋さんではないのであまりそういう気は。

美しくて素晴らしい蛇だと思いますよ。チョコエッグだかチョコQだかで存在を知って以来憧れでしたから。


P1340773 クロイワトカゲモドキ。

うん、かわいい。想像してたよりもでかかった。




P1340835 ケナガネズミキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


顔が見えてたら図鑑に載せてもいいくらいのが撮れてたのにね(´・ω・`)ショボーン


P1340830 でかい。リスザルみたいだ(*´Д`*)


P1340829 ちゅー。


かわいい。


確かこれもチョコエッグにあったと思いますが、ダブりまくった思い出しかありません(^-^;






記録


1.リュウキュウヨシゴイ 2.ゴイサギ 3.アマサギ 4.ダイサギ 5.コサギ 6.マガモ×バリケン? 7.ヤンバルクイナ 8.クサシギ 9.イソシギ 10.ハリオシギ 11.セイタカシギ 12.カラスバト 13.リュウキュウキジバト 14.リュウキュウコノハズク 15.リュウキュウアオバズク 16.カワセミ 17.リュウキュウアカショウビン 18.リュウキュウコゲラ 19.ノグチゲラ 20.ツバメ 21.リュウキュウツバメ 22.リュウキュウサンショウクイ 23.タイワンシロガシラ 24.リュウキュウヒヨドリ 25.ホントウアカヒゲ 26.イソヒヨドリ 27.リュウキュウウグイス 28.セッカ 29.リュウキュウサンコウチョウ 30.リュウキュウキビタキ 31.アマミヤマガラ 32.オキナワシジュウカラ 33.リュウキュウメジロ 34.シマキンパラ 35.スズメ 36.リュウキュウハシブトガラス



ヘリグロヒメトカゲ、リュウキュウアオヘビ、オキナワシリケンイモリ・・・・

沖縄本島 2009/8/27

8月27日~9月2日まで沖縄本島と奄美大島に行ってきました。まずは本島から。



名護BTに昼過ぎについて、いざやんばるへ!途中の水田や海岸ではエリグロアジサシやシマキンパラなどを見ましたが、いい写真は撮ってませんでした。

ということで夜(◎´∀`)ノ



P1340301 オオトモエ。素敵ガだ(*´д`*)



そういえば、奄美のオオトモエは後翅の銀色の帯が白色になっててきれいだよって、誰かが言ってたけど写真撮ってないや(´・ω・`)ショボーン




P1340321 亜種リュウキュウオオコノハズク!!VUなんです。



残念ながら足指に毛が生えてないことは確認できませんでしたが、まあリュウキュウ~でいいでしょう。



なんかいないかなぁ、って林道歩きながらライトでその辺を照らしていると枝に止まってたのでびっくり。


どっかの神宮のやつとは興奮度が違うね( ^ω^ )





P1340327 ハナサキガエル。ハナサキって名前につくカエルは何種かいるけど、本島はこれだけ。


一番多いカエルですが、いったん跳ぶともう闇の中へ・・・。この辺のカエルはどれもジャンプ力が強いです。





P1340374 こちらは菱形おめめがかわいいナミエガエル。


防御姿勢をとっちゃってます(^-^;





P1340380 ナミエガエルの後ろにはヒメハブ。


ハブに比べてリーチは短いけど、私はチキンなのでこんな写真しか撮れません( ´_ゝ`)






P1340393 ホルストガエル。どでかいのを夢見てましたが、今回はお子ちゃま。



いつか大きいのを見たいものです。






P1340438 フタクロオビクチバ。だと思うんですが、間違ってたらごめんなさいm(_ _)m


なかなかの模様ですね。








記録

1.ダイサギ 2.コサギ 3.クロサギ 4.アオサギ 5.シロハラクイナ 6.バン 7.アオアシシギ 8.クサシギ 9.イソシギ 10.ハリオシギ 11.エリグロアジサシ 12.ドバト 13.リュウキュウキジバト 14.カワセミ 15.リュウキュウコノハズク 16.リュウキュウオオコノハズク 17.リュウキュウアオバズク 18.タイワンシロガシラ 19.イソヒヨドリ 20.リュウキュウヒヨドリ 21.リュウキュウツバメ 22.セッカ 23.シマキンパラ 24.スズメ 25.リュウキュウハシブトガラス



ケナガネズミ、オリイオオコウモリ、ヒメハブ、リュウキュウカジカガエル、ホルストガエル、ナミエガエル、イシカワガエル、ハナサキガエル・・・・

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.―)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm(2011.12.-)、SIGMA 17-70mm(2015.7.―)、Nikon 200-500mm(2017.6.―)
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ