« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月18日 (土)

大洗~苫小牧航路 11/5前編

お小遣い稼ぎや研究室関係のことも一段落つき、さてと。って感じです。いろいろと道具は揃いつつありますが、肝心の予習がほぼできていないっていう・・・。今回こそはばっちりしようと思ってたのになあ。まああと数日でラストスパートかけたるで。金かけるからには準備も怠らないようにしないといけない。


結局ソデグロも銚子も行けませんでしたが、まあ仕方ないです。今年はじめての本格探鳥が海外というのもオツであろう。





というわけで、去年乗った大苫の復路でも。多いので2回に分けます。





帰りの船も私以外鳥屋さんはおらず。11/5の朝は6時ぐらいには甲板へ出る。


コアホウドリやトウゾク系は相変わらず多く飛んでいる。




Dsc_0138

トウゾクカモメ類。



秋だけあって群れになっています。






Dsc_0143

トウゾクカモメ。



逆光だが、こんなに近くに来た。しかしやはり飛翔力が強い。船の回りはかなり風が強そうだが、だいたい追い越していく。







Dsc_0155

キジバト。



船の回りを飛んでましたが、たぶん降りなかったのだと思う。風が強すぎて着地できなかったのかも。








Dsc_0192

トウゾクカモメ暗色型成鳥と思われる。




もう少し近けりゃなあ・・。まあ久しぶりに見れたんで良かったんですが。スプーン付きだと嬉しいですね。






Dsc_0201

トウゾクカモメ成鳥夏羽→冬羽?


型は知りませんが、翼下面がべったり黒いので成鳥かなあ。







Dsc_0206

クロアシアホウドリ。



ミズナギとか見てるとたまに、翼が水に浸かってる?と思う時もありますが、そういうときもけっこうありますね。これも明らかに右翼が水面下に少し浸かっている。水を切りながら飛べるなんて気持ちよさそうですね。






Dsc_0227

フルマカモメ。


淡色型ですかね。ひどい写真ですが。







いろいろと途切れることなく鳥が見れていた6:40。視界に一羽のミズナギが入った。比較的近かったので双眼鏡での観察はせずにひたすら撮影。ファインダー越しにも確信を持ちながら撮影してた。



Dsc_0230

ミナミオナガミズナギドリ。




うーん、やはり本物は全然違いますよね。次の記事で綺麗な偽物載せますが、まるで違う。世界で一番かどうかは知らないが、かなり美しいと思う。ぼくはボニンなんかもかなり綺麗なミズナギだと思いますが。






Dsc_0236


いやー、写真はいまいちですが、きれいな鳥ですねー。遠くても洋上で見るに限りますね。羽ばたき方もなんというか微妙に違う気がする。






Dsc_0266


白い!!


こんな種は他にはさすがにいない。まるでカモメ類のような白さ。もう少し近かったら最高だったんだけどなあ。





Dsc_0282


数分船と並んで飛んでくれ、結構撮影できた。はるばるニュージーランドから来ていると思うとなんだか感慨深いですね。海鳥やっぱいいわ。



実はじっくり確実に見たのは初めてでした。それっぽいのは過去にありましたが、まあ実質初見かもしれない。恥ずかしながら。。

今年はハジロナギ一本でまた秋に乗りたいとも思うが、あの時期ってほんと他は寂しいんですよね。でも久しぶりにあのダイナミックな飛翔を見たい。






Dsc_0305

トウゾクカモメ。

成鳥冬羽かな?あまりに近くを飛んでいたので、ミナミオナガがまだ飛んでいたにも関わらず、こっちを撮影してしまった。






トウゾク祭りはまだまだおわらない。






Dsc_0314


ほら、同時に画面内に2羽。辺り一帯で何羽いるんだか。






Dsc_0325


まただ。


え、右のをアップで見たいですか(笑)?まあ待ってくださいよ。








Dsc_0340

アカアシミズナギドリ。幼鳥?


油断してるとこんなのも。秋でも基本のPuffinus3種はいるんですね。翼下面はしっかり暗色でした。まあJでいいでしょう。





Dsc_0342

俺にはわからない。


トウゾク専門の洋書は持ってないので仕方ありませんが、せめてコリンズのトウゾクの項全て熟読しないといかんなあと思い始めてから早数年・・・。超絶暇人になったら読みます。すみません。



まあ、クロトウ暗色に見えて仕方がないということなんですが、どうでしょね。額が低く見えるとクロトウっぽく見える。







Dsc_0355


さっきの個体です。雨覆の白帯が気になるが、幼鳥あるいは若鳥だろうか。


とりあえず美しい。これは間違いない。



撮影してたときは「トウゾク暗色キタ(゚∀゚)!!」と思ってましたが、そのうちこれクロトウじゃないの?と。


バランス的にはクロトウに近いと思う、やはり。この美しい流線形。






Dsc_0356


尾羽です。


こういう形ってトウゾクだと思ってたんですけど、コリンズ見るとクロトウのJってまさにこれなんですよね。じゃあやっぱりそうなのかなあ。うーむ。



生殖羽しか識別できないとか、やはり素人もいいところですね。まったく・・・



自分の未熟さに反省しながらも、しばし幸せな時間を過ごした。なかなか暗色型がしっかり撮れる機会はないもんで。







Dsc_0379

ミナミオナガの後のと同一と思われる。


こうしてみるとトウゾクカモメはもったり。トウゾク類も形態で識別すべきなんだろうか。やはり上のはクロトウかなあ。


はじめコンパクトに見えるのは性差かなあと思いましたが、種差のレベルか・・








Dsc_0398

トウゾクカモメ冬羽。成鳥?



顔のコントラストがはっきりしているので上とは別。結構典型的な感じ。






Dsc_0401


近い!かっこいい!惚れる!



でも、種がいまいちわからないこの悲しさ・・・。成鳥ではあると思うが。


バランス的にクロトウ寄りかなあ。





Dsc_0403


見えますかねえ、中央尾羽あたりが針のようになってるのが。キツイかなあ。


画像拡大してみて気づいたが、中央尾羽は尖っていた。バランスもよさそうだが。クロトウ淡色型成鳥冬羽だと思ってますが、合ってるかどうかはわかりません。







Dsc_0405


今のが右下。左上は新たなる暗色型。幼鳥くさいが、種はやはりよくわからず。ただトウゾクな気がしますが。





しかし、秋のトウゾク祭りってすごいですね。マニアック度合いも半端無いが・・・。







Dsc_0409


ウミネコやミツユビカモメなど。


特に変わり種は混じってないと思った。






Dsc_0417


そろそろ飽きてきました(笑)?いやいやまだまだ。


これはトウゾクカモメですね。換羽中か。





Dsc_0420


トウゾクカモメ。


これまた変わったタイプ。暗色型なのか中間型なのか。年齢も??


いい味出してますが。








Dsc_0424


まだまだ続くぜ。なんていったって、この海域で一番多かった鳥はトウゾク類でしたから。小川原湖とほぼ同じ緯度。



これはクロトウゾクカモメ淡色型冬羽じゃないすか?ちょっとわかってきたかもしれない。だったらいいな。

といいつつ、トウゾクカモメの可能性もかなりあるんじゃないかと思ったり。。はあ難しい。







Dsc_0453


オオミズナギドリなどの群れ。トウゾクも結構混じってます。





Dsc_0503

ミツユビカモメ。



アカアシは確認できなかったが、これでも航路を実感できるので意外と好き。雰囲気出てる写真撮れました。






Dsc_0513


まだフルマカモメはいます。






Dsc_0519



こういうのにパフィヌス混じるんで、「黒=フルマ」は成り立たない。それが面白い所でもありますが、見過ごしやすい。





Dsc_0538


うーむ、バランスだけで判断するならこれもやはりクロトウな気がする・・。ジシギ的な識別でいいのかな?そんなこと聞いたことないが。



この個体、お気に入り。良くないすか?幼鳥の特徴である翼下面の縞々が実に美しい。




しかしでもこうやってあれこれ言えるのは一眼に変えたからだろう。やはり一眼じゃないと海鳥は話にならないといまさらになって思う。







Dsc_0577

ミツユビカモメ、オオミズナギドリ、トウゾクカモメ?


トウゾクは幼鳥くさい。トウゾクが普通種過ぎて感動します。。







Dsc_0579


フルマカモメ。





Dsc_0592


夕方便とすれ違う。ふらのだったかな。





Dsc_0594


今(7:22)ココ。陸地から若干離れている海域のほうがアツイ傾向がある。ちょうど下北半島の「斧」の柄の反っている部分で祭りが開催されていた。




いったん切ります。まだ続きます。



2012年2月 8日 (水)

祝・再発見

なんかアクセスがえらいことになってるんですが、まあそれはいいことにしましょう。




さて、本日付のニュースで「オガサワラヒメミズナギドリ」の再発見のニュースが流れましたね。とある訃報とともに生き物関係では結構話題のようで、すごいなあと思っております。





オガサワラヒメミズナギドリ(仮称だが、以下使用します)というと、野鳥愛好家の中でもはっきりいってとんでもなくマニアックな鳥で、日本国内で生体を見たことのある人はまず3桁は行かないでしょう。ましてや洋上での飛翔を見たことのある人は何人いるだろうか・・。

そんな激レア・超絶マニアックな鳥がマスコミで放映されるなんてほんとにびっくりです。




そんなオガサワラヒメミズナギドリ、私は幸運にも数年前に観察・撮影しました。おそらくそのときが生態写真が多くの人により撮影された最初のときだろうと思います。


とりあえず、そのときの写真を載せようかと。質が悪いのはご勘弁を。




P1050071





P1050072




P1050074

オガサワラヒメミズナギドリ(仮称)/ Bryan's Shearwater (Puffinus bryani



[Near Mukojima Is., Tokyo, JAPAN, 15/09/2009.]






はっきりいって私の写真では目の上の白色部などは見えませんが、ちゃんとそこまで撮影されている方がいるので、間違いはありません。私の写真では尾羽が黒く、長く見えるのと、翼の形がコンパクトなのぐらいしかわかりませんね・・・。







このときのことは忘れもしません。





大学2年の夏休みの最後。数週間前にやんばると奄美で固有種をコンプリートした私はとどめに硫黄3島クルーズに参加した。狂っているとしか思えないが、行ける時に行っとかねば!ということで強行した記憶が蘇ってくる。



いろいろと鳥も見れ、火山列島を目の当たりにして衝撃を受け、さあ東京に帰ろうかというとき。

日も傾き始めた16:30過ぎ。ベタ凪の水面に飽き始めた頃、船首から右の方向へ小さな黒っぽい、やけに変わった飛び方をするミズナギが飛んだ。ファインダー越しに「セグロナギかな・・」と思いながら撮影してました。そのうち遠くへ行ってしまい、撮影した画像を確認しているとき。



リンク先のおでん屋さんが「今のヒメミズナギドリですよね!?」とその場にいた人たちに確認。


えっ?っと思いながら、Mさんが撮った画像を確認すると、たしかに目の上まではっきり白く、体型も寸詰まりで、かわいく見える。



こ、これは大変なことになったぞ。というわけで船上は騒然となった。おそらく洋上での生態写真の撮影は初めて。観察記録はいくつかあったみたいだが。





私はこのときやはり最初にヒメミズナギドリと言ったおでん屋さんがすごいと今でも思う。そして騒然となったあとにビールを買いに行って、プシュッと一杯やった彼の顔が今でも忘れられません(笑)





あとで聞いたところ、私が撮影したとき以外にもそれっぽいのが何羽か遠くを飛んでいたらしいです。それらは見てませんでした。あの時は当たりだったんですかねえ。







そういう逸話を残したヒメミズナギドリの観察記録も今では貴重な話になってしまった。なんていったって、南半球に生息するヒメミズナギドリ(Little Shearwater / Puffinus assimilis)とは別種どころか絶滅したと思われていた新種の再発見ということになってしまったのだから。




私が観察した当時はまだ南半球のヒメミズナギドリが迷行??あるいは小笠原近海で別の亜種が繁殖??とかいろいろ噂されているだけで、はっきりしたことはわかってませんでした。セグロミズナギドリ(オガサワラミズナギドリ)に似ているが、たしかに目の上が白い個体が存在すると。




ですから、私のライフリストには単に「ヒメミズナギドリ」と書いてあるだけで、迷鳥を見た気分でした。それが今回こんなことになって、ただただ驚いています。






ただ残念ながらこの種は有名にはなっても、ヤンバルクイナのように簡単には見れないのが鳥屋さんとしては悲しいところ。私ももう生きているうちに撮影することはない可能性の方が高いかもしれない。



今はまず繁殖地の発見ですねえ。それが結局保護にもつながりますから。調査時にもネズミの侵入がないようにほんとに気を付けないといけませんね。




色々と思うところはありますが、とりあえずは小笠原諸島に新たな貴重な生き物が加わったことに心から嬉しく思いますし(まだ小笠原諸島で繁殖していると確定したわけではありませんが)、そんな生き物を育んでいるこの生物多様性が高い日本に住んでいることに誇りに思います。

2012年2月 7日 (火)

悪いことした・・


Dsc_3566






どうもこんにちは。いい感じで生きてますよ。鳥見は行ってません、というか行けないですが、そのうちでぃーぷな鳥見してくるので大丈夫です。


まあ銚子とかは久しぶりに行ってアイスランドなんだかカナダなんだかで悩みたいとは思いますが、無表情なレアで白くてでかい鳥はいいかなあって思うようになりました。いろいろブログとか見てるうちに、見たもんだと錯覚を起こしつつあります・・。なんか状況が容易に想像できる(笑)ぶっちゃけ、なんの面白みもない鳥だからねー。西表で見た時ののんびりとした美しい情景を残しておいてもいいかと思う今日この頃。




最近大学のほうでやっとやる気を感じるようになったので、なかなか鳥見には行けないんですよね。それに加えて休日は都会のど真ん中でせこせこと小遣い稼ぎ・・・。





まあこんな感じで無駄に寒さばかり感じている毎日ですが、先日修理に出していたS社の望遠レンズが戻って来ました。さすがアフターサービスが良いと評判だけあって、5日ほどで返ってきました。



で、早速作動させると・・・



うおー、AFちゃんと動くやんΣ(゚д゚;)





スーっと動き、ピタっと止まり、動体には小刻みに反応し続けます・・・。



まあ、本来はこうなのでしょうが、まさか私に初期不良品が来るとは思ってなかった&認めたくはなかったので、えーっいMFを極めるんや!ってだいぶ前に思ってから台湾に2回も連れてったし、大苫も一回、飛島も一回行ったわけですが。。





まあ、というわけでですね、はじめの頃にAFをぼろくそ言ってましたが、普通に故障というか初期不良でした。すみませんでした。名誉毀損で訴えられないか心配だが(笑)


鳥見や、晴天時などはまだ試してないですが、50-500はなかなかAFも早いと思います。精度もいいかと。ですので、安心してください。


AFのモーターがカタカタ言い続けて永遠に迷っているのが典型的な不良品の症状なので、そういうときは素直に送ってしまえばいいかと思います。






トップの写真は台湾でのひとコマ(ミルワームじゃないよ)ですが、このときは頑張ってMFでやってて、ピント来てると喜んでましたが、これからはこれが当たり前になってほしいですね。。





同じような価格帯でヨンゴーロク、サンヨン+テレコン、50-500の3つあたりで悩まれている方も世の中多いとは思いますが、50-500は汎用性とVR付きというのが大きなアドバンテージなのは変わりありません。AFはそこまで遅くはないと思います。

表現力重視で、そこまでいろんなフィールドに出ずにのんびりと軽量でやるならやはり前の2つですかねえ。


ジャングルも航路(これを入れるかどうかは大きい)も小鳥も猛禽も、さらには鳥以外もという方には悪くはない選択かと思います。あと、鳥との距離が近すぎる状況。これが結構大きいんだ・・・。後退りできない状況で目の前に変なムシクイ出てもゴーヨンとかなら撮れずに悔し涙を流すだけですからね。。



次の海外でも頑張ってもらおうと思います。結構湿度ヤバそうだなあ。









2012年2月 3日 (金)

大洗~苫小牧航路 11/4




さて、レンズを修理に出していて、鳥見に行く気がない今日この頃です。目下海外の鳥の勉強中。いやはや英名一本で覚えるか、和名も覚えるかでいつも悩むんですが、結局どっちもやっちゃうんですよね・・。なんか無駄な気がするが、やめられない。

海外レポート読むのも疲れてきたので、たまにはブログでも。といっても今年はネタがまだないので、去年残したやつでも。





昨年11月上旬、ミナミオナガや大量のトウゾクでも見たいなあという思い+一眼を航路で試したかったので、一人で大洗苫小牧とんぼ返りを久々にやってきました。2年半ぶりくらい。平日だったので鳥屋さんはもちろんいなかった。乗客もほぼ100%ドライバーさん。




人身事故でヒヤヒヤしながらも水戸に到着し、予定通り乗船。まだ震災の影響があるみたいで、徒歩で乗船しました。



久々の深夜便にわくわくしながら、簡易ハウジング作ってからさっさと寝る。





翌朝は6時前から甲板へ。




Dsc_9150

6時過ぎに日の出。まだ仙台湾手前くらいかな。




まあ予想通りこのへんは暇人。



Dsc_9184

マガモ。



スズガモも群れで飛んでました。





Dsc_9197

ミサゴ。


なんでまたこんな大海原を飛んでるのかね。♂かな。沖合で見るとは思わなかった。







Dsc_9217

ウミネコ。


暇だから撮ってみる。







Dsc_9289

オオミズナギドリ。


ミナミオナガミズナギドリとオオミズナギドリの識別で「オオミズナギドリの翼上面は一様に黒褐色で、M字斑は出ない」と書いている図鑑がありますが、あれは大嘘ですね。

オオナギでも形は悪いが、Mは出ます。おそらくwornな個体なんでしょうけど、結構います。近いとわかりやすいが、遠くを飛んでいるのは、ミナミオナガを見たいと思っていると誤認につながる。下面も遠いと微妙なことが多い。






Dsc_9320

「典型的な」感じのオオミズナギドリ。







Dsc_9352

換羽中だとこんな個体もちらほらと。




航路に乗る機会の多い、春と秋にはこういう羽衣も多く見かけるので、珍種を狙う場合は要注意。







Dsc_9362

オオセグロカモメ。


なかなか近い。







Dsc_9363

1wですかねえ。

もうしばらくカモメは見てないので、なまりになまっている。


レンズ戻ってきたら銚子行きたいなあ。誰か行きませんか?








一時間以上前に魹ヶ崎は通過しているのでそろそろかなと思っていると、




Dsc_9385

フルマカモメ。



やっとこさフルマ。これが出てくると北に来たなあと思うわけです。同時に寒くなる。






Dsc_9397

フルマカモメとウミネコ。



結構久しぶりに見たと思う。






Dsc_9406

なんだか知らないけど、MFだとなかなかピント来ませんね・・。

返ってきたらAFが使えるようになっていてほしい。






Dsc_9416

なんとも言えない存在感ですね。

ミズナギっぽい形ではないが、飛び方はミズナギ。







Dsc_9463

ミツユビカモメとか。


アカアシも密かに狙っていたが、確認出来る範囲では無理だった。まだまだですね・・







Dsc_9545

ハシボソミズナギドリ。



黒いのは全部フルマと思ってると、痛い目にあうかも。

このとき気づいていたかどうかは不明。まあ気づいてなかったような気がするが(汗)







Dsc_9558

ミナミオナガミズナギドリ。



気づいてなかった第二弾。

かんなり微妙なアングルですが、確かにミナミオナガ。

寝る前に気づきました・・・。いやあ、でも逃げていく姿だけってのは難しいですよ、たぶん。





まだ鮫角灯台は通過してないようだが、ぱらぱらとこういうのが混じるということはいい海域に入ってきたのかも。大きな群れはまだだが。






Dsc_9584

ハシボソミズナギドリとトウゾクカモメ。


トウゾクも増えてきた。このハシボソはきれいですね。年齢はよくわかりません。幼鳥なのかな。







Dsc_9602

相変わらずバンド付きオオナギが遠くを飛んでいる。






Dsc_9621

フルマカモメ。


暗色型というのかもしれないが、嘴が白く抜けて見えると不鮮明な写真では他種とややこしいかも。まあバランスがわかっていたら大丈夫ですが。







Dsc_9735

コアホウドリ。


コアホウも増えてきた。ただ、風が無いので、遠ざかっていく個体ばかり。








Dsc_9752

ウミスズメ。


こうやって潜っちゃうわけですよ。





ウミスズメは見られたが、他にはウトウらしきものを見たぐらい。やはりまだ時期が早いか。







Dsc_9808

トウゾクカモメ。


まあ、秋の航路の醍醐味の一つはトウゾクなわけで。近くを飛んでくれるとずっと連射ですね。


下雨覆がそれほど縞々していないので、1年目とかではないと思うが、やはりエイジングは私には無理。






Dsc_9813


2年目か3年目あたりかなと思うが、よくわからない。これだけ写っていたら、知識さえあれば年齢もわかりそうだが。


肩羽あたりの羽縁が気になりますね。


あー、初列抜けそう。トウゾク類の初列何枚か持ってますが、それはそれはいい羽ですよ。構造からして普通のカモメ類とは違うんですね。そりゃ、あんな飛び方できるわけだって感じの羽軸です。



大海原にはいろんな鳥がいますが、意地でもフェリーを追い越そうとして、追い抜けるのはトウゾクぐらいですからね。飛翔力がちゃいます。






Dsc_9856

コアホウドリとフルマカモメ。





さて、鮫角灯台を通過すると鳥は多くなってくるわけで。








Dsc_9863

こんな感じでコアホウとフルマの群れがいくつも。







Dsc_9883

コアホウドリとクロアシアホウドリ。


多いのは結構なんだが、ただアホウが混じってないというのは残念・・・。







Dsc_9918_2

コアホウドリの乱舞。


いいっすねえ、遠いけど。航路探鳥は鳥が多いととりあえず幸せな気分になれる。







Dsc_9928

船と併走するのを諦めた瞬間。



このアングル好きだったりします。






Dsc_9947

大量のオオミズナギドリ。


スコープで見た限り、ミナミオナガはいなかった。


まあでも、少しはいたでしょうね。一人だとこういうのは諦めるしかない。







Dsc_9984

クロアシアホウドリ。


普通種だが、コアホウよりも若干嬉しい。







Dsc_9992



併走を諦めた。この反転する瞬間がまた綺麗でね・・・。






イイ海域にはこういうのも。







Dsc_0051

体表にキズがあるからハナゴンドウかな?と思っていたが、ハナゴンドウにしては背びれが丸いんですよね・・・。






Dsc_0054

ほら、奥の個体、キズ目立ちません?


ハナゴンドウの幼獣かなと思ってますが、ご意見募集中。



→コビレゴンドウでは?とのご意見をおでん屋さんからいただきました。ありがとうございます。詳しく調べる機会がありましたらその点も考慮に入れて見ていこうと思います。









Dsc_0058

じゃあ、これは?


もう私にはわかりません・・・。一頭なんだか複数頭なんだかも不明。




そろそろ図鑑買おうかな。

図鑑あっても難しいとは思いますが。よく航路ではクジラやイルカは見るんですけどねえ。




Dsc_0062

ウミスズメが逃げて行ったり、相変わらず鳥もいる。



カンムリウミスズメではないかとのご指摘を頂戴しました。おでん屋さんありがとうございます。








Dsc_0100

コアホウドリ。


本日のベストショットかなと。逆光もいいでしょ。一眼に移行してから、逆光の表現力が強いなということに気づいたので、どんどん撮ってます。








Dsc_0109



そんなわけで尻屋崎沖くらいで日の入り。




この日はいい天気でしたが、風は弱く、鳥は遠かった。明日はどうなるか。


苫小牧に入港するも一人だと回転寿司もいけないので、寂しく弁当でも食べる。これがまた暇なんだ。まあこれを承知で来てるからいいですけど。





この感覚懐かしい・・・。一瞬で北の大地を去るというね(笑)






続きはまた今度。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.―)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm(2011.12.-)、SIGMA 17-70mm(2015.7.―)、Nikon 200-500mm(2017.6.―)
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ