« おもいでぽろぽろ | トップページ | ひさしぶりに »

2012年10月 1日 (月)

薄雪ちゅうひ

Dsc_06232

ウスユキチュウヒ (Spotted Harrier / Circus assimilis)



ところで、僕は猛禽が好きです。今はサシバやハチクマが渡る最高の季節ですが、今年は見に行けそうにありません。それだけでもかなり残念。社会人になって車を持ったら、絶対に毎年行きたいものです。それぐらい好き。



そんな猛禽ですが、今まで海外でも何種か見てきました。大体はクマタカ系、ワシ系、トビ系、オオタカ系でしたが、今回初めて海外のチュウヒ類を見ることができました。それが本種。

ウスユキチュウヒというのはオーストラリアの鳥類図鑑や世界の猛禽図鑑を購入した高校生の時分から、かなり見てみたいと思っていた種だった。灰色の上面に、赤褐色の下面。そして散りばめられた白いスポット・・・。なんと、エキゾチックなチュウヒなんだろうと思いを馳せた。

新大陸にもアフリカにもチュウヒ類は多く生息するが、色彩の奇抜さはせいぜいマダラチュウヒ並のものだ。まあ十分美しいが。そんな中でたぶん、このウスユキチュウヒが世界のチュウヒの中で最も美しいと私は思う。


ウスユキチュウヒの分布は変わっていて、オーストラリア全土がメインで、スンバ島、ティモール島、スラ諸島、そしてスラウェシ島だ。ニューギニアやモルッカにもいていいはずなのにぽっかりと抜けている。こんなことは最近知ったので、まさかスラウェシにいるとは思わなかった。

猛禽との出会いはほんとに運任せなので、出会えるとかなり嬉しい。だから、このウスユキチュウヒを初めて見たときは、まさか!?と思ったが、ガイドに確認すると留鳥でいるとのこと。結構意外だった。



耕作地の上空を低空で飛んでいる個体もいれば(この写真の個体)、風に乗ってトビのように飛んでいた個体も見た。




どうでもいい話だが、このとき車で居眠りしていて、急に起こされて、カメラの設定を全くいじることなく、寝ぼけ眼のままAF任せで適当に撮った。最終的にはかなり近くに飛んできたのだが、撮影した画像を確認するとピンこそ来ているものの、露出オーバーしまくり・・。それでも撮れただけマシかもしれないが、後でPCで見るとかなり悔しい思いをしました^^;


補正して一番まともな写真がこれ。はみ出ささずに撮れたショットもあったが、それは補正してもダメだった。フォトショならやってくれるのだろうか?



Dsc_0631



白いスポットにははっとさせられるものがあります・・・。すごい羽根ですね。ちなみに幼鳥は淡褐色で地味な普通の猛禽。これは成鳥です。


それにしても、警戒心がなかったのか、本当に近くを飛んでくれたものだ。




猛禽好きにもたまらない場所でした、ウォーレシアは。

« おもいでぽろぽろ | トップページ | ひさしぶりに »

戯言/babble」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235809/47268423

この記事へのトラックバック一覧です: 薄雪ちゅうひ:

« おもいでぽろぽろ | トップページ | ひさしぶりに »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.―)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm(2011.12.-)、SIGMA 17-70mm(2015.7.―)、Nikon 200-500mm(2017.6.―)
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ