2019年8月25日 (日)

infant

Dsc_7921

Lesser Crested Tern / Thalasseus bengalensis



やっと秋の気配も感じつつありますね。

いろいろあって欲望に忠実に鳥を見に行っておりません。昨年はかなり行ったが、今年は鳥に関しては控えめ。そんなわけで最近も歯ぎしりしながら見送った鳥がいくつか。人生何も壁がないうちに走るだけ走ったほうがいいです。いつ動けなくなったり、死ぬかなんてわかりませんから。


私自身はここ何年かでめまぐるしく変化し、いろんな選択を迫られ、ひとつひとつ向き合っている。だから後悔はないが、振り返ったり、周りを見渡したりすると、ぐずついたりすることも結構ある。いまも課題だらけの中で生きている。自分なりに正しく生きるように努力しているが、バランスを取るのに必死になっているかもしれない。人間として迫られる成長と、自我の精神面での成長の間に乖離があるのだろうと感じたりもしている。



思えば、最近はフィールドに出過ぎていた。悪いことではないが、あまりにも上手い具合に年中動けるように興味の対象を設定したものだから、自分自身ブレーキをかけることが難しくなっているかもしれない。学生の頃は決してそうではなかったのに(自分が生きている地域をマイフィールドと思えず、理想と現実に失望し、引きこもってただけかもしれないが)。


社会人になってからは尋常ではないレベルでフィールドその他に恵まれていたと言わざるを得ない。形に残った仕事もいくつかあったし、今見返しても新鮮。




いったん小休止、あるいは休止して、振り返ってみるのもアリかもしれない。惰性に支配された段階から距離を取ることで、何か見えるかもしれない。

そんなことをふとおもう。

いまこうしてやっと昔の自分が見た、国内外の景色や生き物を見返す気分になっているが、当時は全くそんな心の余裕がないほど突っ走っていた。



だから、ひとつずつ思い出す目的で、昔の写真を載せていこうと思う。年末の記事には登場しているが、カテゴリーを作成していない場所を優先する。




トップ写真は2014年、学科の親友と卒業旅行に訪れたオーストラリア・ケアンズだ。

当時の私は国家試験を控えていたというのに、エクアドルへの単独行を計画していた。それが突然行くことができなくなって打ちひしがれていた。まあ、なんというか未熟。ひたすら。


そんな私に与えられたのは学科の友達との卒業旅行。一生に一回の貴重な機会。ほんとにバカな私は、同じくらいバカ(と私が勝手に思っている)な友と、もうひとりの友人に半ば呆れられながらケアンズを旅したのです。

昔からコーディネートには自信があるので、計画その他はすべて任された。真っ先に目的地にあげたのはミコマスケイだった。ミコマスケイは鳥好きにはあまりにも有名な場所なので、高校生ぐらいから知っていたと思う。

結果、海にはまったく入らず、鳥ばかり追いかけ、記憶が定かでないが、私だけで小さな船に乗り換え、島を軽く一周することもした。さすがにスピードが出ていたので撮影どころではなかったが、島の全景は見渡せた。友人たちはもちろんスノーケル。私もしたいけど、たぶんあと一生に20回チャンスがあっても、海に入るのは一回くらいだろう。それくらい鳥バカには天国でした。



そのときの一枚です。初めて間近で見るベンガルアジサシ。少し大きくなった雛を成鳥が取り囲み、行進しているような様子に出くわした。あまりのピュアな光景に無心に写真を撮っていたと思います。



当時、相手もおらず、遠征のたびに後ろめたさを感じながら鳥ばかり追いかけてた私。まるでビッグイヤーのふとっちょな主人公のようだ。素晴らしい場所で出会う、そこでの生命の営みをただただ見ていた。このときもなんとなくそんな気分だったかもしれない。




今となっては、、、  みたいなこと世の中たくさんある。



2019年8月11日 (日)

四川のブルーポピー

Meconopsis-balangensis

Meconopsis balangensis



暑すぎて外に出る気が起こらないのです。

こんなときは夏山ですよね。昨日の仕事帰りも駅には山に行く人で溢れかえってました。うらやましい。


といいつつも、今年は早池峰山に行くことができたので、もう無し。昨年は白馬に行きましたね。夏山が恋しいですが、過去の写真の振り返り程度に留めておくのです。



今から数年前の7月中旬、鳥目的で中国は四川省に行きました。

鳥としてはベストシーズンとは言い難く、同行者には少し申し訳なかったのですが、密かに楽しみにしていた高山植物は盛りでした。鳥が良い、まだ雪が所々残る時期はオオヒエンソウなどは見られるのかもしれないが、お花畑はないと思う。


日本からも花目的のツアーで有名な山域に行ったのですが、事前に聞いていたとおり道端に普通に咲いているのです。一番の目的はそう、青いケシ。ヒマラヤまで行かなくても見られる。


中国というのは壮大なもので、標高4,300m程度の峠を超えるように二車線の車道を作ってしまう。伊吹山ドライブウェイみたいな感じで。そんなところの山肌でヤクが放牧されていたり、ヒマラヤハゲワシが飛んでいる。道端には雑草のように高山植物が咲き乱れ、トップのブルーポピーもその一つ。目立つので車窓からでも確認できます。



晴れることはめったにないのではと思いますが、この日は晴れていました。峠を越えたところにそびえる四姑娘山もきれいに見ることができました。




おまけで鳥も。鳥もいろいろ見られるのですが、一番マニアックだったのはこれ。





Dsc_7089

ウスベニタヒバリ / Rosy Pipit


の幼鳥。

成鳥もいたので、おそらく本種かなと。標高をさげたところにはビンズイもいました。

いわゆる昔のチョウセンタヒバリ。日本で見ずして、繁殖地で見てしまいましたが、いいですよね。ここで標高3500~4000mくらいだと思います。さりげなくお花畑にいるのがすごい。後ろにボケてるのはシオガマの一種ですかね。




また行ってみたいです。いつか。



なんか暑い夏の時期にはあってるので、また小出しに記事にするかもしれません。この旅では蝶、花、鳥、風景、料理などたくさん新鮮なものに出会えました。痺れるような四川料理ももちろんですが、山登りのあとに出してもらったスイカの味は未だに忘れられない。




«今年の夏は

ご注意

  • Copyrightⓒ2009-2019 Y.YAMAZAKI “Hitaki”All Rights Reserved.
  • お問い合わせ
    本ブログに掲載されている画像の著作権は全て“ひたき(Hitaki)”に帰属します。画像を使用・転載されたいとき、ご意見・ご感想は記事中コメントまたはPCメールにてご連絡ください。 ⇒p1nkfloyd926◎yahoo.co.jp (◎を@に)

機材

  • 【カメラ】
    FZ30 (~2009.8), FZ50 (2009.9.~2011.5.), S5100, D7000 (2011.6.~), D500 (2016.6.~)
  • 【レンズ】
    SIGMA50‐500mm (2011.6.~), NIKON Micro Nikkor 55mm (2011.12.~), SIGMA 17-70mm (2015.7.~), NIKON 200-500mm (2017.6.~)
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ