« Phalaropes | トップページ | Garnet Pittaとの邂逅 »

2013年5月27日 (月)

野駒

Dsc_4702

ノゴマ (Siberian Rubythroat / Luscinia calliope



忙しいときも暇な時もあり、慌ただしいですが、今年は春の渡りを体感できただけでも幸せでした。

2週目週末の飛島では1日目は雨で、なかなか気分が乗らなかったのですが、個体数は多く、いろいろと探し回りました。


そんななかある藪から、聞いたことあるけどなんだっけなあという囀りが聞こえて来ました。たぶん、ノゴマだろうなと思いながら藪の中を見てみると元気に囀っていました。私に見つかってしまって、何フレーズか歌ったあとは消えてしまいましたが。

恥ずかしながら、ベストシーズンの北海道に行ったことがないので、ノゴマが目立つ場所で囀っている場面に未だ出くわしたことがない。だから囀りをいつも忘れがちなのかもしれない。そのうちいろんな生き物と絡めてのんびりと6月~7月に行きたいものです。



というわけで、私はノゴマというと南西諸島で越冬している個体とか、離島で渡りの時期に見る個体ぐらいしかいまのところ経験がありません。そういうときは割りと潜行性があって、見にくい場合が多い。ただ、ノゴマの場合は越冬期や渡り期でも、ふとしたときに外に出て囀るイメージがあるので、他のロビン系よりは見やすいかもしれない。



ところで、潜行性がある鳥のことを海外ではよく“Skulker”(スカルカー)という。だから、日本人以外の鳥屋さんと鳥の話をするときはこの単語を使うとスムーズでいい。同じ感じで動詞型は“Skulking”です。



最近の私はこのSkulkerを見つけ出すことに命をかけていると言っても過言ではない。東南アジアの熱帯雨林ではかなり植物が茂っていて、こそこそやっている鳥が多い。チメドリ類やヤイロチョウ類などいろいろいるが、そういうSkulkerを見つけ出すことを覚えてしまうと、その見つけ甲斐にやみつきになってしまうのです。たいていは全くでてこず、イライラするんですが、あの手この手で色んな手口を試しているうちに、ひょいっと出てくる瞬間がたまらないのです。まあ、天候や明暗、季節でやり方を変えなければいけないルアーフィッシングやフライフィッシングに似ているかもしれない。


そういうわけで、海外で探し方を鍛えているうちに、日本の離島などでもどうやって探せばいいかというのが少しずつわかってきたような気がします。こういう五感を駆使した探鳥こそが、真の探鳥で、また生き物探しの原点である気が致します。


ただそれに伴い、かつて識別にかなり情熱を傾けていた自分は薄れつつあるのが少し残念かもしれない。識別力はかなり減退してしまった気がする。知識も自然と減ってきているかもしれない。人間というのは変わっていくもんで、終わりというのは見えないですね。


ただ、鳥と駆け引きをしていると、なんだか本当の意味で「生き物」と遊んでいる(こっちの勝手な思いですが)気がして、最近は楽しいです。





*つい先日70000アクセス達成いたしました。読者の皆様ありがとうございます。これからも御笑覧いただけると幸いです。




« Phalaropes | トップページ | Garnet Pittaとの邂逅 »

戯言/babble」カテゴリの記事

コメント

イケメンなノゴマ、いいですね~。(*゚▽゚*) 私も早くイケメン君に会いたいものです。

>そういうSkulkerを見つけ出すことを覚えてしまうと、その見つけ甲斐にやみつきになってしまうのです。
楽しいですよね (((o(*゚▽゚*)o))) ただ、私達は1割とか2割しか見付けだせず、いつもモヤモヤしています…。(/ _ ; )
それでも、やっと見付け出した時の喜びときたら、イライラやモヤモヤを吹き飛ばしますね!

最後になりましたが、70000アクセス達成、おめでとうございます!! 
いろいろお忙しいでしょうが、楽しみにしていま~す。ヽ(´▽`)/

そうなんです、旧オオノゴマタイプのイケメン君だったので嬉しかったです。メスも渋くていいですが、なんといってもオスの喉のルビー色には勝てませんね~。

ずっと続けているときっと1割、2割が4割くらいにはなると思います!僕は残りの6割は楽しみのためにとっておく分かなと最近は思っています。自然相手の趣味ですからね~。


これから忙しさのピークを迎えますが、ちょくちょく更新できたらと思いますので、よろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235809/51788614

この記事へのトラックバック一覧です: 野駒:

« Phalaropes | トップページ | Garnet Pittaとの邂逅 »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.-)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm F4.5-6.3 APO DG OS(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm f/3.5(2011.12.-)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ