« NEOTROPICA #1 | トップページ | NEOTROPICA #3 »

2020年5月12日 (火)

NEOTROPICA #2

Dsc_1085


ここはコスタリカ・カリブ海側の低地。昼下がりの暑い時間帯、涼を求めて熱帯雨林を流れる川を船でゆく。


時折、鳥も見ますが、目当ての種類は乾季のほうが良いのか、気配すらせず。それでもなかなか楽しめましたが。

船頭が一番寄せてくれるのはアメリカワニ。ワニくんはというと基本的に岸辺で寝ていてあまり面白くありませんでしたが、またそのうち記事にします。



時間も真っ昼間だったので全般的にそこまで期待はしていなかったのだが、急に木を指差して何かがいると教えてくれる。


しばらく全く見当がつかなかったが、わかるとあらびっくり。水面に突き出した幹に小さな生き物が止まっています。



Dsc_1110
ハナナガサシオコウモリ (Proboscis Bat / Rhynchonycteris naso)



コウモリのコロニーでした。直訳するとテングコウモリになってしまいますが、日本では標準和名テングコウモリがいるので、この種類の和名は形態そのままのものになってます。


体長6cmと小さめ。日本には分布しないサシオコウモリ科に入るみたいですが、1属1種。尾端が針みたいになっているだけでも特徴的ですが、鼻が長く、さらに淡色の模様まである。特徴的すぎるコウモリなのでした。前腕の鷹斑模様もおしゃれです。



縦一列に並んでいる群れがいっせいに動くと、蛇が動いているように見えて外敵が驚く、とどこかで聞きましたが、真相は不明。



コスタリカはあのチスイコウモリやウオクイコウモリの仲間もいます。大抵の種類は中南米にかけて広く分布しますが、コスタリカは手軽に観察できるチャンスがあるのがいいと思います。哺乳類の楽園でもあるのです。

コウモリといえば、もう1種すごいやつを観察できました。そのうちご紹介させていただきます。




« NEOTROPICA #1 | トップページ | NEOTROPICA #3 »

コスタリカ / Costa Rica '17」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NEOTROPICA #1 | トップページ | NEOTROPICA #3 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

著作権 / お問い合わせ

  • Copyrightⓒ2009-2020 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    FZ30 (2008.12-2009.8), FZ50 (2009.9-2011.5), S5100, D7000 (2011.6-2020.1), D500 (2016.6-), E-M1 MarkⅡ(2020.1-)
  • 【レンズ】
    APO 50‐500mm (2011.6-2020.1), Micro-Nikkor 55mm (2011.12-), Micro-Nikkor 60mm (2014.4-2017.3), TAMRON 90mm MACRO (2018.11-), SIGMA 17-70mm (2015.7-), NIKKOR 200-500mm (2017.6-), M.ZUIKO 12-40mm PRO (2020.1-), M.ZUIKO 40-150mm PRO (2020.1-)