« 明けましておめでとうございます | トップページ | 田鳧 »

2013年1月 7日 (月)

雁の群れを観るよろこび

Dsc_2879

マガン ( Greater White-fronted Goose / Anser albifrons



今年の初鳥見は宍道湖畔でした。冬の同所は初めてでして、長らく憧れでした。今年はいろいろと珍しい種類もいるようで、遠征に踏み切ったわけです。成果はまずまずでした。人並みには(笑)



中でもマガンの群れを久しぶりに観察できたのが本当に嬉しかったです。マガンの群れは大学一年の年末に行った伊豆沼以来で、それ以降は琵琶湖などで小規模な群れしか見ていなかった。


マガンの群れというのはやはり視覚的にも聴覚的にも日本人の心に強く訴えかけるものがある。哀愁漂うあの鳴き声とともに冬枯れの田んぼに群れで舞い降りたり、上空を旋回するさまは言葉で言い表しがたい感動を覚えるし、魅力に溢れている。

鳥屋ならその群れの中から珍ガンを探すのが常であるが、私も例に漏れずひと通り探しだしてから、撮影会をやってました^^;しかし、伊豆沼や蕪栗沼に比べると小規模なので見つけやすいですね~。一安心しました。


午前11時ごろ太陽が比較的高くのぼる頃、前夜に降り積もった雪と山陰特有の冬の曇り空が絶好の条件を生み出した。雪が天然のレフ板となって、まるでストロボを焚いたかのように被写体を際立たせてくれた。双眼鏡で見るとひたすら溜息ものの美しさである。こんなに美しいものなのかと思ってしまった。

今所有しているレンズはf値が8または9あたりから目に見えてキレが良くなり始めるので、それを意識しながら感度とシャッター速度をいじりながら頑張ってると単焦点並みの写真が撮れた!と自負しております。やっぱり僕はいじり甲斐があって、伸び縮みするこのレンズ好きです。


まあ写真うんぬんはいいとして、右下の個体が最高にかわいく見えると思うのです。マガンの舞い降りるときの正面姿には癒されます・・・。




« 明けましておめでとうございます | トップページ | 田鳧 »

戯言/babble」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235809/48629482

この記事へのトラックバック一覧です: 雁の群れを観るよろこび:

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 田鳧 »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.-)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm F4.5-6.3 APO DG OS(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm f/3.5(2011.12.-)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ