« 北海道 8/16 | トップページ | 宮古島~白露の渡り~9/21前編 »

2010年11月10日 (水)

北海道 8/18

  絶賛鳥屋休業中のひたきです。今日は富士山がきれいでしたが、室内で肉芽腫性炎や悪性腫瘍の組織標本とかスケッチしてました。この前検索ワードで「HE染色 オレンジっぽい」っていうのがありましたが、ヘモジデリン沈着のことを知りたかった人だったのかな?今日脾臓にオレンジのつぶつぶありましたよ。まあ、ヘモジデリンじゃなくて真珠病のラングハンス巨細胞見るという課題だったけど。




はあ・・・。なんか鳥見てないと元気出ませんね。やはり私は末期の鳥見中毒患者みたいです。でもいいんです、たまには鳥見ないで自分を見つめ直すのも。勉強もしないと鳥バカどころか本当のバカになっちゃいますからね。。







というわけで北海道のお話。やっとサークルの合宿が始まりましたとさ。具体的な場所はわけあって書けません。この記事の中の、ある生き物の生息地を公開してしまうことになりますので。まあ道北のどっかです。わかる人にはわかると思いますが。






P1300211 ヒトリガ。


朝起きると炊事場の近くにいました。刺激する前の姿はまたあとで。





Yasujishachihoko ヤスジシャチホコ。


なるほど8本あるかも。




今日は自由行動にさせる。私は某トンボを捜索しに出かけることに。




P1300246 マイコアカネ。


♂未成熟かな。胸部はそれっぽいけど、顔面があの色じゃない。





P1300248_2 コエゾゼミ。

ぎーぎー鳴いてました。




P1300250 ヨツボシトンボ。





P1300258 オオアシトガリネズミ死体。


私の人差し指ぐらいの大きさ。哺乳屋が持ってって同定してくれた。





P1300273 カワラヒワ幼鳥。


しましまで、面白い模様してますね。鳥は他にトビ、コガモ?、ノビタキ、オオジュリン、ベニマシコ、ヒバリぐらいなもんです。




2時間ぐらいひたすら歩いたけど、ぷちとまとなんかいないじゃないか(;-ω-)




結局キャンプ場に戻ってきて寝て、昼。散歩がてらまたうろつくと、良い感じのとこ発見。




Ezoitotonbo エゾイトトンボ♂。


遠くてよろしくないですが、なんとか腹部第二節のスペードは確認した。




Kuroito クロイトトンボ。


一瞬おろ?って思いましたが、違った。



P1300340 クロイトトンボ連結(左♂、右♀)




Ooito オオイトトンボ♂。



ここはいろいろいるなあと思ってると、




キタコレ(゚∀゚)!



P1300330 アカメイトトンボ連結(左♂、右♀)



これですよ、私が見たかったのは!道東の有名な生息地で見られなくなってしまったので、貴重な個体群です。NTですが、まあレアな部類に入りますよね。




P1300346 アカメイトトンボ♂。



まあ、いろいろあって生息情報を手に入れたんですが、全く予想外の成果。時期的にぎりぎりだったみたいなので見れて良かった。


見れば見るほど不思議なトンボ。確かにプチトマトっぽい。一眼で撮影したかったなぁ。



ふう、満足。また寝た。






夕食後はナイトドライブなるイベントには参加せずに、街灯巡り。こっちのほうがよっぽど面白いよ。結局合宿中一度もナイトドライブには行かんかった。水生生物方面でちょっと見たかったのがあったが、まあいいです。




P1300358 ゲンゴロウモドキ♂。



すごいな、北海道。夕食後の散歩でこんなの見れるなんて。ゲンゴロウモドキ属といえばシャープゲンゴロウモドキが個人的には有名なわけですが、初見はこの子。





P1300360 顔はこんな。かわいいじゃないですか。




Kitakibarakenmon キタキバラケンモン。たぶん。


ちょっと雰囲気似てるノンネマイマイもいましたよっと。





Obikagiba_2 オビカギバ。



Shirotsubameedashaku シロツバメエダシャク。だとおもふ。



P1300371 ヒトリガ。


止まってると普通はこんなです。私はいたずらっこなのでつんつんつついて後翅開かせますが。「独り蛾」のほうがしっくり来そうだけど、「火盗り蛾」が正式。




P1300380 ゲンゴロウ♀。


何気にナミゲンはお初なのです。これもNTですが、北海道ではまだまだ見られるそうで。この個体は背面がしわしわなので♀。


もう少しマシな場所で撮影すりゃよかったんですが、手が臭くなるのがヤだったんで、適当に撮ってしまった。まあ、たいした臭いではないんですけど、気分的に。


奄美の夜の沼でフチトリゲンゴロウを持ったときにいきなり白い臭い液を出されて、びっくらこいた記憶があります。あの時はまだゲンゴロウがこんなことするなんて知らなかった。今思えばフチトリの写真撮らなかったとかだいぶもったいない事したなと思いますが。ヒメフチトリだったのかもしれませんが。。






Negurokenmon ネグロケンモン。


本州では山地性なのかな。右上はテンクロアツバ。




P1300394 エゾカタビロオサムシ♀。


全国に分布して、灯火に良く来るオサムシらしいですが、初めて見ました。なかなか大きく、重量感があり、きれいだと思う。6本の金色の点刻とか素晴らしいじゃないですか。標本にしたら消えちゃうらしいです。




P1300405 顔。


これもすごく臭いので、移動せずにいたとこで撮影。





P1300417 シャチホコガの仲間の幼虫。


名前わかりませんでした。わかったら加筆しときます。鯱鉾してますね。




Kiberishironamishaku キベリシロナミシャク??


なんか違う気がする・・・。でも、これが一番近い。




P1300431 スジグロシロチョウ。

お休みちゅう。




Inekinuwaba イネキンウワバ。


キクキンウワバが見たい今日この頃。




Uchikishachihoko ウチキシャチホコ。



この種がシャチホコの中では一番多かったかな。





Shanhaioedashaku シャンハイオエダシャク。


シャンハイオって何だろう。上海お( ^ω^ )





Shimakarasuyotou シマカラスヨトウ。



ヨトウガは夜盗蛾と書きまする。まあ有名な害虫ですね。ハグルマヨトウを見てみたいなあ・・。





ああ楽しかった。この辺の街灯一個でいいからうちのアパートの横にわけてほしい。





« 北海道 8/16 | トップページ | 宮古島~白露の渡り~9/21前編 »

サークル/group activities」カテゴリの記事

北海道’10夏/Hokkaido2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235809/37614467

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道 8/18:

« 北海道 8/16 | トップページ | 宮古島~白露の渡り~9/21前編 »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.-)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm F4.5-6.3 APO DG OS(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm f/3.5(2011.12.-)
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ