« キツツキの森 | トップページ | 今年の夏は »

2019年6月15日 (土)

スパンコールをあつめて

Sct

サザナミフウキンチョウ Spangle-cheeked Tanager / Tanagara dowii


たまには海外の鳥でも。

ここ最近は比較的おとなしめにしてます。筋トレしようかなと思い始めました。試しにやるとけっこうきますね。。おっさんになってからのほうがやりがいある気がする。


日常のふとした瞬間にふっと何か思い浮かぶことなど誰しもあると思いますが、私の場合はコスタリカで鳥を見ている記憶であることが多い。

目的地としてはまあよくある場所だと思いますが、実際行ってみるとすごくいい。アメリカ人に好きな探鳥地選んでって言ったらやはりコスタリカは入ってくると思います。


南米への入門と言った意味でもいいかもしれない。新世界の鳥の分類を頭に叩き込む意味で。


フウキンチョウというグループも中南米では特色ある部類だろう。カラフルかつ、地域ごとに生息している種類が異なる点はハチドリに似ているかもしれない。ニッチ的には森林性のホオジロ類みたいな感じだが、一応シトド類もいるので、一言では言えない。サイズ感も加味すると、どちらかというとウソやマシコに近いかも。日本はウソもマシコも種類少ないが、ヒマラヤから台湾ならそこそこいます。



そんなわけで中南米では低地熱帯雨林へ行っても、雲霧林へ行っても何らかのフウキンチョウがKey speciesに入ってくるわけですが、本種はコスタリカ~パナマの高標高地域、すなわち雲霧林に生息します。ケツァールと環境被ります。

フウキンチョウもフィーダーにくる種類が多いですが、本種は訪れた7月においては林縁部で幼鳥を連れた小群にたまに出会う感じ。ですから写真は難しかったです。でも季節によっては出会うことすら難しいみたいなので観察できただけでも嬉しかった。


和名は胸の模様に由来してますが、英名は頬の模様ですね。まさにスパンコールを散りばめたようだ。羽衣としては繁殖後期のせいかmaxではない。勝手に成鳥だとは思ってますが、光線的にもあんまり美しくは写ってないんですよね。ぜひ英名でググってみてください。


いろんなフウキンチョウがおりますが、見てみたい種類は多い。今はSNSで目に毒な写真が無差別攻撃のように垂れ流される時代ですが、そのなかでも唸ったのは、トルコイシフウキンチョウやギンボシフウキンチョウ。憧れしかねえわ・・。羽一枚一枚が手に取るようにわかる色彩って惹かれません?






« キツツキの森 | トップページ | 今年の夏は »

コスタリカ / Costa Rica '17」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キツツキの森 | トップページ | 今年の夏は »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2019 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    FZ30 (~2009.8), FZ50 (2009.9.~2011.5.), S5100, D7000 (2011.6.~), D500 (2016.6.~)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm (2011.6.~), NIKON Micro Nikkor 55mm (2011.12.~), SIGMA 17-70mm (2015.7.~), NIKON 200-500mm (2017.6.~)
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ