« 宮古島~白露の渡り~9/21前編 | トップページ | 北海道 8/19 »

2010年11月19日 (金)

宮古島~白露の渡り~9/21後編

寒いですね。最近話題に困ったらいつもこれです。聞き飽きた。


スピッツの曲が身にしみる今日この頃です。聴いてるととりあえず落ち着くんで、はまり中。有名なシングル曲もいいけど、アルバム曲にこそ良さがあると最近気付いた。こういうバンドこそがホンモノだと思う。






さて、二か月前のお話。例の水場にはって、ある鳥を待つことに。



私以外に鳥屋や撮屋はいない。快適といえば快適だが若干さみしい。今回はタロさんから迷彩シートという秘密兵器を貸していただくことができたので、それをかぶってひたすら待つ。一時間くらいするとめぼしい鳥が。




P1330226 亜種リュウキュウアカショウビン(Ruddy Kingfisher/Halcyon coromanda bangsi




まあ、予想通りまだいました。さすがに囀りは聞こえませんでしたが、観察は十分に可能。





P1330231


ここに来る目的は主に水浴び。たまにマダラコオロギを採餌してるときもあった。間近で見るとやはり大きい。




P1330277

実はまだ亜種アカショウビンって見たことないんですよね(゚ー゚;

順番違うような気もしますが、まあそういうこともあるということで。貴重な個体群の営巣妨害したくないし。そうじゃなくても山の中に入る機会が現在は少ない。





P1330285_2

腰の水色が微妙に見えます。





P1330327 リュウキュウコノハズク(Ryuku Scops Owl/Otus elegans


ぱたぱたと何かが飛んできて頭上にとまったので見てみるとリュウコノ。昼間に見たのは初めて。幼鳥っぽいけどどうかな。




P1330332

縦構図で。

ここは昼間の目撃例も多いみたいで。個人的にはライト片手に夜に探すのが好きですが。





木の上でがさがさ音がするので見てみると



P1330335 サキシマスジオ。



木のぼりしてました。目的は日光浴だろうか?




P1330355



こんな感じで。180cm以上はあったかな。なんか気乗りしなかったので引きずり下ろさずにこのまま撮影。



ヘビは結局これぐらい。ミヤコヒバァもミヤコヒメヘビはもちろんサキシママダラも確認せず。やる気がなさすぎた。





P1330394 リュウキュウアカショウビン。


再び。結構頻繁に来る。

割とまともに写ってるが、ここはすさまじく暗い。これでISO100、SS1/25。三脚必須っす。明るさ補正はしてます。




P1330415

背面。

やはりテカリの色の表現があまい。FZ50は名機なんですが、もうそろそろかなって感じです。これでもスペックの限界超えた写真はいろいろ撮ったと思う。

来年の今頃にはデジイチを入手したいところ。ミナミオナガの季節には間に合いたい!






P1330482 亜種リュウキュウヒヨドリ(Brown-eared Bulbul/Hypsipetes amaurotis pryeri


なかなかじっくり写真撮る機会ってないんですよ。幼鳥かな。




P1330497

お互いそこまで相手に興味はなさそう。




P1330513 アカショウビン幼鳥。


胸がうろこ模様です。色がくすんでる。




P1330542 同じく。






P1330552 嘴ぴかーん。






アカショウビンもそろそろ出なくなってきて、もうだいぶ時間がすぎた。昼ごはん諦めた。あの鳥が来るまで意地でも待つことに。とはいってもだいぶキツイ。何匹の蚊に献血したことか・・・。おかしいなあ、昼間でも出てくるって言ってたのに(苦笑)・・・。




P1330584 キンバト。


キンバトまで来ましたが、目的のは来ない。





P1330589 リュウキュウヒヨドリ成鳥。


ヒヨドリが集まってぎゃーぎゃー騒ぐようになると、もうすぐ夕方かなって感じです。




P1330641 亜種リュウキュウサンコウチョウ(Japanese Paradise Flycatcher/Terpsiphone atrocaudata illex


ギッギッみたいな鋭い地鳴きが聞こえるとまあ本種です。



P1330646

去年のやんばる・奄美ではしょうもない写真しか撮れんかったので初掲載。


もうこのときはだいぶ暗くなってて、ISO200、SS1/13。地獄です。。時間は内緒。




相変わらずヒヨドリは騒いでるが、他の鳥はめっきり来なくなった。このヒヨドリたちが去った後に、ひっそりこっそりと水浴びに来るに違いないと睨んだ私は疲労困憊のなかもう少し粘ることに。





ひいひい言いながらも奥を見つめていると視界の隅で動くものが。



!!!





P1330669 オオクイナ(Slaty-legged Crake/Rallina eurizonoides



ついにやりました、オオクイナです。やっと見れた(´;ω;`)ウウ・・・


どんだけ苦労したか・・・。一種のために一日潰したの初めてだ。8時間同じ場所で粘るとか(笑)




P1330671



たぶん夏場は暑いから昼間でも水浴びに来るんでしょうが、この時期は単純に体洗うために来るので早朝と夕方しか来ないんだろう。夕方の出現時間はわかったが、結局朝の時間はわからんかった。


鳥自体はまあなんというかそこまで魅力あふれる鳥ではないと思うが、怪しい雰囲気は素晴らしい。ひっそりと暮らしてるんだろう。憧れていた期間が長かったので感動というよりも見れて安堵感の方が強かった。。これで外したら、もうしばらくは挑戦できないだろうと思ってましたから。




P1330708

しばらく水浴びして、また森の奥にそそくさと消えて行きました。ほんと見にくい鳥ですね。





見れて安心したら、空腹と痒さと腰の痛さが押し寄せてきた。さあさあ町に帰ろう。私もシャワーだ。今夜はさっさと寝る。目標は早々と達成したので、明日は海に行くことに。





最後にブラインド貸してくださったタロさんに感謝です。ありがとうございました!



« 宮古島~白露の渡り~9/21前編 | トップページ | 北海道 8/19 »

宮古島’10秋/Miyako Island」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235809/37728869

この記事へのトラックバック一覧です: 宮古島~白露の渡り~9/21後編:

« 宮古島~白露の渡り~9/21前編 | トップページ | 北海道 8/19 »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.-)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm F4.5-6.3 APO DG OS(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm f/3.5(2011.12.-)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ