« 一瞬の煌き | トップページ | 秋の光を浴びる »

2015年9月11日 (金)

過ぎ去った夏

台風が猛威を振るっていますが、問題なくお過ごしでしょうか。。


前回から2ヶ月も経ってしまい、いつもながらよろしくないですが、私はおかげさまで元気にやっております。充実した夏もいつの間にやら過ぎ去ってしまい、気分は秋。あれも見たい、これも見たい、とまた忙しい季節到来です。


そんなわけで今年の夏をさらっと振り返ります。マイフィールドはもちろんですが、高山帯への遠征も叶い、昨年に続けて憧れの山へ。




Dsc_2888

Anthropoides virgo


しばらく鳥も休みかなと思ってた頃にやってきた。楽しませてもらいました。思わぬところで初めてお目にかかる鳥でした。近場で見られると嬉しいですね。





Dsc_3177

Aquila chrysaetos japonica


そして昨年はマイフィールドで叶わなかった鳥も。不思議な体験をしました。





Dsc_3593

Eurystomus orientalis calonyx


高校生の頃から知っていた生息地もやっと訪れました。思いかえせば本土では初めてなのかもしれない。東南アジアでは色違いじゃないと見向きもしない鳥だが、日本の環境で繁殖しているのはなんだか新鮮。雛の巣立ち前後でほほえましかった。





Dsc_4011

Otus sunia japonicus


昨年は灰色型は叶わなかったが、今年はこの通り。個人的にはこちらのほうが好きなんですよね。写真じゃあかんですが、原点に帰ってスコープで観察すると感動しましたよ。羽の繊細な模様が手に取るように。。





Dsc_4884

ホシチャバネセセリ / Aeromachus inachus inachus


見ようと思ってもなかなか見られない種。貴重な生息地を教えていただき、何回か行ってみてじっくり見ることができました。いやはや素晴らしい・・。





Dsc_5047

スミナガシ / Dichorragia nesimachus nesiotes


夏らしい天気のなか訪れた奥まった渓谷。猛禽狙いで行ったが、思いがけず今まで縁のなかったチョウに出会えた。吸水しているチョウはいつどこで見ても良いものだ。






・・・8月上旬には憧れの南アルプスに。昨年、白馬山系に行ってしまい、新たな花を見るにはそろそろ南だろうということで。いきなり日本第2の高峰に挑みました。






Dsc_5870

ミヤマハナシノブ / Polemonium caeruleum subsp. yezoense var. nipponicum



メインターゲットはいくつかあったのですが、これも一つ。タカネグンナイフウロに混じって咲く姿に感激しました。両種の色のコントラストが見事だった。葉が印象的でした。図鑑で見ていた時は花ばかりに気を取られていましたが、きれいな羽状複葉をしているなあと。シノブとはよく言ったものだ。





Dsc_7073

ミヤマウイキョウ / Tilingia tachiroei
イワベンケイ / Rhodiola rosea
トウヤクリンドウ / Gentiana algida
タカネツメクサ / Arenaria arctica var. hondoensis




今年は大好きなトウヤクリンドウが咲くのが少し早かったみたいで、早くも秋の気配。バックは北岳(の一部)。






Dsc_7329

日の出直前の仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳。

右端にはほとんど写ってないが八ヶ岳連峰、はるか遠くには何座か登ってきた北アルプスの山々。

右の方にある鳳凰三山から日が上る。富士山もきれいに見えました・・。




私は山の上のこの時間が一番好きです。


山小屋に宿泊していた人々が起きだして、みんなご来光を待つ。いま見えている様々な山から、みんな同じものを待っているんだなと思うとなんだかすごいと思います。



足元の谷からは早起きのイワヒバリやメボソムシクイの鳴き声。そして凛とした張り詰めた空気。入れ替わる月の最後の輝き。徐々に染まっていく遠くの山肌。どれをとっても美しい。


この瞬間を体験すると、また山に登りたくなってしまうな、といつも思うのです。




北岳ではメインターゲットのほかにもいろいろと見つけることができました。ミヤマハナシノブ、タカネビランジ、キンロバイ、タカネマンテマ、キタダケキンポウゲ、ムカゴユキノシタ、ハハコヨモギ、キタダケヨモギなどなど・・・。かの有名なキタダケソウは葉と実だけでしたが(笑)いつか雪を踏みしめながら花の時期に必ず再訪してみたいです。







Dsc_8481_1

カオジロトンボ / Leucorrhinia dubia orientalis



・・そして中旬には白馬山系でのんびり。本格登山はなし。見たい花はありますが、またの機会ですね。残りの夏を惜しむかのように、霧の晴れ間にカオジロトンボがよく飛んでいました。





Dsc_8659

ハッポウタカネセンブリ / Swertia tetrapetala subsp. micrantha var. happoensis



こちらがお目当てなのでした。やはり昨年、近くまで来たんで、いつか見たいと。タカネセンブリは確か雪倉岳で見つけたと思う。

あいにく景色は見えませんでしたが、花は楽しめました。楽に見れすぎて呆然としたり・・(笑)こりゃ、初めに来る山ではないですね。高山植物は苦労して、限られた人だけが見るべきものであってですね、、(以下略)

それでも特異な植物相に感心していました。なによりこの花の存在だけでも十分。小さな宇宙ですね。








夏休みが終わって一段落してまたマイフィールド。






Dsc_9385_2


ゴイシシジミ / Taraka hamada hamada



近くの山に登って、いないかな、いないなと探していると、いかにも不健康そうなチシマザサの群落。予想通りいましたいました。

実はこのチョウもいままで探さなかったせいもあり、まともに見たことなかったので、見つけることができて嬉しかった。






Dsc_0069

サギソウ / Pecteilis radiata


比較的近くにまとまった生息地があると知ったので、初秋ですが行ってみました。

そこはミミカキグサやホザキノミミカキグサも可憐に咲く素敵な環境でした。どうやってこういう環境は形成されるのだろうと、小雨に濡れながらぼんやり考えていました。





Dsc_0273

ヒヌマイトトンボ / Mortonagrion hirosei



こちらもぜひとも見ておきたかったトンボでした。場所を教えていただき、多少苦労しながらもギリギリセーフでした。

長らく存在は知っていて、いつか見たいと思っていた種類。半ば諦めかけのときに、緑色の小さな点々をまとった小さなトンボが目に入った時はそりゃもう。。





Dsc_0402

ツマグロキチョウ / Eurema laeta



偶然、カワラケツメイの群生地を見つけることができ、そこでは多くのツマグロキチョウがちらちらと飛んでいました。多くの地域で数を減らしているチョウですが、なぜこのあたりでは普通に見られるのだろう。ただただ驚嘆するばかり。





Dsc_0757

オオシラヒゲソウ / Parnassia foliosa var. japonica


そろそろこの花の時期だろうということで、行ってきました。昨年は逃したこの花、予想以上に不思議な花でした。

湿地の最後の輝きといった感じでした。この花が終わると紅葉が訪れて、やがて雪に埋まるのだろう。


・・雄しべの伸長の仕方が本当に面白い。また様子を見に行こうか。






すっかり秋の気配です。これからまだまだ花に虫に、山に忙しいです。

あんまり台風来ませんように。


« 一瞬の煌き | トップページ | 秋の光を浴びる »

戯言/babble」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235809/61554220

この記事へのトラックバック一覧です: 過ぎ去った夏:

« 一瞬の煌き | トップページ | 秋の光を浴びる »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.-)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm F4.5-6.3 APO DG OS(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm f/3.5(2011.12.-)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ