« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

八重山’10 プロローグ

さっき東京に帰ってきました。寒いです。


長い旅でしたが、こんな好き勝手なことはもうできなさそう。



ひたきの野郎がとんでもない珍鳥を記録したんじゃないかとビクビクしておられる鳥屋さんもおられるかもしれませんが、心配なさらずに。みなさんの願いが通じたのか、今回の鳥運は絶不調でした\(^o^)/


春の南西諸島はギャンブルであると痛感した旅でもありました。鳥が少ない少ないと言われ続ける昨今、日本の珍鳥狙いならやはり海外へ行った方が成果が上がるであろうと思います。


しかし、鳥以外にも素晴らしいところが八重山には数多くあります。そんな素晴らしい八重山を拙い写真と文とともに、今年もまた紹介していきたいと思います。


ではでは続きをご期待ください!



P1200201

2010年3月 9日 (火)

久々の東京湾

うわ~、もう明日の夜には石垣島か。。にしてもみぞれだか雪がひどいね。飛行機大丈夫かな?


ってことで旅行前さいごの更新。昨日の話。


もしかしたらまだいるかもしれないということで行ってみました。



しばらく探すがいない。どう考えてもいないなあと思ってたら一日前から見られてないらしい。どうも私とここに出現する珍鳥との相性は悪い。最悪だ。もう3種目。ま、しょうがないですね。


ということで早々とその辺にいる鳥の撮影に勤しむことに。



Dscn3067_2 コクガン。かわゆいですね。


久々に見ました。何年か前に三重で見て以来。



Dscn3053 わさわさ。人が近付くと飛んじゃいます。ひどい画像ですが、おもしろいので載せてみました。オオバンのなかにコクガンも混じってます。


P1150196 こんな感じで休息。あらら、丸わかりですね。


Dscn3074 ってことでシノリガモ♀。


Dscn3076 ヒドリガモとコクガン。水に浮かんでるとそうでもないですが、陸に上がるとやはりコクガンは大きいですね。


P1150206 お約束のバタバタ。次列風切、三列風切、雨覆の先端が白いです。脇羽は黒色。



今日はこの子も割と近い。


Dscn3099 ビロードキンクロ♂。これも久しぶりに見ました。奥と右はスズガモ。

しかし、とんでもない顔です。虹彩は水色だし、嘴赤いし、なんかコブまで付いてるし。


Dscn3100 これまたお約束の白い次列風切。いやいやきれいですね。

昔、3月の名古屋~苫小牧航路に乗ったときに仙台湾の入り口付近でクロガモに混じって、次列の白いビロキンが飛んでいくのを見たことがありますが、船からだとこの白がまた目立つんですよねぇ。また乗りたいなあ、フェリー。。この頃乗ってないからどうも調子がおかしい(笑)




あ、起きた。


Dscn3104 シノリガモ。これまたかわいい。左翼の初列風切はボロボロでした。がんばっておくれ。



反対側に行くことに。


P1150243 タヒバリ。Pipit大好きな私としては今回こそはマキバタヒバリかチョウセンタヒバリあたり出したいものです。



P1150252 シロチドリ。ちょこまかしててかわいい。さすがにクロエリシロチドリは厳しいかな。


P1150265 ミユビシギ。左にはハマシギも。



Dscn3136 ダイシャクシギ。立派な嘴ですね。


P1150316 カモメとミヤコドリとスズガモ。カモメは久々。



P1150339 さっきのダイシャクシギとミヤコドリ。どちらも美しいです。


P1150356 ハジロカイツブリ。もう春なので夏羽に換羽中。完全夏羽も何個体かいました。




こんな感じで本命はいませんでしたが、なかなか楽しい鳥見でした。





さあて、いよいよ八重山か。何カ月も前から首を長くしてこの日を待ってたので、やっとという感じ。鳥ももちろんですが、他の生き物もいっぱい見てきます。んで、できるかぎりきれいに写してきます。

昨年外した与那国も今回はなんとかなりそう。待ってろオオチドリ、ヨナグニサン!!



ではでは気を付けて行ってきます(○`・ェ・)ノ



2010年3月 6日 (土)

八重山前の小休止

今は神奈川にいて、八重山に行く日がくるのを待っている感じです。

今年は3/10に石垣島入り、3/11~3/22まで西表島、3/23は石垣島、3/24~3/29まで与那国島、29はちょろっと竹富島にも観光、30日に羽田に帰る予定。したがってその間の更新はできません。旅先でアップできたらするかもしれませんが、携帯から近況報告程度のものでしょう。


目標はいろいろありますが、とりあえず写真はすべて撮り直したい。技術も機材も去年よりはちょっとは良くなったので。

鳥、蝶、蛾、蜻蛉、直翅、甲虫、蜘蛛、蟹、両爬、植物などなど目に付いた生き物はできるだけ撮りたい。おそらく春の八重山に3週間もいることができるのは人生で今年限りであると思う。来年も研究室に入室する前は長い春休みがあると思うが、極端な円安になってないかぎり海外に行ってしまいそうな気がする。




最近あちこちから鳥関係の羨ましい話が耳に入ってきますが、私も一カ月後にそういう話題をこのブログから放出できるようにせいぜいいろんなもの見てきますよ(´,_ゝ`)

お楽しみに(◎´∀`)ノ



ってなわけで、最近の話題でも。


P1140333 ツクシガモ@奈良県


P1140383 2羽来てました。

かつてのマイフィールドにて。ここは5年ぐらい前から見てきたが、奈良には珍しくホシハジロやキンクロハジロがいて、ヒシが生えてたような所。

でも今はだいぶ環境が変わってしまっていてショックだったが、水深が浅くなったせいかツクシガモが来てくれた。


P1140385 ヒドリガモと。

九州だとなんら珍しくないですが、奈良だと結構嬉しいですね。


P1140389 とうっ。



P1150082 ミヤマホオジロ♂@大和三山のうちのどっか

ミヤマホオジロ初見の場所での何年か振りの再会。地元は嬉しいです。




所変わって関東。


Dscn2923 アオゲラ♂。そういえばカゴシマアオゲラ見るの忘れてました。


Dscn2931 背面も。きれいです。ピンぼけですが。。




最後に翼でも。


P1150133 ヒドリガモ。背景はSIBLEYで。



P1150138 翼下面。グロいの無理な人ごめんなさい。ちょっと失敗しました。


♀だと思うのですが、年齢がいまいちわからない。ネット画像漁りまくったり、フィールドでそう真剣に観察してるわけではないので、判断しかねます。わかったら加筆しておきます。


翼鏡がほとんど輝きがなく地味めなので、幼鳥かもしれない。Collinsにはそんなこと書いてます。まあでも大雨覆なんかは成鳥っぽいから、成鳥かな?



にしても、カモは作りにくい。鴨肉を食べたことある人ならわかると思いますが、皮が厚くてぷにぷにしてる。んで、脂肪も多い。だからなんか乾燥しにくい。初列がきれいに伸びてないのはそのため。可動式標本になっちゃいました。



発見時の状態からして死因は猛禽類によって捕獲されたときの失血とかだと思います。H5N1とかの怪しい感じではなかった。用心するにこしたことはないですが。






こんな感じで近況報告おわり。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.-)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm F4.5-6.3 APO DG OS(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm f/3.5(2011.12.-)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ