« 北アルプスの自然 PARTⅠ | トップページ | 北アルプスの自然 PARTⅢ »

2010年8月 2日 (月)

北アルプスの自然 PARTⅡ

登山口の標高は約1400m、燕山荘の標高が約2700m。それを4~6時間かけて登る。着いた時の達成感はあるし、疲労感もある。ただそれを上回るのは高山に来たという興奮である。大半のおっさんは旨そうに生中を呑んでるが、私はザックをほっぽり出してその辺散策。



P1260744 コマクサ。

高山植物の女王。馬(駒)の頭に花が似てることから。



P1260751 裏銀座をバックに。

有名な野口五郎岳はもうちょっと左にあるかな。



座り込んで休んでると背後を薄いオレンジ色のチョウが飛んだ。奴だ!!ってことで、人目を構わず追っかける。



P1260782 タカネヒカゲ。


おお、憧れの高山蝶が目の前に(*´ェ`*)


北アルプスと八ヶ岳しかいないうえに、2500m以上のとこしかいないので、苦労しないと見れない。興味ない人ははどうでもいいガとしか思わないだろうが、私は超感動。裏は地味だが、表は薄いオレンジ色。渋い色です。いつかダイセツタカネヒカゲも見に行こう。




P1260787 燕岳をバックにお得意のポーズをとるタカネヒカゲ。


風が吹いたりすると体をぺたっと横倒しにする。まさにこういう写真を撮りたかったんだあ。。



チョウは他にタカネキマダラセセリぽいのやミヤマモンキチョウぽいのやヒメシロチョウ?というのもいたが、いずれも撮影できず。来年はこういうチョウを狙って上高地、蝶ヶ岳、常念岳かな。




P1260817_2 おっ、イワヒバリも近い。


やはりカヤクグリに比べるとでかいですね。いい声で鳴きます。



P1260822 チシマギキョウ。

燕岳と裏銀座をバックに。



P1260844 槍ヶ岳バックのコマクサ。


立入禁止のとこに入って撮ってるわけではないのでご安心を。それなりにきつい体勢でしたが。




P1260865 キバナノコマノツメ。

タカネスミレだと思ってましたが、葉に光沢もないし、本種かと。


E君さまよりタカネスミレの亜種クモマスミレではないかとのご指摘をいただきました。ありがとうございます(2010.8.5.)




P1260869 白いコマクサ。

白い株はこれだけしか見ませんでした。白は白できれい。



P1260878 ミヤマダイコンソウ。

と思います。槍ヶ岳、表銀座をバックに。




P1260887 ホシガラス。

いっぱいいますが、かわいい。



さっきまで晴れてたのに曇ってきた。明日は残念ながら天気悪そうなので写真は今のうち撮っておく。



P1260899 手前の稜線が表銀座。大天井岳や常念岳へと続きます。奥のマッターホルンみたいなのが槍ヶ岳。その下の右のピークが子槍。アルペン踊りの「こやり」ですね。子槍と頂上の間のが孫槍。


稜線を境にきれいに霧が分かれている。だから東斜面はお花畑ができて、西斜面はあまり花はないのだろう。




P1260903 裏銀座バックのチシマギキョウ。

既出ですが、きれいなのでもう一枚。



P1260910 ヤマハハコ。



P1260912 ハクサンフウロ。


Mukagotoranoo ムカゴトラノオ。


だと思います。イブキトラノオと似てて初心者には難しいですが。



P1260916 テガタチドリ。


ハクサンチドリもありましたが、写真撮らず。写真忘れてた花結構あるなあ。ちょっとショック。



もうそろそろ暗くなってきて、寒くなってきた。夏なのにやはり2700mあるとふつうに寒い。


暗いので近くにやってきた。


P1260930 ホシガラス。


こっち向いてるのはピント外してた。。



今日はこんな感じで。明日は天気やばそうだな・・・。まあ、今日良かったから良しとしよう。




<追加>


P1260865


クモマスミレ拡大画像。



« 北アルプスの自然 PARTⅠ | トップページ | 北アルプスの自然 PARTⅢ »

甲信越/Kohshinetsu」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

いやぁ、若いですね(苦笑
私は、3週間前大雪山で軽い日帰り縦走してきましたが(歩行距離13km)、風邪をひいて体調不良ということを考えても蝶を見て追いかけるどころか、カメラのレンズを交換する気力も途中で尽きてしまうと言うていたらくでした。
しかも、 下山後宿で38度迄発熱しうなされて睡眠もろくに取れず.....

所で、黄色いスミレですが、キバナノコマノツメの仲間は確かに非常に判別が難しく、判りづらいのですが私はタカネスミレの亜種であるクモマスミレで良い様な気がします。
確かに、葉の光沢が弱く葉の色も薄めですが、写真からは無毛と見受けられますし、北アルプス山系で2500mを超えているという環境からです。
スミレは同種でも変異が多く、同定が難しいですね。また、クモマスミレは日本に産するタカネスミレ4亜種の中でも、花が一番キバナノコマノツメに近いと思います。
なのでよけいに微妙です。
私は実物を見た事がありませんが、タカネスミレの変種にオオタカネスミレというのが千島にあるそうで、タカネスミレとキバナノコマノツメの中間的な特徴を持つそうです。
実物を見た事がないので何とも言えませんが、現物で比較してみたい所ですね。千島へ行ける機会がありませんが......
それどころか、茅野に住んでいた時ならまだしも北海道へ来てしまった以上北アルプスだって気軽に行けないのですが(苦笑

コメントどうもありがとうございます!

今回自分の脚で高山に登るのは初めてでしたが、予想以上に面白かったのでハマりそうです(笑)いつか大雪山縦走とかしてみたいものです。今はレンズの交換が必要ないですが、近い将来に一眼を買って何本かレンズを持って山に登りたいと思っていますので、若いうちにそういうことはしておこうかと思います(^-^;


黄色いスミレについてのご指摘ありがとうございます。助かります。この辺は山ごとに変異があるんですね(汗)。元画像を拡大してみるとたしかに無毛で、ご指摘いただいた内容に納得いたしました。訂正とともに、最後に拡大画像を追加しておきます。


明日から北海道に行き、おそらくまたいろいろな動植物を撮影して後々ブログに載せていく予定ですので、御面倒でなければ誤同定などまたご指摘いただけたら幸いです。


初めまして。
画像検索より訪問しました。
写真は「コマクサ」でした。
非常に美しく撮影されていたので、ビジネスホテル内の案内ボード背景に使用させて頂きたくコメント致しました。
何卒よろしくお願い致します。

>Iwasakiさま

はじめまして、訪問いただきありがとうございます。こちらのブログはコメントの反映が私の承認を受けてから、と設定しております。何度かコメントを送信していただいたようでお手数おかけしてしまいすみませんでした。

さて写真使用の件ですが、了解いたしました。ご丁寧にご連絡いただきありがとうございます。コマクサでも何枚かありますが、槍ヶ岳バックのものでしょうか。

どの写真を使用されたいか、を含めてこれから先はPCメールでのやりとりということでよろしいでしょうか?

p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に変えてください。)

まで、フリーメールで恐縮ですが、ご連絡お願いいたします。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235809/35987763

この記事へのトラックバック一覧です: 北アルプスの自然 PARTⅡ:

« 北アルプスの自然 PARTⅠ | トップページ | 北アルプスの自然 PARTⅢ »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.―)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm(2011.12.-)、SIGMA 17-70mm(2015.7.―)、Nikon 200-500mm(2017.6.―)
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ