« ボルネオ 3/6前編 | トップページ | とりあえず »

2011年6月19日 (日)

ボルネオ 3/6中編

マダラシロハラやアシナガウミの季節ですが、残念ながらどちらも行けない。にしても、アシナガのあれおかしいでしょ。オレ行けたとしても新機材で行けないじゃん。くそー。勝手にしやがれー。


明日あたり一眼の練習で近場に行こうかと思いますが、まだろくに撮ってないので、ボルネオのこと。



3/6はキナバル公園本部を出たのちは数か所蝶のポイントを回ったが、私は寝不足だったので大半車の中で寝てた。



Kundasangのとあるところに着いたときはその辺を一緒に歩いてみることに。





Probably_ypthima_pandocus

パンドクスウラナミジャノメ/ Ypthima pandocus(と思う)。



絶対そうだとは言い切れませんが、たぶん。それより右上のキノコが気になる。帰ってから気付いた。




Maybe_koruthaialos_sindu

シンデゥアカオビセセリ/ Koruthaialos sindu



アカオビセセリの類だとは思いますが、K. frena の可能性も。というか大きく見えたからフレナの方かな、やっぱり。





沢的なところに行くと結構チョウが飛んでいる。




Delias_eumolpe

ボルネオカザリシロチョウ/ Delias eumolpe


デリアスキターってことで、調べると固有種。嬉しいね。露出オーバーのゴミ写真ですが、それでも証拠にはなる。山地のチョウです。






P1370750 ハイイロタテハモドキ / Junonia atlites。



ぺらい蝶ですが、クロタテハモドキよりは見る機会が少なかったように思う。意外に敏感。





Maybe_orthetrum_glaucum Orthetrum glaucum ?



属は間違いないと思いますが、種類はちょっと微妙。まあシオカラトンボとかに近い。♂かなあ。




P1370754

♀かなあと思う。






P1370775 キアナウラフチベニシジミ / Heliophorus kiana


ウラフチベニシジミは広域分布種ですが、こちらはボルネオ特産種。今度の海外ではウラフチベニシジミをゲットしたいとこだが、時期と場所が微妙かな。。






Probably_mycalesis_marginata マルギナタコジャノメ / Mycalesis marginata

おそらく。ジャノメの仲間も東南アジアではこんなにきれいな種類もいます。

山地性らしい。




P1370798

裏。美しい。



チョウは他にはセマモラアトジロセセリ、リュウキュウムラサキ、リュウキュウウラボシシジミ、メダマチョウ、アカエリトリバネアゲハなど。写真は撮れなかったのが多い。



大体チョウは見たので、近くの山裾でも見てみる。


キナバル山のふもとのKundasangなどではススキ的な長茎草地が広がる山裾が広がっており、周辺は人家や畑になってることが多い。ただ、鳥目的で来ると素通りしてしまいがちな所なのでなかなかそういったところの鳥というのはわからない。





P1370806 メグロヒヨドリ。


まあ、いるのは大体普通種ですな。





ぼーっと上空のアナツバメ類でも見てると、すげー遠くの草原の上を滑空するでかい鳥が一瞬見えた。色合い的に奴しかいないだろうが、すぐに潜ってしまった。



しばらくすると、いきなり出てきて囀り始めた。




Dscn1421 バンケン。



そうです、こいつです!日本的ド珍鳥、東南アジア的普通種の一つ。

遠すぎてよく見えなかったが、雨覆の羽軸の淡色は辛うじて見える。


かなり野太い声でポッ・・、ポッ・・、ポッ・・と鳴きますが、ボルネオでは夕方によく声を聞いた。ただ、姿は運が良くないと見えないかもしれない。人里にいる鳥なので、山ばっかり行くと見れないかも。草原によくいるのだろう。個体数は多いと思う。





Dscn1431 腹側。


頸周辺はかすかに淡色の羽軸が見えますね。しかし距離は数百mはあったと思うので、荒れた画像。。離れていたのでじっくり観察できましたが。




Dscn1436

一番まともに特徴が写ってたもの。羽軸もはっきり確認できる。


実は、見たときはオオバンケンと若干迷ったんですが、いざ両方見ると全然雰囲気違いますね。オオバンケンは最終日近くになってコタキナバルの裏山で囀り&視認できたんですが、印象が全く違う。


オオバンケンはより怪しい度が強い。まじで。魔界から来たんじゃないかと思う。ホーホッホッホッて鳴くし、カラスぐらいでかいし、テカリ半端ないし。それに比べてバンケンは色がくすんで見えるし、小さい。ただ、雨覆の羽軸は条件によっては見えないこともあると思う。今回も写真では合焦してないと見えなかった。そういうときは頸のほうを見ればいいんですが。オオバンケンは直射日光下の羽軸が光りそうな条件でも薄くは見えなかった。オオバンケンの写真(ゴミにちかいですが)はまた今度。





さて、夕方なので公園本部に戻る。今夜は最後のキナバル公園での夜。



P1370811 ハイノドモリチメドリ。



夕方で薄暗かったんでストロボ堂々と焚かせてもらいましたが、海外はたとえ見られてもうるさく言われないのがよろしい。ストロボは一人のときは少しぐらいなら焚いてもそれほど悪影響はないというのが私の考え。大勢で囲んで浴びせまくるのはもちろん影響ありますのでやりません。人間だってそうでしょ。重要な記録手段になるので私は単独のときは鳥に対しても虫と同じように等しく使います。






さて、飯食ったあとはガとかでも。




Herochroma_urapteraria Herochroma urapteraria


かなりでかいアオシャク。




Avatha_heterographa Avatha heterographa


クチバの仲間はここでも美しい。




P1370844


調べきれなかった・・・。でもなかなかシンプルできれい。





P1370852

これも調べきれてない。むう。なんともいえない雰囲気ですが。




Lemyra_bornemontana Lemyra bornemontana



擦れてますがボルネオ固有種らしい。ちっちゃなヒトリガです。横のミミズク的なのも気になる。






なんか大物いないかなあと思ってると、同行者が見つけた。




P1370866

ありゃま。




P1370871

ヨナグニサン♂。



というわけで、なんと2年連続で会えちゃったわけですが、今回は天然記念物でもないのでいろいろ遊ばせてもらった。

ヨナグニサンというのはものすごく重いガなので、その辺の草に止まらせようとしても、うまく止まってくれない。木の幹なら可能かもしれないが、まだやったことはない。というわけでヤラセをしにくいガなんですよ。このときもさっさと諦めた。






P1370876

すごいハサミムシ。すげえなあ。




P1370879


残念ながらわからなかったが、きれいなシャクガ。






Maybe_dooabia_lunifera Dooabia lunifera ?



まったくもってわからない。合致するのを見つけられなかった。





P1370889

キボシカミキリ的な。図鑑ないので同定困難。





Godonela_hygies Godonela hygies


運よく同定できた。オエダシャクに近いのかな。



Maybe_kunugia_rectifascia Kunugia rectifascia 


♀で産卵中ですが、またしてもはっきりとはわからない。カレハガだとは思う。







せっかくなので残りの虫は分けます。半分ぐらい同定できてませんが・・

« ボルネオ 3/6前編 | トップページ | とりあえず »

ボルネオ/Borneo2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235809/40451589

この記事へのトラックバック一覧です: ボルネオ 3/6中編:

« ボルネオ 3/6前編 | トップページ | とりあえず »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.―)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm(2011.12.-)、SIGMA 17-70mm(2015.7.―)、Nikon 200-500mm(2017.6.―)
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ