« 北海道 8/15~のさっぷ他 | トップページ | 北海道 8/15~古潭守神威 »

2010年10月26日 (火)

宮古島~白露の渡り~9/20

学祭も終わり、気付いたらもう今年もあと二か月強で終わり。年内に遠出や目立った鳥見はなさそうですが、今年も振り返ってみれば去年と同じぐらい充実してました。


学祭はOB、OGの方やジークさんなど他大学の生き物屋さんにも来ていただき、盛況でした。みなさんありがとうございました。その中でもAさんにお会いできたのは本当に良かったです。変態的な方に変態と言われるほど嬉しいことはございません(笑)生き物屋さんの間でヘンタイは褒め言葉ですからね。







さてさて、北海道のクライマックスを書こうかと思ってましたが、ちょっと飽きてきたので南の島のことでも。



時は今年の春の八重山から帰ってるときに遡ります。






2010年3月30日。飛行機の給油の関係で初めて下りた宮古島空港。外に出たいが出れない悔しさと、今回の八重山の旅でもオオクイナを見ることができなかったという悔しさを噛みしめながらトイレで用を足していた。もうこのときには今年中に宮古島にまた来たいという意志は固まっていた。


当初はテストが終わった瞬間に行って、アジサシ類とオオクイナを拝もうかと目論んでいたが、テストの終わる日がわからないのでなかなか事が進まなかった。それに加えて、北海道の計画も難航し、勉強も加わって精一杯。



で、いつのまにかテストが始まり、予約などの関係で8月上旬あたりにいくことは困難になった。そこで閃いたのが、夏休み終了間近に行って、オオクイナとともに未見のアカハラダカをセットにして見に行けばいいではないかというプラン。しかもバースデー割引が使えるので格安で済む。



プランは決まったが、なぜか北海道に行く用意で忙しく、予約を渋っていた。で、北海道に旅立つ前日、JALのHPを見てみると、「バースデー割引、残り1席」。



もう迷いはなかった。






予約完了のクリックをしてから一ヶ月半後、私は台風を気にしながら宮古行きを待っていた。台風は予想よりも早く過ぎ去ってくれ、安心して羽田へ。




今回は、誘っても誰も来ないであろう&ブラインドの関係で一人の方がいい、ということで一人旅。何気に南西諸島の一人旅は初めてだった。





内心、北海道でかなり満足していたので、そこまで南に行くことに乗り気では無かったのだが、バースデー割引はまたなくなるし、行かなかったら今後後悔するだろうということで、飛行機に乗った。







しばらく寝てたが、急に明るくなってきたので外を見てみる。



Kikai 喜界島。



トカラは生きてるうちに絶対行きたいところ。まあいつか来れるだろう。




Okinoerabu 沖永良部島。


ダイビングには良いらしい。陸の生き物はわからない。




Yoron 与論島。

地平線が丸く見えるような気がしますが、窓ガラスの影響かな。それにしても巨大なリーフですね。




Yanbaru やんばる。


やはり雲が多いですね。




Ie 本部半島、瀬底島、水納島、伊江島。




Kerama 慶良間諸島。


左の方に那覇周辺が見えてますが、開発進んでますね~。





またしばらく寝てるとそのうちに到着。




って、周りアラサーのカップルしかいないんですけど(;;;´Д`)ゝ


男子大学生一人とか浮きすぎだね。たぶん向こうは大学生って認識してないだろうけど。この時点で石垣とかとはだいぶ雰囲気違うなあと思った。でも、後々考えるとこういう観光客がたまたま多かった時期に来たみたい。いや違うか?いずれにせよ嫌がらせに近いものを感じた。




レンタカー借りたのち、ひとまず大野山林へ。




P1320789 メボソムシクイ。


地鳴きがちょっと違うような気がしたが、まあメボソは確か。





P1320801 リュウキュウアカショウビン。


まだいましたが、さすがにまったく鳴き声は出さない。





そんなことしてたら日も暮れたので晩御飯を食べに行く。腹ごしらえしたら、また大野山林へ。




P1320809 ミヤコヒキガエル。


個体数は多い。誰でも発見できます。



P1320818 マダラコオロギ(左♂、右♀)


こちらもいっぱいぴょんぴょんしてました。





P1320827

こんなかしこまった様なポーズをよくします。やはりヒキガエルの中では一番可愛いですかね。





P1320837 背面。



この個体はさほど黄色味は強くなかったが、それでもアズマヒキガエルに見慣れていると、鮮やかに見えます。




P1320866 リュウキュウコノハズク。


南西諸島に来るとやはりこの鳥に癒されるわけで。





P1320874 ジャコウアゲハ宮古亜種♂。


幸先よく♂は見つけましたが、結局♀は撮影できず。タイミングが悪かったみたいです。





Kiirosuji キイロスジボタル。





こんなところで初日は終了。


一人旅ってこんなにさびしいのかと実感した。もうしばらくやりたくねえなと心から思いましたね(笑)


« 北海道 8/15~のさっぷ他 | トップページ | 北海道 8/15~古潭守神威 »

宮古島’10秋/Miyako Island」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235809/37403081

この記事へのトラックバック一覧です: 宮古島~白露の渡り~9/20:

« 北海道 8/15~のさっぷ他 | トップページ | 北海道 8/15~古潭守神威 »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.-)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm F4.5-6.3 APO DG OS(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm f/3.5(2011.12.-)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ