« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

春の八重山~プロローグ~

面白いフィールドに行けてないのでネタに困っている今日この頃です´ω`)ノ

冬はまた色々行きたいので、それに向けてお金&気力を溜めている感じですね。




さて、私が先輩からカメラを借りて写真を撮り始めたのが2月中旬。このブログを始めたのが6月ごろ。

その間当然いろいろ行ったわけですが、大抵の遠征記録はT氏のブログにありますので今さら記事にする必要もないわけです。一緒に鳥見てた頃が懐かしいです( ´;ω;`)



で、未だweb上にあまり記事(同行者による)になってなくて、面白いネタというのが一つあります。


春の八重山です(。・ω・)ノ



実は私、今年の3月4日~3月24日まで石垣島、西表島、与那国島に行ってました。それはそれは楽しくて、思い出すとよだれが垂れてきそうです。来年も行く予定ですので、今から楽しみです。



というわけで、今から2009年春の八重山の記事をちょくちょく書いて、今年中に終わらせようかと思います。まったくタイムリーではないので役に立ちませんが、八重山の生き物を拙い写真とともに楽しんでいただけたらと思います。



それではちょっとだけ写真を(◎´∀`)ノ



Kakumune Kogata2 Nimo Sujiguro Washi Semaruhakogame Takasago3

2009年10月26日 (月)

秋の渡り~飛島 PART3

最終日の朝。自転車でさらっと見てみることに。

P1070306 鳥海山から昇る朝日。無事帰れそうな天気。



昨日のシラガホオジロはまだいてくれた。

P1070334 うん、たぶん♀成鳥冬羽ですね。


P1070358 1羽だけコホオアカも。警戒心は強い。


P1070452 シラガホオジロ正面顔。いろいろ模様が入ってますね。



P1070478 大抵は草の種を食べていましたが、アワだかヒエだかに餌付いてました。っていってもシラガホオジロ用ではなくたぶん民家で飼われていたコレ↓用だと思われます(^-^;

P1070521



P1070480 電線でも草の中にいるよりはよく見れますね。踊ってました(笑)


P1070485 尾羽。なかなか愛想がいいです。



場所移動後こんなのも。


P1070490 チゴハヤブサ。伊良湖よりまともなのが撮れた(;・∀・)


朝食の時間になりいったん中断。おいしい朝ごはんでした。




朝食後またシラガホオジロの所に行くとなんと♂も。


P1070517 おお、これなら一瞬も迷うことなくシラガホオジロですね。♂成鳥冬羽かな。


P1070547 ほー、かわいい。最高です。



堪能したら移動。


P1070569 ヒメアカタテハ。少々ぼろいけど色は美しい。


チョウは他にアカタテハ、ルリタテハ、アサギマダラ、ヤマトシジミ、ウラナミシジミ、イチモンジセセリ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウを記録。



P1070572 島内のEmberizaのほとんどがミヤマホオジロのようだったが、少数ながらアオジも。亜種は・・・アオジ?ちょっと色薄いような気がするけど。



P1070589 こちらはウグイスと思いますが地鳴きがちょっと変でした。亜種が違うのかな?私にはわかりません(ノω・、)



P1070618 悩まずに済むのはいいけど、こればっかりっていうのもね・・・。でもかわいいから許す(o・ω・)ノ))



再びあの方のところへ。


P1070635 こ、こわい。


P1070636 あれ、そうでもないか。表情がすぐ変わりますね。


亜種はいろいろあって難しいですが、minulablythiあたりかな。上面の色は灰色味が強いからminulaあたりだと思うんですが。まぁ、素人の目にはわかりませんね。

齢もわかりません(;´Д⊂



P1070667 角度によっては虹彩の色も濃く見えます。


P1070688 そして角度によってはかわいい(*´ェ`*)

本領発揮してくれました。





P1070669 近くにはジョウビタキも。冬も近いですね。



昨日てっきりコノドジロの地鳴きだと思っていた声の主はずっといるけどなかなか見にくい。


P1070691 こんなひどい写真しか(;´д`)

残念ながら背中にすじは入っておらず。




P1070701 ヨメナかなんかにはイチモンジセセリが大量にいました。


あるところには局所的に100匹ぐらいいて、私が通るととんでもない乱舞が。これだけいるととても飛島だけで発生したとは考えにくいですね。たぶんこれもオナガアカネと同じく大陸から飛来したものでしょう。亜種は日本と同じらしいです。




そうこうしているうちに船の出港時間が迫る。


タッチの差でカラフトムジセッカを見ることができずに島を去ることに・・・。ほんとにあと20分あったらなぁ。う~ん惜しい。


P1070729 復路は特に何も出ず終了。


無事酒田に到着。あっという間でした。





現地でお世話になった方々、ありがとうございました!特にA子さん、Nさん、初対面の私にいろいろ教えてくださり本当にありがとうございました。また飛島でお会いしましょう(。・ω・)ノ゙

2009年10月22日 (木)

秋の渡り~飛島 PART2

丸一日使える唯一の日。朝食前から頑張ることにする。


夜に雨が降ったので期待していましたが、晴れたので鳥はどんどん飛び立っていく感じ・・・。



P1070168 トビが低い所に。それだけ。




特に何も出せないまま朝食へ。




朝食後は島内をいろいろ回ってみることに。





荒崎に行くとこんなのが。

P1070182 カナヘビ。なんか雰囲気が違うような気もするが大型だからかな?両爬では他にニホンアマガエルの声を聞いたぐらい。シマヘビとかもいるそうですが。




P1070205 オナガアカネも。これはてっきり♂だと思ってましたが、実は♀の赤化型。♂なら腹部第7節が下方に突き出るし、産卵弁などない。

♀赤化型はちょっと珍しいかな。でもかなりの数が飛来していたので確率も高くなるでしょうね。

今年は当たり年のようです。島内にいるトンボはこれしか見つけれませんでした。でも実は♂の写真撮り忘れたんだよなぁ(;´д`)





鳥で私しか観察していないらしいのは下のやつだけ。オオトラツグミよりひどい写真ですが、証拠としてね。


P1070209 シロハラホオジロです。すみませんね、ホントに。ピント合ってなさすぎ。元は露出アンダー過ぎて真っ暗なのを補正してこれ。

ま、さほど珍しいのではないのでOKっしょ。♀もいました。




P1070225 よくわからん直翅。いかにも本土にいそうな感じですが、同定に時間を割く気にならない。鳥が寂しいので撮っただけ。


→セスジツユムシ♀らしいです




P1070227 道の奥へ行こうとするとカルガモが休息中。これはしょうがないな。撤退しました。こういう時に限って奥になんか隠し持っているんだろうけど。この子のフィリピン版とかね。





はあ、私はなんてダメ鳥屋なんだろう。飛島まで来てシロハラホオジロぐらいしか見つけてないじゃん(´;ω;`)ウウ・・・



と思っていると携帯に魅力的な情報が!




私はポイントから離れたすごい中途半端な場所にいたので自転車借りに行って現場に直行。しばし待ちます・・・。



お!?(゚ー゚)



P1070236
ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノ



はじめまして、コノドジロムシクイさん。


そうなんです、「はじめまして」なんです。水元に出たとき私は健全な受験生。しかも浪人生、後がない。東京から遠く離れた地で我慢してました。


やっと会えた・・・。それも間近で。いやぁ、嬉しかったです。

Nさん、情報提供してくださりありがとうございます(*´Д`*)



コノドジロムシクイは割と観察しやすかったです。地鳴きは実はあまり聞いてないのですが。近くにいたコヨシキリの地鳴きをコノドジロのものと勘違いしてました・・・。初心者もいいとこですね(゚ー゚;






しばらく楽しんだ後、別の場所へ。




P1070242 チリリリという声がしたので見るとヒレンジャク。ヒーヒー言ってました。




P1070245 うーん、私一人ではやっぱり何も見つけられないな・・・。




夕方、校庭へ行くと人の集まりが。



ホオジロ類がいるみたい。


話を聞くとシラガホオジロがいるとのこと。



P1070279 いた。うう、暗い。♀成鳥冬羽なのかな?





P1070299 高感度すぎる。ざらざら。



もういいや、明日の朝また来よう。



って明日帰るのか・・・。早いもんです。



2009年10月21日 (水)

秋の渡り~飛島 PART1

10月10~12日で飛島に行ってきました。ただ今金欠状態です(A;´・ω・)


さて私10年ぐらい鳥見ておきながら、秋の離島&飛島に行ったことがありませんでした。そんなわけで今回行くことに決めたのですが、台風やらでビクビクしながら夜行バスで酒田へ。



酒田に着くとなんときれいに晴れわたってる。前日は欠航だったし、明け方は雨降ってたのに。やはり私は晴れ男のようです。



もう周辺はツグミやらカモやらが来てて冬の雰囲気が。時間になると無事出航。



P1070026 オオミズナギドリやウミネコしか飛びませんが、海上で小鳥の群れに遭遇。


とりあえず写真撮ってみるとヒバリっぽい。外側尾羽や風切後縁が白い。嘴の感じなんかも。ツメナガホオジロとかではないでしょう、たぶん。



P1070048
P3、P4?あたりが抜けてるオオミズナギドリ。トウゾクカモメあたりに「ぶちっ」ってやられたのかな?




あっという間に飛島へ。春ならこの航路もおもしろいんだろうな。



荷物置いて早速鳥見。いまいち地理がわからないけどとりあえず上の方へ行ってみると、鳥がいそうな感じ。



まあ、いるんだけど写真は撮りにくい・・・。だからトンボでも。


P1070064 秋の飛島には大陸からのちょい珍しめのやつが来るってことは知ってたので見ると・・・。


胸の模様は去年の今頃に大学の近くで捕獲したタイリクアキアカネとも違うし、見たことないなぁと思っていると、そういえばオナガアカネってのがいたことに気づく。


調べてみるとオナガアカネ♀っぽい。初見でした。




P1070096 ノビタキ♂成鳥冬羽と思われる。残念、マミジロノビタキではありませんでした。


まあ、でもここは飛島なわけだから酷似種オジロノビタキも疑うことにする。


P1070101 う~ん??ノビタキだよな?


P1070100 拡大。でもこんなに明瞭に外側尾羽って白かったっけ?


持ってる文献の量が少ないので私にはわかりません。たぶんノビタキだと思いますが、異論がある方はご一報を。





P1070112 ミヤマホオジロ。いっぱいいる。


ミヤマヒゲホオジロならともかくミヤホごときで私のアドレナリン分泌量は増大しませんね。どいつもこいつもデジスコ距離だし。(# ̄З ̄)


P1070154 猛禽好きな私としてはこちらの方がよろしい。大きさからして♀と思います。


そういえば北硫黄島でシマハヤブサ見つけれなかったなぁ。結構探したのに・・・。



P1070158 あらら、飛ばしちゃった。さようなら~。






この日はこんな感じで終了。なかなか難しい島だと実感。見つける眼が海鳥とかタカとかに慣れてしまっててやりにくいことこの上なし。

2009年10月17日 (土)

伊良湖岬 2日目

翌日は真夜中から駐車場にどんどん車が入ってきて、日の出の頃には満車状態に。



予想通りタカはよく飛びます。でも距離は遠い。


P1060832 こちらはその辺に住んでるミサゴかな?2羽で飛んでました。




P1060860 サシバ。色が薄い。




P1060861 飽きてきたので浜辺に。


ヤマトマダラバッタでしょう、たぶん。今年もいました。何気に希少種。





ヒタキポイントに行くことに。



途中のコンビニにとんでもないのがいた。

P1060865 某有名サイトで2時間ぐらい探してみたが見当たらない(´・ω・`)


誰かわかったら教えてください。こんな素敵ガなかなかいないよ。



ワタヘリクロノメイガでした。自己解決しました。(2009.11.1.)






P1060878 着くともうすでにタカ柱が。ちょっと遅かったか・・・。


中間型♀幼鳥なのか?今年生まれではなさそう?





P1060882 サシバ成鳥。幼鳥もいいけど成鳥のほうがかっこいいですね。




P1060888 ハチクマ中間型幼鳥。一番見る機会が多いかな。



P1060889 サシバ幼鳥。この角度だと微妙にツミっぽい。微妙にね。




P1060904 こちらが本当のツミ。ちゃんとfingersも5枚。




P1060914 もちろんアサギマダラも渡ってます。ちょくちょく寄り道しながら・・・




P1060941 またまたツミ。Ad.♀っぽい。




P1060957 オオタカJuv.



P1060980 サシバ成鳥。日本語表記に戻した。やっぱりタカはいいね。




ところで私の誕生日はちょうどタカの渡りの時期なんですよ。いいときに生まれました。





P1060992 こちらが幼鳥。




P1070014 トビ。その辺飛んでるウバタマムシを狙ってたみたい。自分で餌採るのはえらいね~。





その後、静岡あたりに寄り道しながら帰ることに。






記録



1.カイツブリ 2.オオミズナギドリ 3.カワウ 4.ダイサギ 5.コサギ 6.クロサギ 7.アオサギ 8.カルガモ 9.ミサゴ 10.ハチクマ 11.トビ 12.オオタカ 13.ツミ 14.ノスリ 15.サシバ 16.ハヤブサ 17.チゴハヤブサ 18.コジュケイ 19.ケリ 20.セグロカモメ 21.ウミネコ 22.ドバト 23.キジバト 24.アマツバメ 25.コゲラ 26.ヒバリ 27.ツバメ 28.キセキレイ 29.ハクセキレイ 30.セグロセキレイ 31.ビンズイ 32.ヒヨドリ 33.モズ 34.ノビタキ 35.イソヒヨドリ 36.キビタキ 37.エゾビタキ 38.コサメビタキ 39.サンコウチョウ 40.エナガ 41.ヤマガラ 42.シジュウカラ 43.メジロ 44.ホオジロ 45.アオジ 46.カワラヒワ 47.スズメ 48.ムクドリ 49.ハシボソガラス 50.ハシブトガラス



2日間合計で71だっけか?まあそこそこですね。去年の90はやりすぎだわ。


2日目はアカハラダカもいたらしいですね。なんなんだろう、アカハラダカに振られ続けるこの人生・・・。いいもん、いつかもっと西に行って大量に見るもんね( ´_ゝ`)

2009年10月15日 (木)

伊良湖岬 1日目

毎年恒例の伊良湖岬。今年も10月3・4日に行ってきました。お天気が気になってましたが、結局ずっと晴れ。よかった、よかった。



初日は強風でタカが落ちる。ほとんど引き返してました。


P1060529 ハチクマですが、これは幼鳥なのかな?たぶん今年生まれではないと思いますが・・・。

尾羽とかは♀っぽいけどね。中間型ぐらいかな。


P1060531 同一個体。駐車場でこの近さ。タカにとっては風強いと大変ですね。



P1060569 これは中間型幼鳥と思います。



P1060627 トビ。でかいですね、やはり。



P1060641 オオミズナギドリも割と近いところにいました。スナメリは見れず。



P1060654
サシバ幼鳥。時期的なものなのか、幼鳥の比率が多い。




そろそろ飽きてきたのでヒタキポイントへ。



Ezobi いました、エゾビタキ。今季初見でした。秋を感じさせますね。






P1060703 チゴハヤブサは結構見ますが、なんか撮りにくい。わかる程度にしか写らない(´;ω;`)



P1060728 ハチクマ淡色型幼鳥。私はこのタイプが一番好きです。



P1060743 こちらは暗色型?♂成鳥。



P1060754 またまたサシバ幼鳥。一番多いかも。




だらだらしてたら3時くらいになったので、シギチでも見に東のほうへ。



P1060762 ダイゼンが夕日に染まってました。


キアシシギ、アカアシシギ、アオアシシギもいました。信号トリオね。



近くの池にはハジロカイツブリやカモ類も入ってた。去年はアカエリカイツブリとかシマアジとかいたけど今年はいない。



こんなことしてたら夜になって、晩御飯食べて、さっさと寝ました。





記録



1.カイツブリ 2.ハジロカイツブリ 3.オオミズナギドリ 4.カワウ 5.ウミウ 6.ゴイサギ 7.アマサギ 8.ダイサギ 9.チュウサギ 10.コサギ 11.アオサギ 12.カルガモ 13.コガモ 14.ヒドリガモ 15.オナガガモ 16.ハシビロガモ 17.ホシハジロ 18.キンクロハジロ 19.スズガモ 20.ミサゴ 21.ハチクマ 22.トビ 23.オオタカ 24.サシバ 25.ハヤブサ 26.チゴハヤブサ 27.チョウゲンボウ 28.コジュケイ 29.オオバン 30.ダイゼン 31.ハマシギ 32.アカアシシギ 33.アオアシシギ 34.キアシシギ 35.イソシギ 36.セグロカモメ 37.ウミネコ 38.ドバト 39.キジバト 40.アマツバメ 41.カワセミ 42.コゲラ 43.ヒバリ 44.ツバメ 45.ハクセキレイ 46.キセキレイ 47.ヒヨドリ 48.モズ 49.ノビタキ 50.イソヒヨドリ 51.セッカ 52.エゾビタキ 53.コサメビタキ 54.メジロ 55.ホオジロ 56.カワラヒワ 57.スズメ 58.ムクドリ 59.ハシボソガラス 60.ハシブトガラス




去年は初日でみんなで80種出したんだもんなあ、とんでもないわ。あの頃は若かった( ´・ω・`)

奈良の秋

シルバーウィークのうち何日間かは奈良に帰省してました。かつてのマイフィールドで久しぶりの鳥見。


P1050249 やはりここは関西、ケリが多いです。何年か前には自宅近くに一日で44羽とかいたことも。


尾羽全開。T2あたりは持っていたと思います。



P1050344 何気に亜種シコクコゲラ。関東では見れないんだよなあ。



P1060142 家から自転車で3分の森にヤママユが。いるとは思わなかったのでびっくり。


でもこの個体は左右の翅が非対称で右のほうが小さかったです。アングルの問題ではないんですよ。



P1060170 タマシギ幼鳥。こんなにまじまじと見たのは初めてかも。



ここは意外と知られたポイントのようですが、初めて行きました。自宅から自転車で20分ほどのところにカメラマンが集まっててびっくりした。


実家周辺では鳥屋なんて一年に一人会うかどうかだったから、カメラマンが集まってるとかなり違和感・・・。時代も変わったのかね。



P1060207 ヒバリがいた。ちゃんとPrimary projectionも長い。タイワンじゃないな。



P1060214 チュウサギも。すっかり冬羽。





翌日またタマシギに会いに。


P1060221 この子はほんとよく伸びをする。そういうお年頃なんでしょうね。

羽がきれいです。


P1060222 びよーん。翼下面もきれい。


P1060223 うー、疲れた。お座り。

あんたかわいいね。



P1060253 脇羽見せてくれた。と思ったら


P1060254 ぷりっ。

うんちする時こうすんだね。



P1060257 そしらぬ顔。じゃなくて猛禽でもいるのかな?

実際いませんでしたが。



素敵なタマシギでした。




P1060262 違う場所に行くとリスアカネ♂。たぶん。






やっぱり奈良は癒される。なんでこんなのんびりしてんだろね。人も生き物も。

2009年10月13日 (火)

白樺峠とか

硫黄島ネタが長引きすぎて全然タイムリーではないですが、シルバーウィークに行ったところでも。まずは長野県版。そのうち地元版も書きます。


白樺峠をメインにして家族旅行。最近私一人でいろいろ行ってたので久しぶり。


P1050461 ついでに寄った富山県のとある所にトモエガモがいました。私には♀成鳥なのか幼鳥なのかはわかりません(´・ω・`)

眼から頬にかけて暗色線がないからエクリプスではないと思いますが。



この他に富山県ではいろいろいましたが、諸事情で割愛。




翌日は大渋滞の中なんとか白樺峠に到着。初めての場所に心躍ります。それにしても硫黄島で見た顔がちらほらと・・・(笑)


P1050752 ハチクマ♂成鳥。これは中間型だっけ?どっから暗色型っていうのか実は知らなかったことに気付きました。



P1050761 ツミなんだろうけど、よくわかりません( ´_ゝ`)


P1050789 ノスリ。かっこかわいい。


P1050798 同一個体。



P1050818
こいつは暗色型♂成鳥か?

P1050855
眉斑が明瞭だからサシバ♀成鳥っぽい。P1050864

これはハチクマ幼鳥なんだろうけど、翼下面が見えない。P1050867

♂成鳥でしょう。時期的なものなのか、成鳥の割合が多かった気がします。

fingersも6枚。ヨーロッパハチクマではないですね。


P1050879
サシバ幼鳥。


P1050887
さっき似たようなのいたな( ´・ω・`)




P1050890
変な物体が飛んできた。


P1050891
こんにちは、ホシガラス。見れるらしいってことは知ってましたが、毎日出るんですかね?




P1050930
サシバ幼鳥が近い。でもピンはなかなか・・・。


P1050933
同一個体。






そろそろ飛ばなくなってきたので、帰ることに。

P1050949
マツムシソウにイチモンジセセリ。秋らしい風景。



P1050956マツムシソウにミドリヒョウモン。ボロボロですね。お疲れ様です´ω`)ノ





翌日は安曇野方面へ。


P1060005 被写体が少ないので、滅多に注目しないハチでも。マルハナバチの仲間であることはわかりますが、そこからは写真のみでは無理かな?コマルハナバチの♂あたりが近いかも。


P1060030 なんにせよ、マルハナバチはかわいいのです。もふもふですね( ^ω^ )



P1060046 オオチャバネセセリ(たぶん)となんかのキク。ノコンギクかな?山地だし。

しかしこれオオチャバネで合ってるのかな?イチモンジにちょっと似てるような気がする。蝶屋になりたい・・・。



P1060065 素敵な世界。守備範囲外なのでキノコもコケもよくわからず。



P1060072 ほほえましい|ω・)



P1060110 ニホンザルにも悩みがあるんですね。そんな風に見えません?




蕎麦を食べて帰ることに。いやぁ、美味かった(^-^;


P1060134 蕎麦屋さんの近くにいたオオアオイトトンボ♀。


P1060138 ニホンアマガエル。




生き物はみんな素晴らしいですね。






 

2009年10月 6日 (火)

硫黄3島クルーズ 2009/9/15,16

この日はいよいよ父島そして竹芝へ向かう日です。

朝の数時間は母島で固有亜種を撮る。


私はアンチパパイヤ派なので一人険しい乳房山に登ることに。


P1040692
道中アフリカマイマイがいっぱい。DORもいっぱい。でかいねこりゃ。



オオヒキガエルはそういえば写真撮ってませんでした。オオヒキも干物がいっぱい。



P1040744 乳房山に登るとグリーンアノールも。

悪名高いやつですが、じっくり見るとなかなかかわいい。眼がカメレオンみたい。動きも面白い。



これ自体はすばらしい生き物なのに外来にされるとホントひどい扱いを受けるよね。そりゃ、私だって高校の頃はグリーンアノール駆除の番組とか見てて「俺も小笠原に行って大量に捕ってやる!」って思ったもんだけど。なかなかそういう意志を持ち続けるのは難しい。

フロリダだかどっかでは在来のグリーンアノールが外来のブラウンアノールにやられて激減してるらしいですね。どこでも外来種問題はあるもんです。



帰ってきてから思いましたが、ここは蟲の気配がほんとにしなかった。時期的なものもあると思いますが、もしかしたらグリーンアノールのせいかも。


グリーンアノール見てたら外来種について考えてた高校時代が懐かしくなりました。結局、生態学や保全学ではなく獣医学を選びましたが・・・。今ではこの方面でよかったと思っているのでまあ幸せです。悩みからは解放されたし。外来種や希少種の問題は日本の若き生物系の研究者に任せたっ!





話が脱線しすぎたι(´Д`υ)


P1040803 ってことでメグロ。口直しにもならん写真だけど。タコノキの実から出ている蜜らしきものを吸っているのかな?


P1040809 メジロと混群をつくって行動していることもありますが、林内ではメグロだけいることも多い。雰囲気はメジロだけど、形はやっぱり違う。特に嘴はごつい。

P1040837




結局メグロ撮ってたら時間に。オガサワラヒヨドリとオガサワラノスリはひどい写真しか撮れなかった。あかぽっぽは見れなかったし。いいもの拾えたからいっか。





父島に戻ります。


P1040901 やっぱりあの4種しか出ない。もしかして他に出たっけ?

カツオドリ撮って終わり。




P1040974 短時間の間に公園に行くとイソヒヨドリがハイパー近い。こりゃかわいい。


それにしてもいいものの処理が大変だった・・・。ふぅ~。







そろそろ父島もお別れ。

お見送りの儀式が終わるとまた鳥見。


P1040995 やっとクサビがわかる写真が撮れた。これこそWedge-tailed Shearwater!



P1050039 群れ発見。なんかでかいのいるね( ´・ω・`)

P1050041 でかい子は左から3番目。はい、オオミズナギドリです。こんなとこにいるんですね。他はWedge。



P1050062 やっとトビウオが撮れた。種不明。


結構いるもんだけど、レンズ向けると他の人になんか鳥がいたの?って勘違いされちゃうからあんまし撮れない。



しかし鏡のような水面だね。スーパーベタ凪。



P1050065 そんななかシロハラミズナギドリ。上面のM字とピンクの足は撮れた。



P1050066 しかしなんだろ?このハシグロクロハラアジサシのshoulder patchの長いバージョン的なものは。FZのいたずらかな(笑)


あ、首曲げてるから黒いのがねじれてるのか!たぶんこれが有力。





P1050074 セグロミズナギドリが出始める中、船主方向から怪しいやつが飛んだ。とりあえず写真撮ってみたけど、セグロナギっぽい。


でも他の方の素晴らしいお写真を拝見するとどうも眼の上まで白い。


ってことで噂のヒメミズナギドリなんですが、なんかいまいち感動しなかったんだよなあ(´・ω・`)


たぶん生で顔を見れなかったからでしょうが。観察or撮影。難しいところです。つい最近まで純観察派だったんだけど。観察力が鈍っているのが実感できます。でも運はまだあるみたい。





こんな感じで日が暮れた。きれいな夕日でした。

最終日である9月16日の朝はやっと悪天候。航路探鳥らしい天気です。波しぶきがすごい。


早いうちはオーストンウミツバメやヒメクロウミツバメらしきのも出ましたが、基本はアナドリとオオミズナギドリ。



P1050103 たぶんハンドウイルカ。コビレゴンドウが混じっている可能性も。



P1050112 なんかP1あたりに白斑があるオオミズナギドリ。わけわからん。これは他にも観察した人がいるのでFZのいたずらではありません。



P1050176 ふつうの。オナガもいいけど、こっちもいいね。極東が誇るミズナギドリです。



P1050158





そろそろ房総半島が見えてくるころになると終わり。

P1050231 船が多い。










昼過ぎに竹芝に入港してほんとに終わり。長かった。楽しかった。


今回は他力本願もいいとこだったけど、今度来るときはちゃんと自分で見つけよう。来年も行きたいな~。

2009年10月 5日 (月)

硫黄3島クルーズ 2009/9/14

この日は母島に渡ります。いつも4時には起きてたけど、この日は6時半ぐらいまで寝れた。




母島航路はベタ凪。

P1040335 クロアジサシが近い。船と並んで飛んでくれました。



P1040378 オナガミズナギドリ、アナドリ、クロアジサシ、カツオドリ以外出ないので、ひたすらカツオドリを撮ってました。スコープもしまって、ひたすら写真。ダメ鳥屋。



カツオドリって沖縄方面の航路と伊豆七島や小笠原航路では普通種ですが、船下りて本土に戻ったらまず見れませんもんね。だから、やっぱり撮っといたほうがいいのです。



P1040423 採餌のために着水。



P1040462 風切と尾羽がよく見えます。八重山の海辺にはカツオドリらしき羽根がよく落ちてました。


P1040510








そうこうしているうちに母島に到着。



P1040545 オガサワラトカゲ。お肌すべすべ。



P1040568 海辺にはキョウジョシギ。この海の色といっしょにシギチを撮れるのは国内では沖縄とここ以外ないでしょうね。





乳房山に登ることに。


P1040605 暗い林道のなかの陽だまりで日光浴中のオガサワラトカゲ。山に登ればいっぱいいました。



メグロはもちろんいるわけですが、写真は今度。


P1040624 ガジュマルの大木。まじまじと見たのは初めてかも。下に落ちてた果実を齧るとたしかにイチジクっぽい。味はないけど。




アカガシラカラスバトがいたらしいのでちょっと移動。


いない。



P1040653 でもハシナガウグイスに出会えたからよしとします。初めて見ましたが、かなり好きになりました。なんか図鑑の写真のイメージとは全然違う。撮影時期によるものかもしれませんが。


ムシクイの顔をしていてすごくかわいい。地鳴きも亜種ウグイスとはちょっと違います。囀りを聴いてみたいものです。





あっというまに夕方に。疲れていたので、結局ナイトハイクはせず。ヤモリ見るの忘れた(´・ω・`)

2009年10月 2日 (金)

硫黄3島クルーズ 2009/9/13 後編

てことで、北硫黄島からです。北硫黄島の横に来たのがちょうど12時過ぎ。硫黄島が外れただけに期待が膨らみます。北硫黄の周りを2周します♪


P1030874 まさに絶海の孤島。今はもちろん無人ですが、かつては村があったらしい。頂上では牛を放牧したとか( ゚д゚)

いや~、なんというかゾクゾクします。こういうところ来ると。


島の歴史とかアナウンスで説明してくれるのですが、鳥に忙しすぎてあまり聴けませんでした・・・。



P1030875 なんか飛んで来た!

ずっと1キロ先の鳥を撮ってたもんだから、急に船の真横を通ってもらってもピントが合いにくいよ(ノд・。)ま、言い訳にすぎないですが、予想以上にすいすい飛んでくるのでAFが追いつかなかったのかな?


こういう海域だと、ヒガシシナはありえないにしてもベンガルとかを期待しちゃうわけで。


はい、オオアジサシですね。成鳥冬羽っぽい。


P1030912 アカアシカツオドリは船に付いてくる。



P1030949 この子は亜成鳥。赤い足出してます(*´д`*)



P1030968 カツオドリも。成鳥♂と思います。


かっこいいし、かわいいし、Boobyは最高の鳥です。



P1030986 止まってくれました。この光景、憧れだったんだあ。。




P1030995

「シロアジサシ!」という声がするので見ると、4羽の群れが。


双眼鏡では先ほどから出ているアカオネッタイチョウとどこが違うんだかわかりませんが、スコープならあのシロアジサシの尾羽が見えました。


まさかシロアジサシを日本で見るとは思わなかったなあ。それも群れで。凄すぎる、北硫黄。



あとはシラオだけですねえ~っていう雰囲気の中、「シラオ、シラオ!」という声が( ゜Д゜)


P1040008 うーん、微妙。


P1040014 ひ、ひどい。これじゃ紙飛行機ですね。SS遅すぎて情けないことに・・・。




とまあ、写真は壊滅です。設定がちゃんとしてなかったのもありますが、僕が見つけるのが遅かったのもありますね。焦りすぎ。


スコープでは翼上面の黒帯も見えたんですが。なんで写真だと飛んじゃうんだか。これじゃアカハシネッタイチョウかもしれないですね。初記録。



あともう1周になるとまた白い集団が。

P1040030 ネッタイチョウはあまり羽ばたかずに飛びますが、シロアジサシはふわふわ飛びます。さすが属は違えどアジサシ類ですね。

P1040032 上から3羽目はなんとか形がわかります。あの変な、かわいい顔は見えませんが。いつか北マリアナ諸島に行って見たい。





これで北硫黄も終わり。後は父島に帰るだけ。なんかさびしい。


P1040035 そんななか、憧れのアカアシカツオドリ幼鳥!!


P1040049 とは言っても、完全な幼羽ではなさそう。もしかしたら1Wなのかも。文献ないし、あっても読まないので、ステージはよくわかりません(;ω;)


もうちょっとまともな写真撮りたかったのにどっか行っちゃいました。



P1040057 おお、白いの混じってる。白いって素晴らしい。今日は白が多い。



P1040066 成鳥っぽいけど、なんか黒い所が薄いので亜成鳥なのかも。光の加減かな。


P1040118 P1040121
P1040159 2羽写った。交錯中。一時3羽ぐらい同時にいたかも。



Booby以外は何も出ない。たまにセグロアジサシが写真不可能距離に出るぐらい。


だから電池とメモリが許す限り撮りまくる。でも、アカアシってただのカツオより飛ぶの早いんですよね。いいポジションにいないとなかなか思うようなやつは撮れない。



P1040242 おひさしぶりです、オナガミズナギドリ。夕日に染まりつつありますね。


P1040260 美しい。ただ美しい。それだけ。


なんで鳥ってこんなきれいなんだろう。






父島が見えてきたらそろそろ鳥見終了。夢のような一日が終わりました。また来たひ。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2017 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    PanasonicFZ30(-2009.8.借り物),FZ50(2009.9.-2011.5.),S5100,NikonD7000(2011.6.-),D500(2016.6.-)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm F4.5-6.3 APO DG OS(2011.6.-)、Nikon Micro Nikkor 55mm f/3.5(2011.12.-)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ