« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月27日 (日)

台湾 8/19前編

更新が滞ってしまいすみませんでした・・。何かあったってわけではないのですが。噂のカモは今週見に行ってきました。


さて、航路やカモのことを書いてもいいんですが、久しぶりに台湾のことでも書こうかと。訳が分からなくなっていると思うので、全て終わったらまとめ記事を書いておきます。そこから各日付に飛んでください。




8/19の話です。この日は朝の9時前まで阿里山で探鳥して、それからは下界に下って一気に台北まで帰ろうという予定です。というわけで阿里山は最終日。残っている種ははたして見れるだろうかということでこの日も早朝から。



昨日は御来光を拝みに行っていたので、ホテル周辺はだいぶ日が昇ってからしか見れなかったので、今日ははじめからホテル周辺で。





Dsc_4190 ハシブトガラス(亜種タイワンハシブトガラス)。


朝早すぎて無理やり補正しているので色が変ですが、形態はなんとなくはわかるかと。亜種リュウキュウハシブトガラスに雰囲気は似てるかと思います。台湾ではカラスは少なく、本種は山あいの方に生息していて、あまり人目に付くところには出てこない感じ。朝夕は結構見られましたが、昼間は見た記憶がない。



台湾の亜種Corvus macrorhynchos colonorum は中国にも分布し、どちらかというと大陸系に近いので、将来的には日本のハシブトガラスとは別種になるかもしれません。すなわち、亜種ハシブト(japonensis)・リュウキュウハシブト(connectens)・オサハシブト(osai)をJapanese Crow(Corvus japonensis)に、亜種チョウセン(mandschuricus)・タイワン(colonorum)・macrorhynchosをLarge-billed Crow(Corvus macrorynchos)にスプリットしようということです。こうなったら、対馬のハシブトも別種になりますけどね。




Dsc_4196 カケス。

怖く写ってしまいましたが、かわいく見える時もあります・・。


このカケスも亜種Garrulus glandarius taivanusで、日本とは別の亜種で、時にHimalayan Jay(Garrulus bispecularis)の亜種G. b. taivanusとされることも。

カケスの場合は将来ヒマラヤ系、日本系、中国・ロシア系の3種にスプリットされるかもしれませんね。そうなると、北海道のミヤマカケスは本州・佐渡・九州・屋久島のものとは別種になります。





Dsc_4226 アリサンヒタキ。


おそらく♀だと思いますが、♀タイプというとこでとどめておいた方が無難かもしれません。






Dsc_4227

背面はこんな感じです。ううん難しい。





なんかあまり鳥いないなあと思いながら、歩く。ホテルの前まで来ると






Dsc_4263 アリサンヒタキ♂。


夜灯りに来ていた蛾でも食べに来たのかな。かなり綺麗な鳥ですね。なかなか写真は厳しいですが、見れて良かった。




Dsc_4270


多くのカメラマンが思うような、いい感じのところにはあまり止まらない・・



台湾にはヒマラヤとの共通種も多いですが、この鳥は台湾固有種。





来る前はうじゃうじゃいるかと思ってましたが、そんなことはなく、運が悪かったら見れないかもしれないぐらいの数しか見なかった。季節にも依るのだろう。





残りの見てない種を探すべく歩きまわるが、なかなか気配がない。






Dsc_4305 シマドリ。







Dsc_4313 ズアカチメドリ。







Dsc_4319 メジロチメドリ。





うーむ、この混群にもアリサンチメドリは混じってなかったか・・・。時期なのか運なのか、よくわからないが、他の方の話を聞く限り、時期な気がする。




結局ホテル周辺ではアリサンチメドリ、タカサゴウソ、シロクロヒタキなどの話に聞いていた種は見られなかった。8月はこんな感じなのかもしれない。普通の人は来ませんからね。




昨日撮影できなかったミミジロチメドリでも。



Dsc_4335 ミミジロチメドリ。


結局イマイチ写真しか撮れんかった。かなりけたたましい声で鳴きます。この場所でしか見かけなかった。こういうことがあると他の種もポイントがあるのかもしれませんが、なかなか数日の日程では厳しいです・・。5日あればかなり潰せる気がするが。







急いでホテルに戻って、最後にちょろっと。





Dsc_4354 カンムリチメドリ。






結局狙っていたアリサンチメドリ、シロクロヒタキは見れませんでした。その他もいろいろ落としてますが、この2種は話に聞いてたんで、やっぱりくやしいなあ。まあまたの機会ですね。





てなわけで、タクシーで一気に高鐵嘉義駅まで下る。途中の記憶はほぼないが、あまり寝てはなかったような気がする。




嘉義に着いたのは10時半過ぎくらい。で、高鐵嘉義駅の前には開発を免れた(というか、どう開発しようか迷って、とりあえず放置してる感じ。将来的には駐車場とかになるのかもしれないが)広場があって、そこそこ鳥がいる。フェンスで囲まれた湿地はあまり見れなかったが、街路樹が生えている広場だけでも基本種はいる。





Dsc_4364 ベニバト♂。



まあここではキジバトよりも多い。台湾の農耕地や郊外ではキジバト<ベニバトなのかも。






Dsc_4380 タカサゴモズ。


西表島で初見したときはかなり興奮していたのが懐かしいが、ここではかなり近くで撮らせてくれる。ただ、台北周辺では見なかった。






Dsc_4392 オウチュウ。


どういう年齢なのかとかはわからないが、たぶん最外側尾羽が旧羽で、他の内側尾羽が伸展中。こういう換羽中のオウチュウは結構見かけたが、イメージが違ってたりするので一瞬なんだ??と思うことも。



てか、でかい。30cmですからね。国内では恥ずかしながら見ていないので、この時が初見だったわけですが、もっと小さいと思っていた。タクシーの中から田んぼの電線に止まったり、飛び立ったりしているのを見たときは一体なんの鳥なんだ!?と思った。オナガに動きは若干似ている。やはりカラスに近いんでしょうね。







Dsc_4398 オウチュウ。


こんな感じで何羽も。しかも近い。






Dsc_4406

けたたましく鳴きます。タイワンオナガには負けますが・・。






Dsc_4412 スズメ幼鳥とベニバト幼鳥。



ベニバトの幼鳥が可愛すぎ。なんじゃこりゃ。




こんな感じで楽しい場所です。30分くらい余裕があればベスト。電車の発車時刻までの暇つぶしにどうぞ。




次回は台北。



2011年11月10日 (木)

飛島~秋の渡り~10/10

いたって普通に生活してます。極端に忙しくもなく、暇でもなく。フィールドには出てないですが。比較的近くに珍鳥来てますが、まだいいかな~って感じです。小鳥系の珍鳥が見たひ。




てなわけで、一ヶ月経ってしまいましたが、飛島の話。最終日で、最終回です。




10/10。この日は風が比較的強く、島の人に聞くとたぶん早く船が出るとのこと。実際そうでした。ですので、鳥見は10時半くらいまで。








校庭は特に何も。ハヤブサとかサツマノミダマシとかキボシカミキリとか。あと、ソニーのサンニッパを初見した。




ヘリポもシラガホオジロがいるぐらいで、キアオジはいない。初日に比べれば鳥はけっこう減った。





畑のほうへ。



Dsc_8933 カラスバトとヒヨドリ。


何気に飛島でカラスバトを撮影したのは初めて。必ずと言っていいほど毎回毎日姿は見るが、飛んでいく姿がほとんどで、なかなか撮影は難しい。ハリギリを食べていて、比較的長く観察できた。





その後ノドアカツグミのいたところへ行ってみるが、今日はいない。抜けてしまったか。






しょうがないので畑を見てみる。



ただ鳥が少ない。



Dsc_8973 チゴハヤブサ。


今日も相変わらず飛んでました。






Dsc_8990 ツミ。


ハイタカもいた。





Dsc_9010 チュウサギ。


がんばって餌探してました。






さてどうしようかとタロさんと話していると、あの鳥を見たいとおっしゃるので、一緒に粘ることに。今日こそは撮影しよう。






Dsc_9039 メジロ。



こんな感じで来てくれることを期待しながら。







しばらくすると来たが、私は見れず。





30分くらい経過したころまた群れがやってきた。ファインダー越しに白っぽい体下面が確認できたので、とりあえず連写。






Dsc_9054 チョウセンメジロ(Zosterops erythropleurus


撮影できたときはガッツポーズでした。なかなか嬉しかった。ほんの3,4秒くらいしか止まってくれない。タラノキの実を一つくわえたらすぐに飛び去る。もう少しピントが来てて欲しかったが、まあいいです。






Dsc_9058


ただ、かなりわかりにくい個体で、脇が枝にかぶっている写真では茶色が見えないほど。図鑑には若いと茶色が薄いとは書いているが、小さいことに対する記述は見つけられなかったので、単なる個体差か。こんなのもいるんだなあと勉強になりました。いつか典型的な個体も見てみたい。


これでプレッシャーを感じながらいつまでもメジロの群れを入念にチェックしなくてよくなりましたΣ(;・∀・)気負わずに見ることができます。。





残り僅かとなったのでヘリポを最後に見てから帰る。





相変わらずエンベリはいる。





Dsc_9100 シラガホオジロとコホオアカ。


いい感じの雰囲気で撮れました。和む・・。小鳥はかわいいですね。





こんな感じでタイムアップ。宿に戻って、また来ますと挨拶してから急いで船へ。




揺れるし、どうせ鳥はいないだろうということで、はじめから寝る。揺れててなかなか寝れなかったが、無事船は酒田に戻りました。


みなさんにあいさつしてから我々はスパガーデンでまったりしに行く。


夜の食堂が無くなってて焦りましたが、まあこういうところがあるのはありがたいです。夜行バスの出発時間まで暇つぶし。定刻通り夜行バスに乗って翌朝新宿に着いて、数時間後には現実に戻って講義。。



今回は個人的には非常に充実していてかなり楽しめました。島で一番楽しんでたんじゃないかと思うぐらい。行ってほんとに良かったです。






2011年11月 6日 (日)

水戸までが大変で、乗ってしまえばうはうはな件

Dsc_9558 ブラーさんのみずなぎどり。



結局乗っちゃいました。半日ものあいだ散々迷った挙句、出発2時間前に「もういい、行く。行くぜ!」って感じで無理やり予約。予約したら行かねばならんので、急いで準備して気付けば電車のなか。


しかしまあこんな時に限って田舎(失礼)で人身事故なんぞ起こるもんで、常○線がダイヤ狂ったり、ひやひやしながらなんとか水戸へ。だから電車は嫌いなんだよう・・

みなさん、死にたくなっても電車は止めないでください。心からのお願いです。お願いします。



船に乗ってしまえばこっちのもんで、久々の深夜便に懐かしい感じ。海鳥目的でトンボ帰りやるのは実に約2年5ヶ月ぶり。このブログの最初の方の画像の載せ方わかってなくて見にくい記事のときですね。まだらしろはら。


あの頃から比べると今では一眼レフも入手したし、いい条件ではあるんですが、やはりドキドキ感は変わりませんね。やべー、いっぱい居過ぎてわけわかんねーっていう焦りや困惑、ああどうせ今の群れの中に○○いたんだろうなあという諦めなどを覚えつつも、証拠をゲットできたときや、船に接近してくれたときの嬉しさもあるわけで。。

私は船自体も好きなんで、なかなかに至福の時間ではあります。船旅はいいですよ~



ゴミ箱行きも含めて大量に撮影したものから抽出してブログにするにはかなりの時間が必要と思われますので、気長にお待ちください。すみません。今年中には(笑)




ってなわけでまたレポートや実習を消化しながら、鳥見の計画や妄想をする日々がつづく・・・



2011年11月 3日 (木)

飛島~秋の渡り~10/9 後編

双眼鏡購入諦めました・・・

旅の費用と機材にかけるお金を天秤にかけるとやはり今は旅のほうに傾いてしまうんですよね。学生はしょうがないと思います。と言い訳しておきます。

どなたか口径30mmクラスくらいで、8~10倍の双眼鏡を使っていなくて、譲ってくれる方いらっしゃいましたらぜひ私にΣ(;・∀・)


観察が大切なのも十分承知しているんですが、なかなか魅力的な場所への鳥見旅行費用には勝てないわけで・・。





さて、飛島の続き。



2日目の昼過ぎです。カキの木のそばで、ある鳥をあてもなく待っているとIさんからメール。これは!ということで直行します。





Dsc_8648_2 ノドアカツグミ(Turdus ruficollis)♂1w。


いや~やっと見れました(^-^;分布的に海外で見るのもアプローチが難しそうなので長らく憧れていたんです。まさか今回見れるとは思っていませんでした。Iさん情報ありがとうございました(´ω`)Nさん、Aさんにも感謝いたします。






Dsc_8659

背面はこんな感じできれいな灰色。ただし、条件があまり良くないので色はなかなか出ない・・。



Dsc_8674


上尾筒も下尾筒もまさにって感じですね。♀ではないので一瞬でわかりますが。





Dsc_8675

ひたすらハリギリの実を食べてました。



いやはやいい鳥見れました。写真は条件があれなんでなかなかうまくは行きませんでしたが、こちらに素晴らしい写真があります。






Dsc_8698


一応下雨覆の赤褐色も・・






混んできたし、がやがやしてきたので退散してまた柿の木に。





でもなかなか出てこないのでコヨシキリと遊んでみたり。





Dsc_8719 コヨシキリ。


鳴き真似が簡単なのでいいですね。







Dsc_8721 メジロ。



・・・ただのメジロしか来ない。で、そのうち同じ個体ばかりが来ていることに気付いてしまったので、場所移動。





Dsc_8724 オナガアカネ♀。


微妙に赤いが、赤色型というほどではないかも。





いたという別の場所に行くと、待っておられる方が。何分かおきに出てくるという。




待ってると、



いたいた!カメラ、カメラっと、ってあ、どっかいった・・・



なんとまあ素早い。ばっちり脇の茶色は確認したが、どうも写真がないと後味が悪く、本当に見たのか怪しくなってくる感覚に陥ってしまってよくない。一瞬すぎる・・、オ○ヨシ○イ並みやん。


よし、はじめからカメラ構えてファインダー越しに見つけりゃいいんだ、ということで待つが、もうメジロの群れが来なくなってしまった。うーむ、また明日かな。。





ってことで新たなる鳥を探し求めて移動。




なんか撮っておられる方がいたのでお聞きすると、なんと






Dsc_8740 コミミズク。


こんな場所にいるのは初めて見ました。コミミズク自体もひさしぶりですが。






Dsc_8745


一番枝かぶりがマシなのでこれ。まあ仕方ないですね。コノハズクならもっと良かったけど。






なんだかんだでヘリポに来てしまった。





Dsc_8764 コホオアカ。


なかなかに好きな鳥であります。







さて、うまい具合に草の中を他の方が歩いてくれ、私は少し離れたとこから見ていると







Dsc_8766


なんかちっこくね?




Dsc_8767



ほお。





Dsc_8777 シベリアジュリン。



こりゃ噂のしべじゅですな。かわゆい。



もう少し近づきたかったが、これらの証拠写真を撮るとすぐにどっかいってしまった。


じっくり見たかったが、また次の機会ですね。






Dsc_8801 ノジコ。


今回はエンベリだけでも10種以上はいた。






Dsc_8811 シラガホオジロ。

いい鳥ですよ。うむ。




Dsc_8816 おなじく。



なかなか芸術的な写真は撮れませんでしたが、前回秋に来た時よりはマシなのが撮れたので良かった。







Dsc_8835 オオジュリン。


てっきりシベジュかと勘違いしててよっしゃって思ってたんですが、酷い妄想でした・・

我ながらひどすぎた。猛反省してました。思い込みはよくない。






Dsc_8839

やっぱ見慣れた顔だ。。







この後うろちょろしながらもそのうち日暮れ。そのうち晩御飯。珍味をちみちみいただきました。まちばりで食べるとか洒落てますね。ヤドカリ一匹入ってて笑った。




やっぱり夜は釣り。



この日は最初にヒットしたが、直前でばらしてしまい、その後イマイチだったんで、別の場所に行ってみると、結構エギングしてる人が。中にはかっちょいいベストやタックル持ってる人もいたが、全然釣れてないみたい。格好だけかいな( ´_ゝ`)




なんかその場所はあまりよさそうじゃなかったので原点に戻ることに。




したらやっぱキター





Dsc_8861 アオリイカ。



どうよ、こんなキシキシ言う(タロさんすみません)リールや短いロッドでも釣れるんやでおっさん。という感じで横のかっちょいいおじさまに見せてあげました。ま、サイズはかわいいけどね。






このガチで釣り!ではなくて、鳥見のついでにちょい釣りで成果を上げる感覚がたまりません( ´・ω・`)


なかなか今夜も楽しめました。タロさんタックルありがとうございました!



この日も宴会に招待していただき、みなさんとお話。いやあ飛島はいいところです。実感しました。将来今よりも飛島から離れた所に住んでも定期的に来たくなるようなところです。





あと残すは最終日です。





« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.-)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm F4.5-6.3 APO DG OS(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm f/3.5(2011.12.-)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ