« 自分史上最高の解放感 | トップページ | 次へ »

2014年2月25日 (火)

圧倒的白さ

Dsc_3196

Pigeon Guillemot /Cepphus columba


というわけで、こんな鳥。


圧倒的白さですよね。配色とかまさに「ウミバト!」って感じで。

体幹部、翼下面、翼上面、足が全部写ってて、二番手ぐらいの写真はこれしかありませんでした。あんまり鮮明じゃなくてすみません。



ウミバトがこんなによく見られる鳥になったのも、ここ5年ほどで、それまでは望遠鏡で「なんか白いからウミバトかねえ」ぐらいにしか見ることができなかった鳥。


何年か前にチャレンジしたときもありましたが、そのときは運が悪くてお預けを食らってしまったので、今回やっと見ることができたのです。お恥ずかしながら。


今更わたくしめが言っても仕方のない話なんですが、日本で見られているウミバトは2タイプいまして、ひとつは亜種snowi(チシマウミバト)、もうひとつは亜種kaiurkaあるいはcolumbaです。

とはいっても、繁殖地でも両者のタイプが混在しているとかで、ホントにはっきり亜種として野外識別していいの?とか、よくわからないことも多いのが現状。人によっては種に分けている人もいるみたいですが。


で、チシマのほうはこの写真を撮る前日に見ていたのですが、ああ、確かにケイマじゃないね、ぐらいな感じでそこまで目を見張る美しさを持っている鳥ではないです^^;近くで見るとかわいいですけどね。





一方、この俗に言うアリューシャンウミバトあるいはウミバトというのは、この通り、見事に美しい。ウミバトといえばこれですよ、的な。翼上面の白斑ももちろん大きいですが、チシマは腰も黒いのに対して、腰は白いんですよね。マントルは例のしましま模様です。

kaiurkaが、コマンドル諸島で繁殖するやつで、columbaがカムチャツカ半島で繁殖するので、どっちが来ていてもおかしくないのですが、分布域的にはやっぱりカムチャツカのほうが広い。snowiは、和名の通り千島(クリル)列島。色は地味だけど、名前的にはチシマのほうがお洒落な感じ。



一応、コマンドルの個体群が日本で見られるこの白いタイプということでいくつかの文献には載ってるみたいですが、色んな方のお話を聞いてみると、果たしてそうなのかという感想の方が多いですね・・。カムチャツカの個体群が来ていてもなんらおかしくないわけで。



まあ、現時点では亜種はよくわからないので、なんともいえないですが、ウミバトは案外北海道には来ていて、大きく分けて2タイプ。そして夏にもいると(笑)



種の識別としてはハジロウミバトがキーですが、ハジロウミバトの場合はもっと白いことが多いだろうし、決定的な差は翼下面。真っ白なんですよね。あれですね、オオチドリとニシオオチドリの関係と似てますね。翼上面の白斑に黒線が入るかどうかは条件によって違うとかありそうだし。見たこと無いのでよくわかりませんが。




マニアックなのも面白いですが、洋上で見た時の圧倒的なこの白さ。あと、ポテっとした体型、翼の黒と足の鮮赤色がたまりませんね。なかなかいい鳥でした。夏羽もそのうち見てみたいですが、やっぱり冬羽が好きだ・・・。








« 自分史上最高の解放感 | トップページ | 次へ »

戯言/babble」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235809/55137536

この記事へのトラックバック一覧です: 圧倒的白さ:

« 自分史上最高の解放感 | トップページ | 次へ »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.―)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm(2011.12.-)、SIGMA 17-70mm(2015.7.―)、Nikon 200-500mm(2017.6.―)
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ