« 不思議の森の・・ | トップページ | DRONGO CUCKOO »

2013年3月12日 (火)

アブラヤシプランテーションの守り神

Dsc_8659

メンフクロウ (Barn Owl / Tyto alba javanica)





さて、マレーシアやインドネシアには広大なアブラヤシのプランテーションがあります。行かれたことのある方ならわかると思いますが、良好な熱帯雨林が保たれている国立公園や保護区のすぐ外にはアブラヤシプランテーションが広がるのは普通の光景です。うんざりするかもしれませんが、私達日本人も重要な消費者であるので簡単に批判はできないはずです。知らず知らずのうちに食品や化粧品などの日用品に含まれているので毎日使っているといっても過言ではないでしょう。

ということを知ってる方は多いとは思いますが、ではプランテーションの大まかな生態系はご存知でしょうか?




まあ私もすべてを知っているわけではありませんが、今回少しだけ知ることが出来ました。




現地の人に聞いた話ですが、カギはネズミの増加です。アブラヤシの実を狙ってネズミも増えるとのこと。それによりネズミを捕食するネコ目動物(ベンガルヤマネコなど)やコブラ(一応Black Cobraと言っていたが、果たしてそれなのかはよくわからない。分布的にはキングコブラな気もするが・・)、フクロウ類が増えるのだという。


で、まあフクロウ類ですが、私の観察した限り、メンフクロウ、マレーワシミミズク、マレーウオミミズクを同じ場所で確認しました。マレーウオミミズクは魚ばかり食べるイメージですが、両生・爬虫類、甲殻類、大型水生昆虫、小型哺乳類、鳥類なども捕食するらしいです。


ただ、マレーウオミミズクやマレーワシミミズクは見られたらラッキーな部類で、圧倒的にメンフクロウが多い。やはりプランテーションの近くには農耕器具などを保管するための納屋が多いのが理由かもしれない。Barnとは納屋のことであり、塒や営巣はこういった場所を使う。



マレーシアのアブラヤシプランテーションの歴史はそこそこあり、かつてはネズミ駆除のためにワルファリン(有名な殺鼠剤で、血液凝固に関与するビタミンKを阻害することにより抗凝固作用を発揮する)とフクロウを組み合わせようとしたが、フクロウが減ってしまったらしく、結局ワルファリンはやめて、天敵となる動物に任せようとなったらしいです。


まあそんなわけで、ネズミ食いのメンフクロウは個体数を増やし、今ではアブラヤシプランテーションの生態系のトップに立っているというわけです。




ところで、メンフクロウというと、世界中に分布し、最も分布域の広いフクロウ、いや鳥全体でもトップクラスの広域分布種である。Wikipediaによると28亜種書かれているが、ここに載せたのは亜種T. a. javanica というマレー半島、ジャワ島、スマトラ島などに分布する亜種で、基亜種よりも明らかに斑点が多い(体下面など)のが特徴。上面もより暗色らしい。

ネズミの駆除に役立つということで、欧米から連れて来られた移入種かとおもいきや、どうやらもともといた鳥らしいです。




日本の迷鳥マニアのみなさんはミナミメンフクロウあるいはヒガシメンフクロウが気になるかと思いますが、これはメンフクロウとは別種で、スンダランドにはいません。マレー半島やジャワ・スマトラ・ボルネオがすっぽり空いた形で中国東部および南部、ミャンマー、ベトナム、スラウェシ、パプアニューギニアの一部、オーストラリアの一部の沿岸部、ヒマラヤ、インドなどに分布するようです。英名の通り、草地が生息場所なので、狙う場合は黄昏時の牧草地とかでしょうか・・。まあ再び記録される可能性は低いと思いますが。




アブラヤシのプランテーションになったことにより、確実に生物多様性は失われると思いますが、そんななかでも独自の生態系が築きあげられる熱帯の懐の深さには感心させられます・・。


都市鳥ならぬ農園鳥なわけですね。



ちなみに本種は結構お手軽な方法で見れちゃいます。現地の1500円程度のナイトサファリツアーに参加すれば高確率で見ることができます。



« 不思議の森の・・ | トップページ | DRONGO CUCKOO »

戯言/babble」カテゴリの記事

マレーシア・タマンネガラ / Taman Negara '13」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アブラヤシプランテーションの守り神:

« 不思議の森の・・ | トップページ | DRONGO CUCKOO »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

著作権 / お問い合わせ

  • Copyrightⓒ2009-2021 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    FZ30 (2008.12-2009.8), FZ50 (2009.9-2011.5), S5100, D7000 (2011.6-2020.1), D500 (2016.6-), E-M1 MarkⅡ(2020.1-)
  • 【レンズ】
    APO 50‐500mm (2011.6-2020.1), Micro-Nikkor 55mm (2011.12-), Micro-Nikkor 60mm (2014.4-2017.3), TAMRON 90mm MACRO (2018.11-), SIGMA 17-70mm (2015.7-), NIKKOR 200-500mm (2017.6-), M.ZUIKO 12-40mm PRO (2020.1-), M.ZUIKO 40-150mm PRO (2020.1-)