« 生存報告がてらトリでも ver. 2018 | トップページ | HAKUBA Aug/11-14/2018 #2 »

2018年9月 9日 (日)

HAKUBA Aug/11-14/2018 #1

雨ですし、なんだかひきこもりな気分なので、今年の山行を記事にしようかと。

今までいくらか高山には登る機会に恵まれましたが、その中でも再訪したいと考えているのは花の名山と呼ばれるところ。

中でも2014年に初めて訪れた白馬岳周辺は個人的にすごく気に入っていて、機会を見て再訪したいと常に感じていました。

そんなこんなで、今年はお盆休みを得ることができたので、久々のアルプス。体がなまっているので、大丈夫かなあと思ってましたが、まだ大丈夫でした!



えっちらおっちら電車で白馬まで。そのあとバスと徒歩で今宵の宿まで。

途中ではサカハチチョウやアサギマダラ、ピドニアの仲間を見つつ。


Dsc_9226

フキユキノシタ

今まで見たことがなかった花。完全に流れの中の岩場に生えていました。

やはり造形美がすばらしい。クロクモソウもまだかろうじて花残ってました。


のんびりタマガワホトトギスやミソガワソウを撮影しながら、山小屋に到着。


Dsc_9241

山小屋というだけでテンション上がるようになったのは、仕事に疲れてる社会人だから?

ご飯も食べて、意外にもゆったり快適に過ごせて、来てよかったと早くも感じていたが、翌日の天気は微妙・・。


でも、就寝前の夜空はきれいだったなあ。天の川も。




Dsc_9274

翌朝はガスっぽかったが、なんとか午前中はもちそう。小屋の隣のマミジロの声を聞きながら、山を仰ぎ見る。

というわけで準備をしてから、雪渓をひたすら登る。




Dsc_9284

振り返るとこんな風景。雪渓というか、氷河ですね。



雪渓が終わると花が多くなる。急な道なので落ち着いて見ることは難しいが、目的の花を探すための準備運動を。



Dsc_9323

ミヤマコゴメグサ

花期はほぼ終わりですが、ひっそりと。

翌日縦走中に、とある山の稜線付近でかなりの群落を見たが、あれははたしてミヤマだったのか。撮影できなかったのが残念。



Dsc_9324

タイツリオウギ

8月上旬なら花ですが、今の時期はすでに豆果。花は他種と似てますが、こうなると一目瞭然。



Dsc_9327

イワオウギ

こちらはまだまだ咲いてました。一番個体数が多い。絵になるわいね。



Dsc_9333

ミヤマトリカブト

さすが、晩夏。一番目立っていた花だったかも。そういえば麓のオオレイジンソウは花はほぼなかった。



Dsc_9343

シロウマアサツキ

こちらも忘れてはいけないが、前回に比べやはり数は少ない。数株見たに過ぎない。

但馬北部の低山地に分布しているという報告があって、私自身も見たことありますが、完全に謎。なんでまたこんな標高に生える植物が。。



Dsc_9352

シロウマオウギ

そこそこ違うのでわかりやすい。イワオウギより可憐なイメージ。前回も確か見てます。

リシリオウギに関しては今回も見ていない。やはり難しいのかも。


Dsc_9357_00001

ミヤマオダマキ

前回と同じ場所で再会。ミヤマオダマキは今年は北海道でも見れました。好きな花。

スゲはアシボソスゲでしょうか。自信はあまりない。



Dsc_9361_00002

ヨツバシオガマ

まだ結構咲いていたので、この時期でも年によっては楽しめるのかなと。いつ来ても楽しそう。


Dsc_9368_00004

キバナノコマノツメ

こちらもギリギリ一輪。今年最後のスミレになりました。葉の鋸歯が荒いので、え?となりましたが、クロクモソウの葉ですね。。キバナノコマノツメの葉も2, 3枚見えます。

クモマスミレは翌日縦走時にどっかの稜線付近で群生みましたが、花は終わり。あとは下山中にミヤマスミレの葉を見たかな。




Dsc_9378_00006

ミヤマクワガタ

今回割と目立っていた。前回はあまり記憶がないが、比較的赤みを感じる株が多くて、地質によるものかと思ったり。北岳のミヤマクワガタは明らかに赤いですけどね。

かなり立派な株で感心してました。



Dsc_9389_00007

ウルップソウ

雪渓周りでまだ数株花を確認。ミヤマキンポウゲやヒメクワガタらしきのも写ってる。

すみません、スゲはわかりません。やはり現地でしっかり手にとって同定する必要ある。




Dsc_9390_00008

ハゴロモグサ

前回もどこかで見ていたが、今回も。場所は忘れたが、花が多くなってきていたエリアだったかな。数株見たような気がしますが、写真はこれだけ。

Lady's Mantleで有名な花。Alchemilla japonica というだけあって国内は1種のみ。




Dsc_9394_00009

ホソバツメクサ

あんまり他の山では見ることがない。今回もこれっきり。新鮮な花はきれいな星型で好きな花。



Dsc_9407_00011

クルマユリ

いやはや、割とお盆でも花残っているのね。年によりそうですが。クルマユリ見ると、アルプスのお花畑来たんだなあと実感します。



Dsc_9419_00012

ミヤマキンポウゲ

と思う。白馬には他に数種珍しい種があるが、今回も見なかった。意識してなかっただけかもしれないが、なぜかラナンキュラスってあまり重点的に見ていない。。

北岳の有名な種はきちんと意識して見つけたんですけどね。




Dsc_9435_00014

タカネセンブリ

かなあと思ってます。花終わってますが。

台地状になっているエリアで。なかなかのんびり時間をさくことができてないが、次回行くときはこのへんのお花畑でゆっくりしてもいいなと思ってる。




Dsc_9446_00015

ハクサンサイコ

けっこう好き。



Dsc_9451_00016

ハナイカリ

あまり今まで見た記憶がなかった。なぜでしょうね。不思議。




とりあえずこのへんでパート1は終わり。次回は目的の花に出会う回。








« 生存報告がてらトリでも ver. 2018 | トップページ | HAKUBA Aug/11-14/2018 #2 »

甲信越/Kohshinetsu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235809/74177721

この記事へのトラックバック一覧です: HAKUBA Aug/11-14/2018 #1:

« 生存報告がてらトリでも ver. 2018 | トップページ | HAKUBA Aug/11-14/2018 #2 »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2018 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    FZ30 (~2009.8), FZ50 (2009.9.~2011.5.), S5100, D7000 (2011.6.~), D500 (2016.6.~)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm (2011.6.~), NIKON Micro Nikkor 55mm (2011.12.~), SIGMA 17-70mm (2015.7.~), NIKON 200-500mm (2017.6.~)
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ