« マレーシアでの日々 | トップページ | 自信家な歌い手 »

2013年3月22日 (金)

Ayam Pegar

Dsc_9118

コシアカキジ (Crested Fireback / Lophura ignita rufa)




さて、キジの仲間というのは狙って見られるような種は一部で、決まったポイントがある場合は餌付けなどをしている場所が多いのではないかと思います。日本は知りませんが、台湾などはそういう場所が確立されていて、すごいなあと思ってしまいます。


外国人バーダーに、ヤマドリを決められた日程で必ず見せることができる日本人バーダーは果たしてどれくらいいるだろうかっていう話と似たような感じです。ヤマドリは欧米の方はかなりの憧れをお持ちですね。キジ類というのは神出鬼没なイメージがやはり強いのであります。


シャコやコクジャクの仲間を除くと、半島マレーシアにはウチワキジとコシアカキジの2種が生息しています。ボルネオにはさらにオジロウチワキジが生息していますが、ウチワキジとともに希少種ですね。



ウチワキジのほうは半島マレーシアでも森の奥深くに住む、かなりレアな鳥のようです。対してコシアカキジは開けた環境にも出てくることがあるので、見られる可能性は高い。Crested のほう(コシアカキジ)が、Crestless(ウチワキジ)よりも見にくいというのは名前のイメージが逆な気がしますね^^;名前だけ見るとトサカがあるほうがレアそうな感じが個人的にはします・・・。




まあ今回タマンネガラで見られたのはコシアカキジなわけですが、世界で最もコシアカキジを見やすいのはタマンネガラと、ボルネオのダナンバレーでしょう、おそらく。そして憎いことに2カ所とも亜種が異なり、見た目もけっこう違う。

ボルネオ島に生息するのは基亜種L. i. ignitaであり、内側尾羽はオレンジ色で、下腹もオレンジ色です。私は初めて存在を知ったのはこちらの方だったので、こっちのイメージのほうが強いです。ダナンバレーのロッジに出没するというのは海外探鳥が好きな人にとっては有名なことでしょう。




一方、半島側に生息するこちらの亜種は内側尾羽は白色で、下腹は背面と同じような光沢のある紺色だが、脇に白いスジが出るのが特徴である。白いスジは太い軸斑である。

というわけで、こちらの亜種のほうがちょいとばかりシックなのです。


そこまで腰の赤は目立たず、写真を撮ってもアングルによって入ったり、入らなかったり。そんなわけで、今回森の中で偶然♂2、♀3(だったかな?)の群れに出くわしたときは、♂の白い尾羽を見て、「あ、サンケイ!・・・??」と恥ずかしながら思ってしまったのである。まあ台湾固有種のサンケイも属は同じなので、似ているのも仕方がないか。。




森の中と開けた場所の2カ所でそれぞれ1回ずつ観察しましたが、森の中で♀を引き連れているときは1羽の♂が突然ほろ打ちしたのでびっくりした。あまりの突然さに、音に圧倒され、見とれてしまい、結局シャッターは切れなかった。ああ、この仲間もほろ打ちするんだ・・・と。

開けた場所では♂のみが2羽だか3羽だかで、採餌していた。今回貼ったのはそのときの写真。採餌中です。


♂で全長は70cm前後なので大きいといえば大きいが、かのセイランに比べると子供みたいなもんですね。少し大きめのニワトリみたいな感じです。サンケイの♂は80cmくらいなのでやはりサンケイよりは小さく見えた。サンケイは今思い返しても見応えのある鳥だったなあ。



マレー語ではAyam Pegarというそうで、まあ単なるキジという意味だそうです。現地人の間では最も一般的なキジ類なのかもしれません。Ayamは通常レストランではニワトリを指すので、覚えておくと便利である。Nasi Ayamときたら、鶏肉と白米とサンバルとかの付け合せが出てくる。対して小鳥の類はBurungという。


食べようとは思わないが、顔面の青の鮮やかさが印象的な鳥でした。



« マレーシアでの日々 | トップページ | 自信家な歌い手 »

戯言/babble」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235809/50878432

この記事へのトラックバック一覧です: Ayam Pegar:

« マレーシアでの日々 | トップページ | 自信家な歌い手 »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.-)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm F4.5-6.3 APO DG OS(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm f/3.5(2011.12.-)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ