« 上高地から北アルプスへ~8/1~ | トップページ | 翡翠三昧 »

2012年9月24日 (月)

上高地から北アルプスへ~8/2~

少し疲れ気味ですが、なんとか元気です。長かった夏休みも終わり、これから後期。6年間も長いですね・・・。もうすぐ歳を取りますが、もう嬉しくはないお年頃。

今年の夏休みは充実していました。4~6月の不調を相殺できた感じです。よかよか。



てなわけで、夏の北アルプス最終日。8/2のお話。天気はいいですが、もう下界に下らないといけない。いつかは何日か2500mの世界にいたいものだが、山小屋泊まりだとお金がかかって仕方がない。山小屋バイトとか憧れます。





4:30過ぎには外も明るくなり始めていたので御来光でも見に外へ出てみます。





P8020156

4:54撮影。綺麗な御来光でした。下の方は安曇野。



当たり前だが、寒い。涼しいってもんじゃない。このとき下界は暑かったみたいで贅沢な限りですが。





P8020158

4:56撮影。モルゲンロートの中の槍穂高。美しい。上の景色の反対側。

広角レンズで写したらもっといいんでしょうけど、十分雰囲気はわかりますね。右手に見えるのは蝶ヶ岳ヒュッテからすぐの瞑想の丘です。




いやあ、こういうの経験すると山やめられなくなるわけですね。わかります。



景色を堪能して5:30頃朝食。なかなかおいしかったです。



少し準備などしながら6:15すぎに出発。この日は常念へ縦走しても申し分ないような天気でしたが、下りないといけない。横尾まで下る道の分岐点はヒュッテから20分強くらいだろうか。




Dsc_7633

槍ヶ岳。





Dsc_7645

チシマギキョウとオンタデ。バックは穂高連峰。



少し登って、まもなくちょっとした人だかり。見ると、





Dsc_7670

ライチョウ♀。



おお、久しぶりのご対面です。おそらく7年ぶり。しかも♀は初めて。





Dsc_7676

ヒナ。


5羽いたうちの1羽。ヒナも初めて見ました。


親子で稜線に出てきていて、餌探ししているようでした。ほほえましい。







Dsc_7686


久しぶりに見ましたが、やはり結構小さいですね。出会いは気まぐれですが、いるときは探さなくてもいるっていうのがライチョウ。





Dsc_7702

ヒナも間近で見られて可愛かった。いいですね~。





Dsc_7705

お母さんはヒナの事が気がかり。ヒナは自由にその辺を歩き回ります。







Dsc_7707

時々、プウプウあるいはクックックッみたいな感じで鳴きます。ヒナを呼んでいるんでしょうか。ミカドキジのつぶやきみたいな鳴き声に似ていた。





Dsc_7712

ライチョウ歩き。




Dsc_7725



光が強くて難しい条件だったが、なんとか背景を考えてがんばる。





Dsc_7737

ライチョウ♂。



お父さんもいました。お父さんは少し離れた所で気ままに餌探し。



Dsc_7747

背面はこんな感じでだいぶ褐色がかっている。


おそらく3回中2回目の換羽中。終了しているかどうかは僕にはわからない。





Dsc_7757

それはそうとヒナがすごい近くまで来るんですよ。かわいすぎて。





Dsc_7760

逞しい脚ですね。




Dsc_7792

完璧なシチュエーション・・。



ライチョウといえば立山の写真ばかりで、こういうのはあんまりないはず。

初めて見たのが立山でしたが、いつかはこうやって北アルプスの稜線上で出会ってみたいと思っていた。まあ、別に構わないんですが、登山者は他でも見るのに、鳥屋は立山で比較的楽して見て終わりってのがほとんどなわけで。

自然好きを名乗る以上、やはり立山以外でも見たいところ。





Dsc_7794


これまた、背景がここならでは。


しかし、結論ですが、高山に50-500はいらない。ライチョウがいたら絶対に200mmぐらいで足りる。500mmが必要な距離にいても普通はハイマツに隠れていて確認できないですよ。この写真は若干トリミングしているが95mm。

だから70-300あたりがベストですね。サンヨンは長い。たいてい登山者が近くで写メを撮るので、下がるとその人達が写ってしまう。

だれか70-300使わない方で安く譲ってくださる方いらっしゃいましたらご連絡ください(笑)




Dsc_7803

ヒナが散らばってしまったので呼んでます。





Dsc_7841

お父さんは相変わらず、気ままに散歩。






Dsc_7896

しまいには砂浴びまで。




じっくり観察。




Dsc_7936

砂嚢に貯めるためなのか小石を食べてました。




20分ほど観察させてもらった。もっと見たかったが、下ってからも時間が欲しいので仕方なく7:00すぎに下りる。行く道を遮る形で砂浴びしていたので申し訳なかったが、中断してもらう。

結局ライチョウを見た場所は横尾への分岐付近だった。




ガレ場もあっという間に終わり、樹林帯。ひたすら下り。途中沢みたいな場所もあったが、道に迷うことはない。ただこれは登りはキツイように思えた。ウソ、メボソムシクイ、ルリビタキ、ホシガラスの鳴き声なんかを聞きながら下り続ける。




そんなこんなで8:15ごろ、槍ヶ岳が木々の間から見える場所で休憩。槍見台にしては貧相だなと言っていると9:00前にちゃんと槍見台に到着。なるほど槍が見える。


そこからはササ帯が主体となり、コマドリの鳴き声がいっぱい。近くに沢があるようで、いかにもな環境。そんななか1個体やけによく聞こえるのがいたので、おもむろに横を見ると遠いが双眼鏡で見える距離でさえずっている。





Dsc_7958

コマドリ♂。



デジスコならもっといい写真が撮れたに違いないが、まあ十分か。


しばらく囀りを堪能したあと、どこかへ行ってしまった。それにしてもコマドリが多いところだ。



そんなこんなで9:30に横尾到着。槍ヶ岳へ行く人達でいっぱいだ。若者も多いっすね。




バスが14:30ごろ出発するのでまたひたすら歩き。





Dsc_7986

センジュガンピ。


ナデシコの仲間です。


Dsc_7989

ソバナ。




Dsc_8007

クガイソウで吸蜜するコヒョウモン。





途中こんな感じでいろいろいるので飽きない。上高地だけでも満足できる理由がよくわかった。






途中歩いていると、真横でコマドリの囀り!登山者いっぱい通っているのに。





Dsc_8029


残念写真だが、この時期でも余裕で見れるのにはびっくらこいた。

今まで秘密のポイントを一ヶ所知っていたが、ココはそれに匹敵するかも。まるで興味を示す人がいないが。



10:50ごろ徳沢到着。






Dsc_8039

ウラギンヒョウモン。





Dsc_8061

ミヤマカラスアゲハ。


夏型なんであれですが、きれいですね。尾状突起欠けてるけど。




11:00ごろ徳沢園で少し早めの昼食を食べて再び出発。お昼はカレーとビール。最高すぎた・・・。





Dsc_8067

オシドリ。


まあ♀かな。ヒナは見なかった。





Dsc_8074

ヤチトリカブト。


だと思うが、まじめに調べたわけではない・・・。





その後、オオイチモンジを狙っていると、徳沢ロッヂの近くで林内を飛翔する♀を発見。ただ、見とれてしまい、撮影はできず・・・。帰ってきてから分かりましたが、時期が遅いんですね。見られただけでもマシか。いつかもっと早い時期にチャレンジしたい。しかし、雄大な飛翔だった。感動。






その後、オオイチを狙っていろいろ見てみるが、全てコムラサキ。やっぱ時期かな。



Dsc_8084

こんなのも。




Dsc_8085

シータテハ。





Dsc_8088

ヤマキマダラヒカゲ。




Dsc_8098

コムラサキ。



かなり綺麗なチョウですが、オオイチモンジを狙ってたもんで・・。





Dsc_8107

こういう光景はいくつか。





途中ミスジチョウなんかもいたが、やはりオオイチはおらず。まあ今回はいろいろツイてたから、オオイチはまた今度ということで諦めがついていた。





Dsc_8130

ホンドザル。12:30撮影。



明神で休憩したりしながらBTまで急ぐ。明神からは右岸側を歩くことに。






すたすた歩いていると、なんとイイ感じの小川が流れていることか。人も多いけど、生き物も多そう。またじっくり来たいものだ。途中カッコウの鳴き声も。






そんなこんなで13:40ごろには初日に通過した岳沢湿原に。





Dsc_8133

センブリ類。


クロセンブリなのか?





Dsc_8139

アオジ♂。


この時期に囀りを聞くとどきりとする。また冬に会おう。







なんとか人のごったがえす河童橋を越えて、BTへ。バスには間に合った。チーズケーキソフトを最後にいただく。濃厚でやっぱり美味しかった。



バスの窓にはハンノアオカミキリがくっついてた。久々に見たが、外だったのでろくに撮影できず。



無事に京都駅経由で奈良の実家に帰還。




今回はお天気にも恵まれ、景色も生き物も堪能できました。またどこか登りたいものです。




« 上高地から北アルプスへ~8/1~ | トップページ | 翡翠三昧 »

甲信越/Kohshinetsu」カテゴリの記事

コメント

いつもいつも、綺麗な写真を有難うございます。
山、いいですね~。とっても清々しい気分になります。

ところで、70-300のレンズですが、使わないレンズを持っています。。
シグマでニコン用です。6、7年前に新品で購入しましたが、数ヶ月しか使用してません。
ただ、保管している間に、ピントリングゴムが白っぽくなりましたが、外観は綺麗です。
レンズ内にゴミは少ないと思います。問題なく作動します。
レンズにはプロテクターフィルターを装着しています。
全然使用しないので、使ってくださる方の所へお嫁入りする方が幸せだと思います。
お代は要りませんので、もし、良ければ貰ってやって頂けませんか?

あ、先程のコメントですが、間違いがありました。
白くなっているのは、ピントリングゴムではなく、
ズームの方のゴムでした。お詫びして訂正します。

>ひよさま


お返事遅れてしまい申し訳ございません。いつもご覧いただきありがとうございます!

レンズの件ですが、半分冗談のつもりで書いたのですが、わざわざご丁寧にコメントいただき恐縮です。もし、ひよさまがよろしいのであれば私は喜んで使わせていただきますが、お代に関しましてはやはり少々心苦しい気持ちであります・・。

これ以降のことはここでやりとりさせていただくのもどうかと思いますので、もしよろしければ私宛にメールくださいませんか?アドレスは

p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@にしてください)

にお願いいたします。メールではもちろん本名でやりとりさせていただきます。私がどんな感じの人物なのか不審に思われるかもしれませんが、facebookにも参加していますので、アカウントお持ちでしたら確認ください。

よろしくお願い致します。本当にご連絡いただきありがとうございます。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235809/47189004

この記事へのトラックバック一覧です: 上高地から北アルプスへ~8/2~:

« 上高地から北アルプスへ~8/1~ | トップページ | 翡翠三昧 »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.―)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm(2011.12.-)、SIGMA 17-70mm(2015.7.―)、Nikon 200-500mm(2017.6.―)
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ