« 青の煌めき | トップページ | 高嶺黄 »

2012年7月27日 (金)

夏といえば

Dscn8715

ハシブトアジサシ (Gull-billed Tern / Gelochelidon nilotica




試験も終わり、夏休みです。研究熱心な方に夏休みという単語を発すると、「はあ?」とか黙殺されたりしますが、まあ省エネにもいいし、休めるなら休んだほうがいいんじゃないかと。やるときは集中してやるが、やらないときは全くやらないというのが私のモットー。



今年の夏は山登ったり、海越えたりする予定。体力が持つかどうか若干不安ではありますが、若さに任せてやりたい放題にやろうかと思う。日常生活を真面目に慎ましく生きているので、これぐらいはだいじょぶでしょう。というか、本当の自分を出せる機会がほんとに休暇中ぐらいしかないのだ・・・。



最近色調が暗めな写真が続いていたので、夏ということでアジサシでも。



前期唯一まともな鳥見をしたときの写真。こんときはデジスコのみで、飛んでいる姿は双眼鏡で追うのみだったが、それはそれでいい体験だった。迫ってくる姿を見ていると、自然と胸の鼓動が早くなる。翼下面の黒線の見え方の変化などを追っていると、識別点を見逃してはいけないといった緊張感もけっこうある。

ファインダー越しではどうも視野が狭く、色もくすんでいて、合焦の有無しか意識しないので、はっきり言って鳥自体を見てはいない。まったくもって違う。再認識した。識別も後回しにしてしまう、なあなあな感じ。

そりゃあ、こんな感じで鳥の世界に入って、入ってからもずっとこれだったら、薄っぺらい鳥(の写真撮影)好きを粗製濫造するわけですな。世も末。




この日はたまたま現地で初めて会ったご夫婦と鳥を眺めていたので、平和な気持ちで観察できた。「ほんといい鳥だね~」というおじさんの言葉が妙に印象的だった。双眼鏡やスコープ越しに鳥をじっくり観察する姿勢は大切だし、それが結局は鳥とのほどよい関係・距離を保つことにつながったりする。

最近はスコープもめったに使わなくなってしまったが、そんな自分に、忘れてはいけない大切なことを思い出させてくれた一日でもあった。



まったくいい鳥だったよ、ほんとに。



« 青の煌めき | トップページ | 高嶺黄 »

戯言/babble」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235809/46481476

この記事へのトラックバック一覧です: 夏といえば:

« 青の煌めき | トップページ | 高嶺黄 »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.-)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm F4.5-6.3 APO DG OS(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm f/3.5(2011.12.-)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ