« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月26日 (金)

ボルネオ 3/8中編

早くも頭の中の80%は次の海外のこと。。


日本で鳥を最近見てないひたきです。タイミングが悪いのもある。ちょっとすねてます。



いや、日本の鳥が嫌いなわけじゃないんですよ。好きです。でもこの僕を体の芯から興奮させる、楽しませるような出会いが海を越えると果てしなく、山のようにあるんです。同時期の日本の10倍くらい。そのことに幸か不幸か気づいてしまった・・・


日本にだってまだ行ってないところはたくさんあります。でも、ベストの時期が学生の休みと合わない。4月の与那国も、GWのトカラも(これは行きにくいから)、5月中旬の対馬も、6月の北海道も、梅雨明けすぐの沖縄も、10月の与那国も。。。全部今の私には無理。

2~3月の春休み、GW、8~9月の夏休み、12~1月の冬休みに行けるとこは可能な限り行ったし、それなりの成果は上げた。つまるところ、新たなシチュエーションを国内で求めるのはもう学生の間は無理なのだ。働きだすとさらに無理になってくる。だから今、海外が自分の中でアツい。





ふだんのちょくちょく鳥見もままならなくなった今年度、そういうもろもろを爆発させるのにも海外に行くのは最適なんだと思う。鳥だけじゃなく、異文化に触れるだけでも最高に楽しい。これからもお財布と相談しながら隙を見て海外に逃亡しようと思う。人生楽しまないと体に悪い。







というわけでそう思うきっかけとなったボルネオの話の続き。鳥のハイライトはまだまだ。途中に台湾はさむ可能性もありますが。





というわけで、3/8の午後の話。昼食はポーリンの公園の門のすぐ外にある食堂でナシゴレンと100プラスだかを注文した。



蝶屋氏からうらやましい話を聞かされた私は午後は公園の外に行くことにする。鳥もどうせ期待できないからチョウに集中しようと思った。







P1380377

クロタテハモドキ。


もっとも普通に見られる。表も裏も地味そのもの。






P1380391

キゴシタイヨウチョウ。


ベニとかアカとかにすればいいのにと思いますが、そう上手くもいかんのです。






P1380393


アタマスフタオ。




蝶屋に急かされて撮った一枚。FZだとこんなもんだが、今なら急かされてもそこそこの画像はゲットできるぜい。そういえば、もうこれすでに採ってたと思うんだけど、網屋さんて同じ種でもできるだけ数を多く採りたいんですかね。雌雄差や個体変異を楽しんだり、状態違うのを集めるのに加えて、明らかに似た個体を集めてる場合も多いと思うんだけども、そこんとこの感覚が僕にはどうしてもまだ理解できない。僕はチョコエッグとかでダブるとたとえ塗装が若干違っててもくそー、158円(だっけ?)どぶに捨てたーと思ったもんだが・・・。あれ、少し違う?(笑)世にも不思議な虫屋の生態。







P1380411

アカナガイトトンボ( Pseudagrion pilidorsum

だと思われ。





Rodothemis_rufa


Rodothemis rufa

だと思う。






P1380435


Cratilla lineata



前に載せたこれと同一。






P1380488


スジグロカバマダラ。





Ideopsis_vulgaris


ブルガリスヒメゴマダラ。


リュウキュウアサギマダラに似てますが、日本にはいない。







午前中蝶屋が撒いたエビはまだ効果を発揮してるらしく、ちょくちょくチョウは来るみたいだが、少し時間を空けることにして、その辺をうろうろ。


しばらくして戻ると、戻る途中にシロチョウみたいな素早いチョウが飛んできた。そのうち草に止まった。→これ





しばらくして飛び去ると、ああ、残念と思っていたが、エビに戻ると、エビの近くに来ていた。






Dscn1563


アゲテスオナガタイマイ。

黄色いのはパンダシロチョウ(Saletana panda distanti )。種小名がパンダなだけで動物園の人気者とは関係なさそう。







P1380523


ハチの仲間は肉を持って行ってるみたいだった。





P1380570


これがアゲテスオナガタイマイの表。



この通りほぼ真っ白なので、飛んでると素早いシロチョウに見える。美しいの一言です。




横からは→こちら






とまあこんな感じで私は十分に撮影でき満足。魅力的なちょうちょでした。エビさんにも感謝。







最後に見つけたのは



P1380605


シロスソビキアゲハ。


右の尾状突起が欠損してますが、初めてのスソビキアゲハに感動した。次はアオスソビキアゲハを見たいもんです。この個体は単純に吸水に来たようだった。







わけあって、もう一回キャノピー。




P1380617


ムカシヒカゲ。



なかなかおしゃれなネーミングで、大きいし、暗い所にいることが多いので雰囲気あります。







P1380621


サメビタキ。


冬鳥らしい。多くはないらしい。



熱帯っぽい鳥が見たかったが、なぜか日本の鳥が。







もう夕方なのでラフレシア見て帰ることにする。




P1380641


Rafflesia keithii


のつぼみ。なんとも言えない雰囲気でしょ。きもいといえばきもい。






P1380655


こちらが開花してるもの。直径は50cmぐらいでした。臭いは感じませんでした。一見の価値はあると思います。






後編は夜のガとか。



2011年8月24日 (水)

ボルネオ 3/8前編

もう半年近く前の話ですが、ここぞとばかりに更新です。完璧にOFFでないとこんなめんどくさいブログなんか書く気にならないわけで。あと何日かは貴重な完全OFFの時間。今日も自宅は異常なしでした。



ってなわけで、ボルネオの続き。台湾行ってきましたと言っといてボルネオとは読者の皆様をなめてるとしかいえないですが、まあそこは大目に見てください。






3/8はクンダサンのホテルで目を覚ました。が、一面霧だったので二度寝。8時過ぎに再び目を覚ますと晴れ渡り、目の前にはキナバル山の雄姿。



この日はクンダサンからラナウを越えて、ポーリンに行くことに。温泉とキャノピーウォークウェイが一般的には有名で昔日本軍が温泉掘りました。低地~低山地の生き物が見られます。





その前に同行の蝶屋氏がGraphiumを主目的としたトラップのためにエビさんを買うと言う。shrimpじゃなくてprawnサイズです。んで、ラナウのフィッシュマーケットに寄った。



私は日本人の若者がエビだけ数百グラム買う姿をおばちゃんやおじちゃんに怪訝な目で一緒に見られるのがイヤだったので、外を散歩。





P1380214
スズメ。


今手元にボルネオの図鑑がないので詳しい書き方はできませんが、亜種が違うだけあって、色が濃いような気がする。ここでも普通にいました。





P1380221

ミドリカラスモドキ。


日本の大珍鳥、世界の普通種。

最近台湾行ってからも思ってますが、日本の珍鳥を海外で見てしまうと、別に国内で見なくてもいいような気がかなりしてくる。そりゃあ、眼と鼻の先に出てたら行くでしょうが、アホみたいな交通費や時間をかけてまで行く気にはなりませんな。精神的にも経済的にも非常にいい傾向だと私は思う。実際、見てる時は海外の方が自分だけで気分いいでしょうし。






P1380232

幼鳥。


なんかこう、お近づきになろうと思わない雰囲気・・・。こわい。







エビは買えたらしい。車ん中えびくしゃい。






そしてポーリンに到着。もうだいぶ暑いので鳥的にはほぼ期待できないが、めげずに歩くことにする。蝶屋氏は公園内には入らずに別のポイントへエビを撒き散らしにいくらしい。私はおとなしく鳥見。





P1380234

オレンジハナドリ。


キゴシハナドリモドキの方が個人的にうれしかったが、いなかった。ハナドリの類は地鳴きが特徴的でいいですね。すぐわかる。






P1380240

シロオビモンキアゲハ。



これはねぇ、裏がきれいなんすよ。したがってこれはダメダメ写真。







P1380246


キミスジの仲間でしょう。図鑑ないので詳しくはわかりません。いつか手に入れたいものですが。あ、他の学科の部屋行けばあるかもね。覚えてたら訊いてみよ。





P1380247


裏。

今ならもう少しマシな写真が撮れるんですけどね。







P1380253
イナズマチョウの一種。

これも複数個体いましたが、わからないです。なんかの♀なんですかね。






Dscn1533

シラガシキチョウ。


証拠写真もいいところですが、また一つ固有種ゲットです。







キャノピーウォークウェイに行くことにする。まだ人は少なく一番乗り。


吊り橋までは結構普通な登山道で、チョウは多いが、鳥はやはり時間的にだめ。ここは近くに宿泊して、開くのと同時に入んないとダメっぽい。




P1380268

ドウブレダイトガリバワモン(おそらく)。


ワモンチョウの類は表が素晴らしい模様のものが多いが、本種もそう。なかなか表は撮影できない。あと、大型なので雰囲気もありますね。暗い林内をでかい蝶が飛んでて、紫色とかに光ったら鳥肌モンですよね~。






吊り橋を渡ってみたが、チョウ以外はなにもいない。高所恐怖症じゃないので楽しいですが、生き物屋的にはよくない。




P1380273


美しいが、わかりません・・・。もしかしたら先ほどと同じ種でこっちが♂かもしれないですね。





あー、せっかく金払って中に入ったし、すぐ出るのも気が引けるなあ。でもそろそろ人多くなってきたなあと思いながら、登山道の途中で休んでいると、







P1380276

なんとまあミヤマビタキ!



ロープに突然止まって、数秒私に愛想を振りまいたのち、すぐに上の方へ飛んで行ってしまわれた。結局この1枚のみ。距離は1.3mぐらいだった。たまたまチョウ撮るためにテレコン外してたのでなんとか撮れた。


ここでは数少ない冬鳥らしい。なかなかいい出会いでした。一週間ぐらいまえに10羽ぐらい見ましたが(汗)


もう別に国内で見ずに死んでもいいです。見てもたぶんさほど興奮しない。







人が多くなってきてしょうがないので下ることにする。おばさんと世間話したりして。英語が通じるからいいね。台湾では顔が一緒なもんだから当然のように中国語で話しかけられて困りました^^;北京語とか広東語とかいろいろありすぎて理解や勉強する気はさらさらございませんです。






P1380291

パルダリスオオイナズマ(だと思う)♀。


触角の色だと言われますが。。。はっきり分かる程度には写ってませんでした。ディルティアの可能性も0ではない。







もう終盤にさしかかったところ、木の幹になんかちいさな生命体がいた。






P1380299

ボルネオコビトリス。(Exilisciurus exilis/ Plain Pigmy Squirrel)


ストロボ使わないと写らないぐらい暗いので使いましたが、眼がよろしくないですね。


体長は13cmらしいです。僕はヤマネを見たことないので良く分かりませんが、これよりも小さいんですね。





Dscn1545


デジスコしてみた。かわいいですね。


東南アジアはこういう感じで普通に歩いているだけでも哺乳類が多くいるのでたのしい。種類もそこそこいる。








P1380310

キオビヒメワモン。

誰かが捨てたバナナに来てた。一応ワモンチョウの仲間ですが、小型で、あっと驚くような色彩はしていない。







鳥がおらずしょうがないので、宿泊棟の周りでもうろつく。








P1380322

コゲチャキンパラ。



割といました。






P1380327


とりあえず貼っときます。ボケてますが、後で名前わかったら書き足しておきます。

あとはフチトリベッコウトンボが多かったです。








P1380338


Mabuya rudis / Rough-Scaled Brown Skink


だと思いました。ヨツジマトカゲ(Apterygodon vittatus)かとも思いましたが、模様とむっちり具合が違うような気がした。これはカナヘビっぽい。





P1380352


ミドリヒメコノハドリ。



やっと熱帯の鳥っぽい鳥見れた・・・。なんか他の方のブログやHPに出てくるような鳥は全然見れてませんが、やはり早朝+ガイド付きが理想なんですかねえ。あとはコールバックとかか。つい先日できる状況になったので試してみたいが、テスト対象が乏しいという現実。






P1380358


カオグロクマタカ。


でしょう!たぶん。あまりに遠すぎてきつかったですが、形と模様で。今の機材ならもう少しマシだったのにね。やっぱ一眼すごいです。







P1380369


イアピスヒメイナズマ。


すこしぼろいですが、きれいな個体は以前載せました。






次回は昼食後。





 

2011年8月22日 (月)

伊吹山とか

台湾行く前に久々に行ってきました。この時期は天気悪いですが、久しぶりにイヌワシ見たいし、一眼でどこまで撮れるか試したかったんで。


着いて見るなり悪天候だが、止まってた。



Dsc_2776イヌワシ。

成鳥なのかな。




悪天候なんで、ときどきしか晴れ間が見えないが、曇りの中、遠くで別個体がソアリングしてた。すると、しばらくしたらこっちに向かってきた。





Dsc_2784


暗いので厳しいですが、飛びものなんでSSは1/800を保つようにする。





Dsc_2802


うひょー近えー。真横通ってった。しかも後ろのおっさんかめらまん気づいてねぇし(そこは言ってあげろよ( ^ω^)ノ)


まあこれでも相当良くない写真選んでるんですが、さすが一眼。こんな暗いのにこれだけ撮れるとは。かっくいいねぇ、イヌワシ。





Dsc_2805

ピンボケ写真ですが、この通り上面・下面の模様もわかります。ピンがキテる写真は例によって非公開。すんませんね。ゆるしてくだされ。





その後昼まで待ってみたが、一向に飛ぶ気配がないのでお花でも見に行く。素晴らしく霧でいつ雨になるかわからんので防水じゃない大きなレンズ装着した一眼は封印。雨でも強いFZを久しぶりに使用。




Maeakasukashi

メタカラコウで吸蜜するマエアカスカシノメイガ。


これは少数派なわけで。




Ukonnomeiga

ウコンノメイガ。吸蜜してるのはルリトラノオかな。


こちらは大発生。




P1430025

お花畑。



P1430051

シモツケソウ。




P1430063

シュロソウ。





P1430067

ルリトラノオ。





P1430090

メタカラコウで吸蜜するホウジャク。

ちょっとブレたね。






P1430095

大発生中のウコンノメイガ。




Probably_himehutatentsutoga

ヒメフタテンツトガ。おそらく。





Shiroobikuronamishaku

シロオビクロナミシャク。





P1430140

ヤマトシリアゲ♀ですかね。






P1430143

コオニユリとアカソとか。





その後晴れそうにないので下山してレンカクを偲ぶ会を開催することに。参加者1名。あと数日だったのにね。残念だわ。ヤリタナゴだかカネヒラだかがブルーギルと一緒に泳いでました。カンムリカイツブリ遠すぎた。




付近の蓮のある所を探してみたが、まあいるはずもなく。





Dsc_2846

セスジイトトンボのタンデム。




こんなの撮って終わり。イヌワシ6年ぶりに見れたからいいかな。




2011年8月20日 (土)

台湾行ってきました

Dsc_4373オウチュウ



オウチュウのでかさにびっくりしました。



ってことで台湾に行ってました。家族旅行だったんで数日でしたが、なかなか天気も良くてよかったと思います。いくつか取りこぼしを作ってしまいましたが、それもまた鳥見なわけで。迷鳥も発見できて、興奮しました。報告とかはめんどくさいのでしませんが、日本で出てもうれしい鳥さんでした。もちろん初見。蛾方面でもやっとこさの成果を出せました。


実質の一眼デビュー戦だったわけですが、威力を再認識しました。これがないと小鳥は太刀打ちできません。小鳥を少しは好きになったような気がします。


まだボルネオとかもだいぶ残っていてよろしくないですが暇なときにそのうちアップしていきます。

2011年8月 8日 (月)

ぼくの夏休み

愚痴ってばかりいても単なるアホなんで、ちょろっと盆地に行ってきました。帰りが酷い渋滞で参りましたが。これだから首都圏は・・・



事故渋滞やらで着いたのが11時だったが、まあその辺を歩いてみる。




Dsc_1753 オオムラサキ/ Sasakia charonda charonda


♂ですね。時期的にまあこれぐらいの状態が多かったです。それでもこの時期にしてはいいんじゃないかと。






Dsc_1772 オスグロトモエも。

証拠写真ですが。他にも自販機にいろいろ残ってたが、撮影せずに帰ってきてしまった。




Dsc_1804

ヒメスズメバチがガジガジやって樹液出すのを今か今かと待ってるオオムラサキたち。






Dsc_1828

♂もほぼきれいなのも中にはいるんですが、開翅した瞬間をいい状況で狙い撃ちするのは難しかった。こんな感じのFZ的な写真しか撮れず、今回は♂に関してはおもしろ良い写真はなし。





Dsc_1835 カブトムシと。


光線や抜けが良い感じの所を見つけたのだが、なかなか難しい。






Dsc_1860

♂のいい感じの写真を撮ろうと頑張ったが、暗い&遠いとこの程度。ISO1000、SS1/500、500㎜なんで仕方ないんですが、海外行ったときにジャングルでこんな状況に出くわしても証拠は余裕で撮れる状況なのはかなり嬉しい。





Dsc_1897

まあ、やはり状態がいいのは♀が多い。♀の良さは帰って写真整理していて実感した。撮ってるときはひたすら重厚感や渋さが印象的だった。開翅しているのが♀。


このレンズでこれぐらいの描写もできるんだなあと実感した一枚。こういう臨場感のある写真を連発したいのだが、なかなか今のレンズ一本ではキツイ時もある。





Dsc_1946 シルエット。








Dsc_1965

これもヒメスズメバチが頑張ってるのを見守る図。

ヒメスズメバチばかりだったのでこっちもあまり警戒しなくても済みました。


正面顔がなんともね。たぶん右上の♀の開翅を狙ってピン外したんでしょうけど結果オーライ。






Dsc_1968 ♀。


♀もストロボ焚くと軽く光沢が出るときがあった。角度によるものなのかな。ストロボ焚くと本来の見え方とは違って写りますが、私はそれほど嫌いではない。







Dsc_1969

こういう光景が自然に繰り広げられているのはすごいと思った。ガキのころに図鑑で見た風景。この森の昼間の主役は完璧にこの蝶だった。






Dsc_1971


♂にピン合ってればなあ、な写真。今回は♂に関しては残念でしたで賞しかなかったので、必ずまたいつか♂の最盛期にでも来たい。関東にいるうちに。






Dsc_1975

どうも頭側から当てると紫光沢がでるらしい。♂とは違った感じでまたいい。頭の中にあったオオムラサキのイメージに近い写真になった。この一枚前がアングル的に最高だったが、もう私はそーいうのは出しません(笑)







Dsc_1976

♀の正面アップ。やっぱ迫力ありますよねえ。500㎜で楽して撮った。鳥にも蝶にも500㎜は威力あります。







とまあこんな感じでひっじょーに短時間でしたが、そこそこの写真は撮れました。一眼やっぱり頼れる。今回は夏休みのイベント的に楽しく思い出づくりみたいな感じで行ったので、大して粘りはしませんでしたが、いつか一日いたいと思った。



こんなに多くを近くで見たのは初めてだったのでいろいろ感動したが、幹からの飛び出しの仕方や林の中を滑空するさまがほんとにかっこいいですね。堂々としていていい。


あと、オオイナズマの類(Lexias)にやっぱ似てるなあとは前から思ってましたが、オオムラサキの方が断然迫力ありますね。




久々にちょっと遠いところ行けて良かったです。ぼくの夏休みはまだまだ続く。





2011年8月 3日 (水)

また寿命縮んだ

Dscn8160 さあなんだろね




本日やっと苦痛の日々からめでたく解放された。このメリハリの効きすぎた生活、慣れたが、年なのか最近つらい。


最近自覚し始めたんですが、こういう様々なハードルを乗り越えてプロあるいはセンセイになっていくんだと思う。はっきりいってあまり実感のないまま今の学科に入って、数年間は割と楽に遊んできたが、最近なんか悟った。キツイの当たり前だと。人口比からみたらほんとにわずかしかなれないような職種なんだもの。そりゃそうだよね。


大学生じゃなくて訓練生といった方が実情を反映しているだろう。国家ライセンスってのはどんな世界でも取得するのは厳しい。仮に将来、自分に子供ができたら自分が歩んできた道を勧めるか?と言われたら現時点ではNOと言うだろう。数年先にYESと言えたらいいのだが。





久しぶりに鳥らしい鳥でも見てくっかなと思いますが、どこ行こうかねぇ。どこか良い鳥出てるとこあったら教えてください。中国地方はなしよ。くそー。まだいるんですかね。いるんだったら行きたいね。まあ無難に三番瀬とかかねえ。でも遠いんだなこれがまた。



行き先書いたら良くない傾向があるので伏せますが、二週間後台風来たら泣きます。泣いてもダメだったら死にます。神様どうかぼくに安らぎをください(;ω;)




あ、貼っといた画像は3カ月前のね。まだ元気だったころ。たかが数カ月で人間こんなに変わるもんなんだね。しゅごい。




« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.-)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm F4.5-6.3 APO DG OS(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm f/3.5(2011.12.-)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ