« サイチョウのいる風景 | トップページ | あのときの感動、いまの感動 »

2011年3月29日 (火)

モニタービーチ

P1400663 ミズオオトカゲ /Varanus salvator salvator




もうすぐ4月だというのに寒いので、この頃元気ないです。晴れたら晴れたで花粉があるし。この頃つくづく日本というのは住みにくい気候だと思う。暑いときは暑いし、寒い時は寒い。本気でマレーシアに戻りたい。。あのときもらった元気がそろそろ切れかかっている。



もう私は海外中毒者になりつつある状態なんだと思う。長い間使っていなかったパスポートと英語が復活したときからはじまっていたのだろう。日本じゃすべてにおいて物足りない。鳥とかそういうことに限らず、食事や街の風景、人々の暮らしなどに初めて触れたとき、体中がエネルギーに満ち溢れ、5才は若返ったような気がした。




まあ、現実を放棄するわけにいかないので、そろそろ現実に戻って、勉強は今年もきちんとやって、時間があったらまたどこかへ行こうと思います。






写真はマヌカン島の浜辺を歩くミズオオトカゲ(だと思う)。旅も終盤に差し掛かってきたとき、コタキナバルから予約なしで行ける島に行こうということで、ガヤ島に行こうとしていた。ところが、ガイドなしではトレイルを歩けないと受付に言われたので、予定変更でマヌカンというところに。背景の街はコタキナバル。




マヌカン島というのは完全にリゾートで、男二人で暑苦しい格好で行くにはあまり適切ではないとこだった。林の中を歩く遊歩道はあるが、時間が遅いとあまり鳥もいない。スキンクはやたらいたが。鳥は種類を増やすことはできたが、ボルネオの周辺離島に生息するらしいレア種には会えず。浜辺は家族連れなどであふれ、そこから逃げるように隅のほうへ行くと餌探し中のモニターに出会った。走る時は走るし、泳ぐときは泳ぐが、基本的にはのんびりしている本種。しげしげと眺めているとおもしろかった。この個体は人にも慣れているのだろう。ボルネオでの新鮮な体験のひとつ。





« サイチョウのいる風景 | トップページ | あのときの感動、いまの感動 »

戯言/babble」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235809/39403318

この記事へのトラックバック一覧です: モニタービーチ:

« サイチョウのいる風景 | トップページ | あのときの感動、いまの感動 »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.―)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm(2011.12.-)、SIGMA 17-70mm(2015.7.―)、Nikon 200-500mm(2017.6.―)
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ