« 大台ヶ原など | トップページ | 北海道 8/11 »

2010年10月 4日 (月)

北海道 8/10

島の方では良い感じの鳥がいろいろと来てるようですが、この頃あまりやる気がないというか、なんというか。私自身大学入学後2年半で学生が休みのときに行けるとこは結構行ったし、ライフリストも高校のときよりかは短期間にかなり増えたので、一休みの時期なのかも。勉強もなかなか忙しいもんで。


ベストシーズンの沖縄・北海道は社会人になってから頑張って有休とって行くとして、行ったことない場所はあまりなくなっちゃったんでしょうね。あとは国内では冬の道東ですかね。2月に行く予定ですがわかりません。

んで、3年間の集大成として3月に行く海外で私の学生時代の鳥見はほぼ終わりかなって感じです。研究室に入っても、たまに大洗~苫小牧トンボ帰りぐらいはするでしょうけど、長期間はもう無理でしょうし、私自身もう十分です(笑)疲れました(´・ω・`)




とまあ、最近はこんな感じで金銭的にも、体力的にも、精神的にも休養期間に入ってるので、秋の離島は行かないと思います。たぶん。おそらく。結構行く気満々だったんですけど、南の島に行って以来こういう気持ちになっちゃって。人生の節目の時期かもしれませんね。







結構元気だった頃の北海道の話でも。



この日はシマアオジを見るってことで、早朝からサロベツに。


木道を歩いても何もいないし、囀ってないので、駐車場付近を攻めることに。



Dscn5021 オオジュリン。

♂幼鳥なのかなと思いますが、なかなかむずい。♀タイプという便利なくくり方の方が無難ですね。




そうこうするうちにヨシ原っぽいとこにいろんな小鳥が混じった混群みたいなのが騒いでて、よく見てみると2羽明らかに黄色いのが。

暗いし遠いし、なんとか双眼鏡で観察だけでもしようと見ていると、どっか行ってしまい、撮影はできず。。。



かなり体下面が黄色く、胸~脇に縦斑が目立ってたのでシマアオジ♀タイプで間違いないと思いますが、写真がないとなんと信頼性に欠けることか・・・。自分でも本当に見たのかわかんなくなっちゃいます。


まあ予想通りまだいましたが、渡りの準備をしてるような感じで、なかなか出てこない。成鳥♂をいつかベストシーズンに見たいなあと思ってましたが、ここのVC閉鎖されるらしいですね。来シーズンにはないそうで。理由は環境破壊とか。まあ鳥屋さんが関わっていそうなのは明らかですね。どんだけ荒らしたんだか(笑)





P1280409 ハシブトガラス。

そういえば礼文とか利尻とか行ってワタリガラスいるかどうか見てくんの忘れました。





朝ご飯食べたら、移動。今日はオホーツク側に行ってみることに。


クッチャロ湖に着く。


何もいない。


センターに入ってハクチョウのゲームするもだめだめ。ゲーマーの子は全クリしてました。





近くの林道っぽいとこに行っても相変わらずアブだらけ、鳥いないで退散。



P1280416 カラスシジミ。


ちょいぼろですが。




ベニヤ原生花園に着く。


ここは観光客少ないし、花はまだ咲いてるしで良い感じ。




Nokogiri ノコギリソウの仲間。


キタノコギリソウかノコギリソウだと思いますが、ちょっと断定しかねます。ただのノコギリソウだと思ってますが。




Ezokawaranadeshiko エゾカワラナデシコ。


ほかにはハマナスなども咲いていて、なかなかきれいでした。エゾニュウは立ち枯れていましたが。




海の方に行ってみると。


トウネンやメダイチドリっぽいのとか。マダラウミスズメらしき鳥も海面をあっという間に通過。たぶん合ってると思いますが、中途半端な羽衣でした。


ミユビシギやアカエリヒレアシシギもいたらしいですが、私は見ず。




意外だったのはこれ。



P1280449 トド。だろうと。


トドかオットセイのどちらかでしょうが、いつもフェリーの上から見るキタオットセイとは顔の雰囲気が違ったのでトドかなと。



浜辺に立って、海を眺めていたら、なんか流れてきて、とっさにラッコ!と叫んでしまった(ノ∀`) アチャー


オホーツク=ラッコみたいなイメージが頭の中にあったので、ラッコと言っちゃいましたが、まあアシカ科ですね。夏の記録は珍しいのかも。



他の写真では歯むき出しのおそろしい写真もありましたが、割愛。暇だったから北海道に遊びに来たんですかね。






Dscn5028 シマセンニュウ。


なんとまだ囀ってました。独り言みたいな感じで。





サロベツに帰る。途中林道にちょこっと入ってみたりもしますが大して成果なし。


Aokuchibuto アオクチブトカメムシ。

ツノアオに似てますが、本種でしょう。




P1280508 ヒゲナガカミキリ。


そのまんまですね。見たことなかったので、北海道だけかと思ってたら九州までいるらしい。写真撮りずらいのでこんなのしか。




サロベツに戻ってきた。



Dscn5031 ツバメとショウドウツバメ。


一番左のツバメは亜種アカハラツバメ?って思うほど腹が茶色いです。VCのトイレの上で繁殖してたのもこんなタイプだったそうで。


この辺の水は割と茶色いので、頻繁に水浴びしてたら染まりそうですが。。





一瞬???ってなったのがこれ。



Dscn5051


今でもはっきりとはわかんないんですが、ツメナガセキレイ幼鳥でいいんですかね。

イワミセキレイJ?とかツメナガ×ハクJ?って見てるときは思ってました。



Dscn5052 やけに頭側線が目立って、違和感あると思うんですが。ツメナガJってこんなのだっけ?


手元にある文献が少なすぎてよくわかりません。





Dscn5091 ツメナガセキレイ成鳥夏羽。


きれいです。夕方なんで色んな鳥が水浴びにくる。




Dscn5094 ノビタキ♂。




P1280516 ヒバリの砂浴び。


オオヒバリとかいても良さそうですが、この個体は大きさは特には気にならなかった。と思う。




晩御飯食べてまた来ることに。もういい加減飽きそうですが。



Ibukihimegisu イブキヒメギス♀。



Tenkuroatsuba テンクロアツバ。


道北ではこれが大発生してました。




P1280547 ハネナガキリギリス♂。かな。





P1280566 エゾアカガネオサムシ。



このほかにオオアシトガリネズミ?を観察。


とっさすぎて写真など無理だったが、大きさからしてオオアシかと。ちょこまかしててかわいかった。




« 大台ヶ原など | トップページ | 北海道 8/11 »

北海道’10夏/Hokkaido2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235809/37074310

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道 8/10:

« 大台ヶ原など | トップページ | 北海道 8/11 »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.―)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm(2011.12.-)、SIGMA 17-70mm(2015.7.―)、Nikon 200-500mm(2017.6.―)
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ