« 輝ける晩秋 | トップページ | 2016カレンダー »

2015年12月 3日 (木)

雪をむかえる

早くも師走で、いろいろあった2015年もあと少し。いよいよ雪に閉ざされる季節ですが、直前にも名残惜しくフィールドを巡ってました。


Dsc_6261

マガン Anser albifrons


・・・とマガモとオナガガモ。すばらしい図鑑が刊行されたので、よりいっそうカモが楽しくなりますね。1羽だけ混じってました。またそのうち大量に見に行きたいですね。



Dsc_6289

マガモ Anas platyrhynchos


・・・この辺では一番多い種ですが、こんなふうに見ると綺麗な鳥だと思います。




さて、11月下旬でも小春日和というのはあるもので、うまくタイミングが合いそうだったので、高原のほうへ行ってみた。




Dsc_6415

スジボソヤマキチョウ Gonepteryx aspasia


・・・今年、思い残すことがあったとすればこのチョウだった。のんびり信州なんかで遊んでたころには観やすかったというのに、そんなことはつゆ知らず。気づいた時には時すでに遅し。でも越冬前後の個体はいるだろうと踏んでいたが、予想通り見ることが出来た。来年はフレッシュな個体を思う存分味わいたいと今から妄想中。




Dsc_6434

クロスジフユエダシャク Pachyerannis obliquaria


・・・11月は始めの頃は天気が悪い休日が多かったため、久々に本格的にフィールドに出てきた。林内はフユシャクが群舞しており、昨年この時期に出歩かなかったことが身にしみてわかった。フユシャクもリッチな地域なのかもしれない。




Dsc_6470

ヨメナ?


だろうか。普段意識して見ることは少ないが、この時期は花自体が貴重なので、しげしげと見てしまう。





Dsc_6500

ベニマシコ Uragus sibiricus


・・・その辺の何気ないブッシュにいることが多いが、冬を感じさせるいい鳥ですね。




Dsc_6539

キトンボ Sympetrum croceolum


・・・おお、こんなところに。しかも♀。ということで、1頭だけおんなじ場所にずっといました。




Dsc_6585

セグロイナゴ Shirakiacris shirakii


・・・なんか黒っぽいのがいっぱいいるなと思ったらセグロイナゴ。希少な生き物が多い場所にはやっぱり希少な種が普通にいますね。今年は何回も通ったが、いつ行っても発見がある場所だ。






さて、数日前にシンボル的な存在の山が初冠雪し、みぞれが降った金曜日。翌日のことも考えて、気の早い私はさっさとその日の夜にスタッドレスに替えてしまった。


そんなわけで訪れた1000m級の山地。やはり雪景色だった。






Dsc_6701

フタスジフユシャク Inurois asahinai


・・・ウソの声を遠くに聞きながら、山頂を目指す。登山道からは雪の中フユシャクが飛んでいるのが見える。なんともいえない風景だ。

学生のころ関東にいるときに、サークルの先輩と夜にフユシャクを探しに行ったことがあったが、寒くて寒くて早く帰りたかった思い出が蘇ってきた。

いま、こうやってフユシャクに出会うと、確かに愛好家がいてもおかしくないなと強く思った。それほどに印象的な光景。夜はまた違うのだろうが、なかなかね。。このあたりの地域はあまり調べられていないと思うが、予想以上にフユシャクが多いのではないかと思っている。

Dsc_6765

ウソ Pyrrhula pyrrhula rosacea


・・・アトリの群れは秋に入ってからはよく見かけたが、ウソの群れを見ると冬を実感する。いいもんですな。





さて、山頂に着いて、景色でも眺めているうちに、あーいないかなあ・・なんて思っていると。



Dsc_6789

ハギマシコ Leucosticte arctoa


・・・ほんとに頭上から舞い降りてきた!

狙ってはいたものの、かなりうれしい。1羽だけだったが、まわりの山脈には人知れず渡来しているのかもしれない。

もう1種狙っていたオオマシコは出会えずじまいだったが、個人的にはハギマシコの色合いが渋くて好き。長い翼でダイナミックに飛翔するのも心惹かれますよねえ。。




Dsc_6841

ホンシュウジカ Cervus nippon centralis


・・・もうそろそろ冬支度。まあいろいろあるでしょうけど、私には今のところ強い意志はないので、見守るのみです。





キタノメダカ捕まえに行ったり、ガサガサしたりなんかもしましたが、ぼちぼち積雪も近いことでしょう。元気に越冬したいと思います。




今年最後の更新は恒例のあの記事です。ではでは。





« 輝ける晩秋 | トップページ | 2016カレンダー »

戯言/babble」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235809/62798366

この記事へのトラックバック一覧です: 雪をむかえる:

« 輝ける晩秋 | トップページ | 2016カレンダー »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.―)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm(2011.12.-)、SIGMA 17-70mm(2015.7.―)、Nikon 200-500mm(2017.6.―)
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ