« 西表 3/18 前編 | トップページ | 春の渡り~飛島2010 PARTⅡ »

2010年5月28日 (金)

西表 3/18 後編

私、あまりナイトドライブ(路上に出てくる両生爬虫類や鳥類、哺乳類を求めて夜間に林道を走り回ること)というのはあまり好きではない方でして。


助手席とか後部座席でうつらうつらしながら誰かが見つけてくれるのを待つのならいいんですけど、自分で運転するのはあまり好きでない。慣れてないせいもあるが、過去西表島で両爬屋さんに言ったら怒られそうな種を2度DORにしたことがある。カンムリワシだかオサハシブトガラスだかの餌になったんでしょうね。


所詮私は鳥屋なわけで、飛んでる鳥を識別することはできても、枝やロープとヘビを運転席から瞬時に見分けて、ブレーキあるいは避けて通ることは本当に苦手だ。




鳥屋さんや蝶屋さんなど他の生き物屋さんのなかにはヘビをDORにすることを趣味にしている人もおられるようですが(汗)。(酔った勢いの冗談だったのかなあ?)






まあ、そんなわけでこの日の晩に虫屋くんたちがライトトラップやるって言ったときには、内心嬉しかったわけです。




で、よさげな場所に行ってみるとすでに先客の方が。ポイントだったんでしょうね。


その方は甲虫屋さんで、ガはすべてスルーされておられていたのでありがたく観察・撮影させていただきました。



自分たちは車のヘッドライトで十分だろうと思っていたのですが、その甲虫屋さんの水銀灯を見ると、これぐらいの装備じゃないとダメだなと実感しました。大体ヘッドライトと水銀灯の波長は違いますし、角度も車の場合変えにくいですからね。


かなり大量のガが集まっていて、度肝を抜かれたので本気でライトトラップ用の機材が欲しいと思いました。いつか買おう(・ω・)




というわけで集まっていた種類でも。



P1180767 タイワンオオシロエダシャク(Pogonopygia pavida contaminata


一番多く集まっていたガ。といっても日本では奄美以南でしか見られないので、南西諸島ならではの種。




P1180723 シロスジヒトリモドキ(Asota heliconia riukiuana



これも多く、目にする機会は多い。後翅が以外にきれいだったりする。




P1180808 キイロヒトリモドキ(Asota egens confinis 



こちらも比較的よく目にする。手頃な大きさで美しい。




P1180684 ナタモンアシブトクチバ(Bastilla joviana 


クチバの名がつくものにはシンプルな幾何学模様が美しく施されている種類がいて、個人的に好きなグループ。




Murasakitogarishaku ムラサキトガリシャク(Sarcinodes yaeyamana 


結構な珍品。分布も八重山のみで、美しい。割と大型。




P1180691 キイロスズメ(Theretra nessus

分布域は広く、本州でも見られる。写真の質がまちまちなのは許してください。もっと酷いのもあるんで(^ ^;



Satsuma サツマスズメ(Theretra clotho clotho


こちらも広く分布。前種に比べて控え目な印象。




P1180730 リョクモンエダシャク(Celenna festivaria manifesta


南方系の美麗シャクガ。緑がうまく出てないのが痛いですね。真緑がきれいな種。







そろそろこの辺で出しましょうかね・・・




P1180675 シンジュサン(Samia cynthia pryeri


ガ好きな人ではなくても写真に収めたいというような人気のガ。うちのサークルではヤツガシラに通じるものがあるかも。



P1180666 前翅を上げ下げします。こういうのもなかなか。





P1180717 ウスキツバメエダシャク(Ourapteryx nivea


西表でも普通に見られます。顔の色は橙褐色。種小名がなんかしっくりきます。。




P1180728 セダカシャチホコ(Rabtala cristata


でっかいもふもふなガ。広く分布してます。




P1180697 アカウラカギバ(Hypsomadius insignis

またなんか酷い写真ですが。ひっくり返すと濃いオレンジ色。



Monkishironomeiga モンキシロノメイガ(Cirrhochrista brizoalis


シンプルですがなかなかきれい。メイガもそういうのが多い。



P1180817 ハグルマノメイガ(Nevrina procopia


数はそれなりにいましたが、かなりの美麗種だと思う。青紫の筋がなんともいえない。角度により色が変わる。




P1180848 アサヒナオオエダシャク(Amraica asahinai


微妙な色合いで美しいですが、ピントが合いにくい。ウスイロオオエダシャクに似ています。



Ryukyuhutosujiedashaku リュウキュウフトスジエダシャク(Cleora injectaria injectaria


擦れ過ぎていてなんだかわかりませんでしたが、おそらく本種。




Sazanamishiroaoshaku サザナミシロアオシャク(Thalassodes immissaria intaminata


割と南方系。小型だが、淡い青磁色がなんとも美しい。




Sakishimafutomeiga サキシマフトメイガ(Teliphasa sakishimensis


その名の通り分布が限られる。小型で地味だがよく見ると美しい模様。




Nachiaoshachihoko ナチアオシャチホコ(Syntypistis nachiensis


いやはやきれいな緑色である。ナチというのは和歌山県の那智のことなのだろうか?それともやはり人名か?





ここから見苦しい背景の写真が続きますm(_ _)m


レンタカーに留まったものです。



Iriomoteaoshachihoko イリオモテアオシャチホコ(Vaneeckeia pallidifascia iriomotensis


ホリシャシャチホコもいるようなので、素人による判断は避けたほうが無難なのかもしれませんが、おそらく本種であろうと。たぶんもっと下からのアングルだと緑がきれいに写るのだと思います。本来はもっときれいです。

西表島特産種。




Hirobausuguronomeiga ヒロバウスグロノメイガ(Paranacoleia lophophoralis


相変わらずメイガは多い。




Sotousukinomeiga ソトウスキノメイガ(Lipararchis tranquillalis


なんてことはないだろうと思ってたが、西表や石垣などしかいないというのだから驚き。



Marumonkuchiba マルモンクチバ(Bocula caradrinoides


本種も。ただ、大体石垣島での記録らしいので珍しいのかもしれない。もしかしたら別種だろうか?初心者には謎だらけだ。



Koyotsumeaoshaku コヨツメアオシャク琉球亜種(Comostola subtiliaria kawazoei


背景が・・・。




Yotsumonmaejiroaoshaku ヨツモンマエジロアオシャク(Comibaena procumbaria


小さいが美しい。




Usudumaatsuba 不明種(右)


ウスヅマアツバかと思ったが、どうやら模様も違うし、分布も合わない。もしかしたらヤエヤマウスヅマアツバなのかもしれないが資料不足のため断念。左のガはピントあってないので無理。




口直し。




P1180738 墜ちたシンジュサン。これはこれで美しい。



P1180741 アップ。かわいい。ファンが多いわけです。




キャンプ場に戻って寝ることに。



キャンプ場にも来てました。今夜は条件がいいのだろう。



Akounomeiga アコウノメイガ(Glyphodes bivitralis


奄美以南に分布する南方系のガ。イカリモンノメイガ(既出)と並んで素晴らしい模様を持つ。



Haiirohitori ハイイロヒトリ(Creatonotos transiens koni


これまた屋久島以南にしかいない。




Shirosujiooedashaku 不明種。


シロスジオオエダシャクかと思ったが、西表に分布するのだろうか?屋久島亜種はいるようだが。別種の可能性も。



Ichijikukasan イチジクカサン(Trilocha varians


小型のカイコガの仲間。徐々に記録が増えてるみたいですが、分布はやはり限られるようです。




載せすぎてしまい、申し訳ございません。どうしても一回にまとめたかったので。一晩でこれだけの種が見られると感動します。


他にはアカスジシロコケガ、カバシタリンガ(既出)、オキナワオオアカキリバ(既出)、フリッツェホウジャク、ハグルマトモエなどがいましたが割愛します。これらを合わせると35種類前後撮影してました。同定できたのは33種類。実際はもっといたでしょうね。



鳥に飽きたら、本気でガを究めようと心に決めた夜でした。



P1180829

« 西表 3/18 前編 | トップページ | 春の渡り~飛島2010 PARTⅡ »

サークル/group activities」カテゴリの記事

八重山’10春/Yaeyama2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235809/34914478

この記事へのトラックバック一覧です: 西表 3/18 後編:

« 西表 3/18 前編 | トップページ | 春の渡り~飛島2010 PARTⅡ »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.-)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm F4.5-6.3 APO DG OS(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm f/3.5(2011.12.-)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ