« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月28日 (月)

天高く花魁舞う秋

Dsc_7392

クジャクチョウ / Inachis io geisha



月に2回ぐらいは更新しときましょうかね、ってことで。すみません。記事にするようなことはいくらかはあるんですが、なかなか時間がなくて。今年の山行記録もまとめたいんですが、ちょっとキツイかなあ・・。


昨日は久々に晴れましたが、おとなしく雑用片付けて、夕方にちょろっと近所の谷戸にぼーっとしに行ったくらい。まだ今季見てないジョウビタキでもいないかなあと思ってましたが、キビタキの地鳴きが聞こえただけ。まだ渡りの時期ですね。クロコノマチョウがひらひらいたぐらいで、虫はだいぶ減ってましたね。


一ヶ月ほど前に撮影したクジャクチョウ。


然るべき場所で然るべきタイミングだったので、きれいな個体が何頭か。久しぶりに見ましたが、吸い込まれそうな美しさはいつ見てもいいものです。


芸者とはよく言ったものですが、これだけの色彩美は芸者というよりは花魁でしょうな、と個人的には思ふ。


タテハの仲間よろしく機敏な飛翔を織り交ぜながら、マツムシソウにさかんに訪花していた。オオチャバネセセリやウラナミシジミ、各種ヒョウモン類を差し置いて秋晴れのなか大きな存在感を感じました。



こういう環境に行くと、いつまでもここにいたいという思いに毎回駆られるが、たまに行くからこそいいのかもしれない。



これから寒くなるにしたがって、まだまだ忙しくなりそうですが、今年は色んな秋見つけることができて幸せでした。学生最後の半年、がんばらないと・・。




2013年10月16日 (水)

ブルーグレー

Dsc_9541

Eurasian Nuthatch / Sitta europaea amurensis



またしばらく更新が止まってしまいましたが、今年度はこんなもんだと思っていただければ嬉しいです。なんだかんだでやるべきことが常にある状態で、心置きなく時間を自由に使う気にならないのです。

体調は良いです。鳥見目的の遠征はすっかりご無沙汰ですが、今年の秋はダメですねこりゃ。こんなに台風来ているようじゃ、日本海側も太平洋側も穏やかでない。でも今年の秋はお陰様で第一級の鳥を早々と見ることができましたので、最悪島嶼は行かなくてもいいかな、なんて。

山地へはちょくちょく行ってたりするので、それなりにやってはいます。普段体を使わない身には山登りが気分転換になるので、その合間に生き物屋やってました。日本は山岳地帯が多いんでね、いいですよ、山は。




わずかですが秋色が入った風景のなかで見るゴジュウカラは普段の数割増しで美しく、思わず足を止めてしまい、なかなか歩を進めることができませんでした。秋の光線下では背中のブルーグレーも眼に鮮やかです。この日は結局ピークを踏むことなく下山しましたが、カラ類の混群に囲まれたり、間近で赤銅色の輝きや母衣打ちなんかもありましたので、やっぱり山はいいなあと。



« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.―)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm(2011.12.-)、SIGMA 17-70mm(2015.7.―)、Nikon 200-500mm(2017.6.―)
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ