« 2017年8月 | トップページ

2017年10月

2017年10月29日 (日)

タラマンカの宝石

1

Fiery-throated Hummingbird / Panterpe insignis


気づけばもうこんな季節で、冬鳥が身近にいるわけで。

私はというと相変わらずやってます。。這うようなペースですが。


コスタリカの思い出でも。




多くの鳥好きがまず思い浮かべるのはケツァールことカザリキヌバネドリ。文句なしのスターバードで、これを見ずして帰れない。

国鳥かと思いきや、そうでないところも面白い。まあ、生息地も人里からは離れてるのもあるかも。



カザリキヌバネドリが生息するのは、あらゆる幹や枝が苔むすような、ものすごく植物の勢いがあり、なおかつ霧がよく発生する熱帯雲霧林。標高2000m前後。カリブ海からの湿った季節風が山脈にあたって雲となり、雨を降らせます。雨季にはそんな光景もみられました。東側からどんどん湧き上がる雲は日本アルプスの稜線歩きを彷彿とさせました。。

熱帯で探鳥するなら、そういった場所は初心者でも行きやすいので、イメージはつきやすいかもしれないです。台湾なら大雪山、半島マレーシアならフレイザーズヒル、ボルネオならキナバル山みたいな少し高めの山。



そんな場所にはカザリキヌバネドリのほかにも様々な鳥がいます。その中でもやはり魅力的なのはハチドリの仲間でしょう。

常時6種類前後が見られるのもなかなかすごい。


では、コスタリカの高標高に住むハチドリでも最も見たくなるのは、何かというと・・


このヒノドハチドリかなと思います。美しさ、観察難易度的に。


ヒノドハチドリはカザリキヌバネドリのコスタリカでの分布域とほぼ被っていて、有名なタラマンカ山脈だけでなく、北西部の山地にも生息しています。私が観察したのはタラマンカ山脈です。コスタリカ最高峰のムエルテ山もあり、3000mを超える地点もあります。


このヒノドハチドリ、多くの人がケツァール観察のために宿泊するロッジよりも少し標高の高い場所に多く来るというのも少し憎らしい。




特徴的なのは見る角度や興奮度によって変化する構造色。



2

この写真でわずかに「火喉」がわかる程度。もっと赤く見えます。

観察していると、正面から見下ろすような角度がどうやら一番きれいに赤くなるとわかりました。




美しい・・。まさにmagnificentや・・。と思うのですが、magnificentの名を冠しているのは、一つ前の記事に出したアオノドハチドリ。こんな美しい2種が全く同じ場所に出現するのだから、やはりコスタリカはおそろしい。


アオノドハチドリのほうは雌雄で色彩が異なり、雌はそこそこ地味でかっこいい。(気づいたら英名、Rivoli's Hummingbirdに変わってますね・・。今年から。)






ハチドリは他の個体に対してアグレッシブで、ハチのようにぶんぶん飛び回り、とんでもない色彩を見せびらかしながら熱帯の森を飛んでいる。。


というのは間違ったイメージではないですが、それは多くの個体が集まる場所で、こんな感じ↓でまったり休んでいるときもあります。


3


こちらは単独で休んでいるとき。


最初なんの種類かわからなかったが、よくよく考えてみるとヒノドハチドリ以外思い浮かびませんでした。違ってたらむしろ嬉しいですけど(笑)そう、火喉が見れないと意外にも識別に迷いが生じるのです。


これは多くの人が宿泊するロッジの一角で撮影。標高的にはベストよりも低かったですが、ちゃっかりいましたね・・。腹のエメラルド色がこんなにもきれいだったとは。





標高が高い場所にはわんさかいて、少し標高を下げると少なくなって目立たなくなる、そんなハチドリでした。なかなか魅力的。


ケツァールもいいですが、構造色マニアならこちらもお忘れなく。一応コスタリカ・パナマの高山だけの局地的な分布です。





« 2017年8月 | トップページ

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.―)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm(2011.12.-)、SIGMA 17-70mm(2015.7.―)、Nikon 200-500mm(2017.6.―)
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ