« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月20日 (土)

鸚鵡そしてハルマヘラをおもう

大気中の浮遊物質や、他人の目や、いろんなことを気にすることなく、太陽の光をのんびりと毎日浴びていたい。ついでに少しばかりいい鳥も見たい。

ただそれだけのことなのに、なかなかできない。そういう生活が2年ほど続いているが、それにともなって、基本的に若干病んでいる状態が続いているような気がする。別に病気とかではなく、精神的にどこか荒んでいて、日常をやっていく気力が湧いてこない。日光浴びないから当然ですが、まあ対人関係とかいろいろあって。どうせこの生活もあと1年も続かないんですけどね・・・。



まあ、そんなわけで家では勉強とかすることなく昔の写真とか見返しています。音楽でも聴きながら。最近はデヴィッド・ボウイとか。






昨年夏に訪れたままなかなか噛み締める暇がなかったウォーレシアの旅。スラウェシももちろん良かったですが、わずか数日の滞在しか叶わなかった北部モルッカのハルマヘラ島での写真が特に感慨深い。


まあこんなとこです↓



大きな地図で見る


ハルマヘラ島やモルッカなんて地球の歩き方にも載ってなければ、行く人もほとんどいないような島々ですが、爬虫類やペットバード愛好家の間ではまあ有名でしょう。





モルッカももちろんですが、インドネシアの島々には白色オウム、いわゆるバタン類がいくつか野生下で生息しています。ほとんどの種類が乱獲や生息地減少で数を減らしていて、CITESに記載されている種も多いです。日本で有名なのはコバタンですが、このコバタンも野生の個体を見るのはかなり難しくなってきています。北部スラウェシで運良く一個体見ることができましたが、上空通過したのみ・・。大体はこんな出会いだと思います。バタン類は。


オウムというとあまりにも馴染みのある愛玩鳥ゆえ、アフリカや南米とかのどこか遠い国にそこそこの数が生息しているのかな?というのが普通の人が思うようなことでしょうが、実際はそうでもなくインドネシアやフィリピン、オーストラリアに細々と暮らしています。オーストラリアのキバタンなどはかなりの普通種のようですが、大半はやはり絶滅危惧種ですね。ペットとしてはかなり歴史のあるほうなので、もう仕方のないレベルでしょうが、これ以上狩猟圧がないことを祈るばかりです。




日本では住宅事情により不人気、アメリカでは人気な種類にタイハクオウムやオオバタンがいるようですが、これらもインドネシアのかなり限られた島々にしか生息していません。




昨夏のハルマヘラではそのタイハクオウムを幸運にも観察することができました。タイハクオウムはハルマヘラおよび周辺の島にしか生息しない、北部モルッカの固有種です。




2012年9月2日。あの日は朝に北部スラウェシのマナドを発って、昼過ぎにモルッカ諸島のテルナテ島に到着後、スピードボートで隣のハルマヘラ島に渡った。


宿に着いてさっさと準備したあとは早速鳥見に行ったわけだが、この日の午後は何度思い返しても神がかっていた。昨年一年間で間違いなくナンバーワンの日だった。すごすぎてあの時は理解できなかった。




平原のなかの木に止まっていたズアカミカドバトに目を奪われながら、少し標高を上げると、しばらくして車が止まった。見晴らしのいい谷のような場所で、上空を行き来するような鳥が見られるのだろう。風景は日本の西表や奄美を少し思い起こさせた。


しばらくするとあのモルッカガラスが飛んだ。遠かったのが残念だったが、白い虹彩も確認できた。


しばらくすると何やら白っぽい大きめの鳥が遠くを飛んでいることに気付く。ん?コサギか?と思ったりしていると、1羽がこちらの方へ飛んできた。




Dsc_3611



そう、まさにタイハクオウム (White Cockatoo / Cacatua albaだったのだ。


羽ばたきはサギ類くらいで比較的ゆったりしている。下面の黄色が美しいですね。

夢中でシャッターを切っているとどんどんこちらに向かってくる。





そうこうするうちになんと見上げるような木に止まった。






Dsc_3642


コバタンやキバタンのように黄色の冠羽はないが、迫力だけは負けない。




この巨大な純白の冠羽を上下させる様はなんと表現すればいいのだろう。ただただ感動的だった。





Dsc_3648


そしてこのつぶらな瞳。。




距離は比較的あったが、たぶん我々に対して好奇心もあったのだろう。しばらくマンウォッチングしたのち、どこかへ行ってしまった。






その後また出会うかと思っていたが、この時が最初で最後だった・・・。





この素晴らしい出会いはこの後に続く、モルッカショウビン、モルッカイヌワシ、パプアシワコブサイチョウ、カラスフウチョウ、そしてハルマヘラズクヨタカにかき消されて、感動を実感することがなかったが、今思うとなんという素晴らしい体験だったんだろうと思う。



いつまでもこの平和な島で安心して生きていて欲しいと思ったものだ。


ハルマヘラ島はキリスト教徒2割とムスリム8割の島ですが、1999年~2000年に紛争があり、外国人バーダーが気軽に立ち入れるようになったのはつい最近の話。これとはまた別にニュースにもならないようなちょっとした対立みたいなのが2002年あたりにあったようなことをガイドから聞いたが、正確な内容は忘れてしまった。有名なシロハタフウチョウのレックはそういう紛争のこともあって、番人の家が焼き打ちにあったりと、現在はアクセスが悪い上に、木々も成長して観察しづらい状況である。今新たなレックを探索中とのこと。


話がそれてしまいましたが、昨年訪れたときはそんな紛争のことなんかウソのように平和な島でした。人々の顔はニューギニア系の顔立ちで、ああ、ここは本当にパプアに近いんだ・・・と実感したものです。





ガイドのFB経由で、最近案内したグループと一緒になんとあの幻のハルマヘラクイナとモルッカブッポウソウを観察できたということを知った。やはりあの島は10日はいたいし、それぐらいいないともったいないと本当に思う。鳥だけでは語り尽くせない魅力のある地上の楽園だ。まあニューギニアやメラネシアには似たような島々がまだまだあるんでしょうが、こういった南太平洋の島々に行って少しでも魅力的に思ってしまうと、もう取り返しがつかない。




一ヶ月ぐらいまえにインドネシアの写真図鑑『A Photographic Guide to the BIRDS of Indonesia』を購入しましたが、ハルマヘラで出会った懐かしい鳥達に加え、未踏のニューギニアの鳥達の写真に心奪われてしまった。本当にインドネシアという国は民族紛争もあったり難しい国だが、生物の多様性は本当にすごい。なんていったって現在記録されている鳥類1605種はあのエクアドルに匹敵するのだから。



リタイア後、どこか一カ国だけ、と言われたら、間違いなくインドネシアを攻め続けるだろう。




嗚呼、ハルマヘラ・・・。もう一度行けないだろうか・・・。

2013年4月17日 (水)

シャイニングブルー

Dsc_0600

マレーシアヒメアオヒタキ ( Malaysian Blue Flycatcher / Cyornis turcosus )



相変わらずな日々ですが、着実に月日は経過するばかりでそろそろ焦ったほうがいいのかななんて思うが、どうにもこうにも・・・。生きてるだけでだるい(笑)まあどうしようもないわけですが。


こういうときは何考えてもダメですが、やり過ごすしかないですね。いいことがあんのも人生。か。



誰がなんと言おうと私が一番活き活きしているのは、いい場所でいい鳥を見ている時で、こればかりはここ何年も変わらない。



そんな場所で見たマレーシアヒメアオヒタキ。と思う。おそらく。多分。♂でしょうね。

本種はマレー半島、スマトラ島、ボルネオ島に生息してますが、生息地の減少で数が減っていると言われており、NTのランクに入っています。低地熱帯雨林で、水辺を生息場所にしています。おそらくそういった場所は保護されているような場所ぐらいしかないのかもしれない。



まさしくそういった場所で撮影しました。同じ環境にノドアカヒメアオヒタキも生息するが、囀りや見た目の違いで識別できます。一番は囀りです。


2013年4月11日 (木)

春は憂鬱な季節なのです

Dsc_6859

モリバト (Wood Pigeon / Columba palumbus)



ここんとこ心折れそうになることがよく起こっていやんなります。ただでさえ春というのはいつも情緒不安定なのに、ここ数週間メンタル試されることが多くて困る。モリバトのイカれた瞳孔のように私もイカれそうになる・・・。


今更断っておきますが、このブログは現在ももちろん過去の記事も、自分でもうすうす気づいているような間違いが散りばめられています。多くは明言はしていませんが、たまにひどいことを書いていることもあります。間違った情報を晒すのはよくないことはわかっていますが、ある意味記念にそのままにしている記事もあります。ですのであまり鵜呑みにしないでください。鳥見の仕方も独学だったので、昔はもっと間違いなどしてましたが、そのうちに「ああ、あの時は間違ってたんだなあ。」と気づいたことも多いです。でも私はそういう過程は必要だと思っています。人間は失敗しながら学びますから。


ただ、勘違いしてほしくないのは、好き好んで間違っているわけではないということです。人間なので多少は間違うこともありますし、これだけ膨大な情報を載せているといくつかは有識者の意見と食い違うような内容もあります。できるだけそういうものを減らそうと努力はしていますが、なかなか100%うまく行かないものなのです。

web上で大して何も発信していないにも関わらず、陰で特定の個人・サイトを攻撃したり、内輪で盛り上がっているようなひとも見受けられますが、私はとてもそういうことはできません。なぜなら自分だって大きな過ちを犯す可能性をいつだって秘めているからです。人間なら誰しもそうだと思います。



ですので、最近匿名コメントをくださった貴方。ご意見は感謝致しますが、表立って反映はいたしません。私自身自覚はあったので、素直に受け止めていますが、貴方の態度は非常識にも程があります。今の時代、アクセス解析により多くの情報が得られるので個人を特定するのは本当に容易です。私は今は多忙なので貴方を特定するような暇はありませんし、ネット上での揉め事なんて本当に馬鹿馬鹿しいと個人的には思うのでこれ以上こちらからは何もいたしませんが、他のサイトに向けて同じようなことを決してなさらないでください。貴方に自覚はないかもしれませんが、私は誹謗中傷と受け止めています。



私は素人もいいところですが、一応ほんのすこしの誇りを持って生き物の趣味をやっています。ですのでいくら平和主義者の私でも、今回ばかりはこうやって記事にせざるを得ませんでした。そうでもしなければ貴方に何も言えないからです。




*最近余裕がないのに加え、ブログを続けていく意義もなかなか見い出せなくなってきているので、場合によってはこの記事の削除はもちろんですが、ブログ自体も休業しようかとも少しですが思っています。その場合は読者のみなさま、申し訳ございませんが、ご了承ください。これを書いて少しは落ち着けたらいいですが、ブログだけでなくいろいろ身辺が落ち着かない状態なのでなんとも言えません。休業したくはもちろんありませんが。



2013年4月 8日 (月)

ROBIN

Dsc_6330

ヨーロッパコマドリ (European Robin / Erithacus rubecula)



そろそろ渡りの季節に入ってきたようで、最南端からはうらやましいお便りなど届いていますが、今の僕には無縁なのが悲しいです。せいぜいお気に入りの音楽聴くぐらいで、平和な休日を送っておりました。



さて、ヨーロッパコマドリというと、日本国内では相当見ている人でないとライフリストに入っていないのではないかと思います。僕はもちろん国内では見たことありません。日本では近頃怠慢なので、おそらく国内リスト入りする日は来ないだろうと思う・・・。



そんな日本ではかなり珍しい鳥でも、欧州(まあイギリスしか知りませんが)では最も身近な鳥の一つであります。ピーターラビットの有名な絵で、スコップの柄の部分に止まってる小鳥と言えばわかるでしょうか。あれですね。


藪や植え込みのある緑地に行くと、たいていいました。時期的なものかもしれませんが、イエスズメはほとんどロンドン市内では見かけず、唯一ロンドン塔近くの野外カフェの横で見たぐらい。ですので、公園を散歩している限り、イエスズメよりも普通に見られるのではないでしょうか。春先の話ですが。


特にアルバート・メモリアルの少し北にあるケンジントン・ガーデンズを横断するような小道ではかなりの密度で見られた。同時に3羽なんてときも。囀りはいたるところで聞かれ、スマホで撮れそうな距離でも平気で囀っている個体もいました。


囀りは日本のコマドリやコルリよりかははるかに控えめで、いかにもヨーロッパの春を告げる鳥といった感じで上品であります。


北欧や東欧では夏鳥ですが、イギリスをはじめほとんどの地域では留鳥です。


他の鳥を見ている時にも感じましたが、イギリスの春は早いみたいです。ロンドンでは2月中旬にしてほとんどの鳥が囀り、クロッカスも開花し始めでした。日本よりも一ヶ月は早く進んでいるような感じ。ただ気温は低い日もありました。湿度は比較的あったような気はしますが。北大西洋海流のおかげでしょうが、春が長い国なのかなあなんて思ったり。行く前見ていたブログなんか見ると、ちょうど数日前にハイドパークにハシグロヒタキが入ったようで。夏鳥の到着も早いんでしょうか。花粉症がなくて、冬と春を行き来するような日が長く続きながら、春を迎えるというのはいいですね。鳥は2月くらいからほぼ全開で囀りまくってるみたいですし。クロウタドリは最も囀るのが遅い鳥のようですが、それでもたまに囀ってました。



まあ、なんにせよ多くの種類の鳥が囀りまくってるのは幸せな気分になります。町中の公園のクオリティが高すぎる・・・。



2013年4月 5日 (金)

葦原のチメドリ

Dsc_4325

ヒゲガラ (Bearded Reedling / Panurus biarmicus)




さて、いつの間にやら4月になり、僕も最終学年になりました。さっさと卒業したい気持ちもあるが、その前にやるべきことが多くて今から閉口してます・・・。ストレスをどう発散するかがカギとなりますが、まあ死なない程度にがんばります。




今シーズンの日本は多くの珍鳥で賑わいましたが、僕個人的にはまあいつも通りの冬でした(笑)


珍鳥が出れば鳥屋が集まる、というのは欧米でもよくあることです。違いはマナーが守られていて、情報もオープンなこともある点でしょうか。



今冬のロンドンはこのヒゲガラで賑わいました。一外国人鳥屋の僕も情報を頼りに見ることができました。

ロンドン周辺の鳥見情報はLondon Bird Club Wikiなるページに毎日更新される。大まかな場所しかわからないが、旅行者には良い。



もともとヒゲガラというのはイギリスも含めたヨーロッパ各地に点々と生息地がある。あとは中央アジア~中国ですね。おそらく欧州では広大な葦原が残る場所にしかいないのでしょう。イギリスではロンドンのテムズ川沿いの葦原はポイントとして知られており、留鳥です。冬はこうやってたまに意外な場所に現れることもあるようです。

ただ、現地で会った人に訊いてみると、やはり見にくいようで、じっくり見たのは今回が初めてだなんて言ってた人もいた。



場所はハイドパーク内のサーペンタイン・レイク沿いにある無茶苦茶小さな葦原だった。11月ごろから♀2羽が見られ始め、2月下旬ごろまで当地で見られたよう。その後場所を移したみたいだが、それから先は知りません。



葦原の根元にいたり、穂先で採餌したりの繰り返しでしたが、特に鳴くことなく、風に揺られながら無心に採餌してました。大きさは想像通りな感じですね。



向こうの人も願わくは♂が見たかった・・・、と思っていたようだが、僕は♀でも十分嬉しかった。散歩やジョギングしてる人の真横で見る珍鳥というのも悪くはない。




Dsc_4274


♀の中には頭頂と背にオオセッカのような縦斑がある個体がいるようだが、今回はそれだった。


ただ、なんかこの中途半端な感じを見ると、年齢によるものなのでは?なんて思ってしまう。幼鳥は全く違うので、まあ成鳥なんでしょうが、個体差にしてはしっくりこない感じ。。




目つきはさほど可愛くはないが、体型は丸っこくてなかなかかわいらしいですね。色合いは完璧に葦原に溶け込んでいると思いました。



« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.-)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm F4.5-6.3 APO DG OS(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm f/3.5(2011.12.-)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ