« ボルネオ 3/8中編 | トップページ | 台湾 8/17前編 »

2011年9月 2日 (金)

ボルネオ 3/8後編

旅行中以外は元気がなくて、よろしくないひたきです。


学内だけでぼくを知ってる大半のひとはたぶんおとなしい、とくに主張のない、他人に合わせるタイプのどうってことない人間と思ってるんだと思いますが、旅行中やどっかに鳥見に行くときはすごーく活き活きとしてます。テンションも高め。ところが困ったことに日常生活にはまったくといっていいほど面白味を感じてないので、いつも一定のテンションを保ちながらなんとか生きてる。敷かれたレールに沿って、脱線しないように運行するのみ。近頃はそういう直線的かつ勾配のないつまらないレールの上に戻された感じ。研究?はあ。まあぼちぼちやるよ。たぶん。気が向いたらね。別にまじめに勉強して単位とりゃあそれでいいと思うんだ、ぼくは。趣味の方が何倍も情熱を傾けられる。








てなわけで、キング・クリムゾンのRedでも聴きながら更新と。


ボルネオの3/8の夜の話。この日はクンダサンでの最後の夜。雨が降っていたが、ホテルの周りの灯りを見て回る。






P1380668 アワフキムシの一種かな。

変な格好ですが、他にボルネオ行ったひとのブログとかにも登場してるので割とよく見られるんでしょうね。






Cyana_malayensis_f Cyana malayensis

の♀らしいです。アカスジシロコケガのさらに派手なバージョン。






Maybe_monobolodes_parvinigrata Monobolodes parvinigrata (maybe)


フタオガ亜科だろうが、よくわからんです。






Drapetodes_nummularia Drapetodes nummularia (probably)


たぶんそうだと思うのだが、なかなか難しい。でもきれいですねえ。







Maybe_simplicia_niphona Simplicia niphona (maybe)


本種だとしたら、オオアカマエアツバになる。一応ボルネオにも分布してるらしいので、可能性は高いと思ってます。






P1380686

ヒグラシに似た感じのセミ。種不明。なんかきちゃない背景ですが、雨粒がはねてます。







Eucyclodes_albisparsa Eucyclodes albisparsa


シロフアオシャクの近縁種。美しい。




Cyana_conclusa_f_or_maiae_m Cyana conclusa ♀ or C. maiae ♂ ?


後者のような気がしなくもない。この類も日本よりもはるかに多い。





Creatonotos_transiens Creatonotos transiens


これはハイイロヒトリ。西表島でも撮影した記憶があるが、亜種は違うんだろう。





P1380698

残念、わからなかった。きれいなんですが、なんの仲間だっけな。ある程度絞れないと同定むりぽ。






Pingasa_chlora Pingasa chlora


オオシロアヤシャクとかに近い。





Athetis_thoracica_m Athetis thoracica ♂


オスキバネヨトウ。日本でも記録があるらしい。







あ、Red終わっちゃった。これ書いてるときに聴いてる音楽のはなしね。Starlessいいっす。ジャズでもフュージョンでもない。実験的な曲もあるが。お次は太陽と戦慄でも聴こう。

だいたいぼくはクリムゾンじゃなくてピンクフロイド派(というか一番好きなバンドがフロイド)なんですが、たまには違うのを聴くのもいい。



こんな話同年代にしてもはあ?ですが、50代の読者の方ならわかるかも。







Spilosoma_groganae_m Spilosoma groganae


ボルネオのみに分布らしい。ヒトリガの仲間も案外好きだったりする。雰囲気がなんとも言えない。






Psilogramma_menephron_2 Psilogramma menephron



広域分布する大型のスズメガ。英名は Privet Hawk Moth と言うらしい。







P1380712

よくわからんけど、クロイワゼミに近縁なのだろう。キナバル山周辺では割と見られるのではないだろうか。美しい緑色のセミ。






P1380714


これもまたでかいセミ。クロテイオウゼミかとも思ったが、それならもっとでかいはずなので違う。種不明。







Mixochlora_argentifusa Mixochlora argentifusa


これまたきれいなアオシャク。他には以前載せたカギバアオシャクの近縁種など。






Arthroschista_sp Arthroschista sp.


比較的大型のノメイガの仲間。キナバル公園内でも見られたが、種の同定には至らなかった。かなり美しい。






Maybe_alcis_praevariegata Alcis praevariegata (maybe)


正直よくわかりません。エダシャクはむずい。







Hylophilodes_dubiaHylophilodes dubia


たぶん。リンガのなかま。







Gastropacha_leopoldi Gastropacha leopoldi


なかなか風変わりなカレハガの仲間。展翅した写真をウェブで見ると、こんな生態写真よりもそっちの方がかっこいい。






P1380750


コウラナメクジの仲間だかなんだかよくわかりませんが、色は派手。






Teulisna_plagiata Teulisna plagiata


ボルネオにしかいないらしいコケガの仲間。







こんなところです。ガの羅列はこれで終わり。ボルネオでもガがいっぱい見れたのはキナバル山周辺だけだった。なぜかキナバタンガンではそこまで。



今回同定で参考にしたのはThe Moths Of Borneoという、図鑑をウェブで見れるようにしたサイト。ただ、一部見れない所があったり、写真が拡大できないなどの不便はあるが、根気よく探せば、ボルネオで撮影してきたガを同定できることもある。




« ボルネオ 3/8中編 | トップページ | 台湾 8/17前編 »

ボルネオ/Borneo2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235809/41461671

この記事へのトラックバック一覧です: ボルネオ 3/8後編:

« ボルネオ 3/8中編 | トップページ | 台湾 8/17前編 »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.―)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm(2011.12.-)、SIGMA 17-70mm(2015.7.―)、Nikon 200-500mm(2017.6.―)
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ